ブログ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 

2017年 7月 27日 私が東進に入った理由!

 

こんにちは!

明治学院大学心理学部心理学科伊藤万里奈です(*^▽^*)!

昨日と今日は急に気温が下がりましたね…

みなさん体調は崩していないですか?体調管理には十分気をつけてくださいね~

 

 

さて!今日は私が東進に入った理由について書きたいと思います!

 

私は高2の1月に東進に入学しました。

 

私が東進に決めた理由は1つです!!

映像授業に惹かれたから!!!

それまで週6日で部活をやっていた私は

「部活を中途半端にしたくない!けど勉強もやらなくちゃ…」

部活と勉強の両立ができる塾を探していました。

そのとき!東進の招待講習に行き、映像授業に惹かれました!

映像授業なら部活を休む必要もないし、自分の都合のいいタイミングで受講をすすめることができます!

そして部活が忙しくて校舎に行けないときに自宅で受講ができるのも私にピッタリなシステムでした!

 

また私は中高一貫校に通っていて高校入試を経験していないのもあり、学力には本当に自信がありませんでした…(中学の分野もできるか怪しいほどでした…)

そのため集団授業で他の生徒と一緒に授業を受けることに抵抗を感じていました。

映像授業ならひとりで画面に向き合うので、他の子と自分を比べてよく焦ってしまう私には最適でした。

 

自分の学力に合った授業を自分に合った進度ですすめられたのが、本当に東進に入ってよかったなと思うところです(^^)

 

予備校を探しているそこのあなた!ぜひ東進にも来校してみてくださいね(^^)

 

明日のブログも齋藤真美担任助手から「私が東進に入った理由」です!

お楽しみに(^^)

 

 

 

 

 

 

 

2017年 7月 26日 夏期合宿インタビュー【PART2】

こんにちわ、古田です。

先週大学のテストが終わり、他の大学の人に先駆けて夏休みに入りました\(^▽^)/旅行やインターンシップなど、今年の夏も充実して過ごせそうです…!

夏を充実といえば、きのう夏期合宿参加者が帰って来ました!今日も多くの生徒が目の色を変えて勉強に励んでいました。

今日は合宿の参加者にインタビューを行い、合宿の様子をお伝えしようと思います!合宿の内容に関しては昨日の記事にて書いてあるので、今日は参加者が合宿で感じたことについてお伝えします。

インタビューを受けてくれたのはA.S君です。

古「合宿前に渡したテキストが既にボロボロだけど、かなり使い込んだね」

S君「はい、廊下を歩く時も、トイレに行く時も持ち歩きました。初日はみんながテキストを持ち歩いて頑張っている様子がカッコ悪いと思っていましたが、確認テストで平均点を下回った時にそんなこと考えてる場合じゃない!と思い、それ以降はずっと持ち歩くようにしました。

古「グループの仲間はどんな感じだった?」

S君「持っている夢も、勉強の熱心さも、自分よりはるかにレベルが高かったです。仲間の夢・志を聞くことで自分の夢をより抽象度の高い所まで引き上げることが出来ました。

勉強に関しては、グループ全員で結束し、知識を本気で覚えて確認テストで本気で満点を取りにいきました。僕の得点が伸びないときは本気で悔しかった。得点が伸びない仲間に対してはアドバイスをし合うなど、お互いに高めあう雰囲気がありました。その中で僕も今まで持ったことのないような熱意で圧倒的な勉強量をこなし、同時に多くの刺激を得ることが出来ました。

合宿を通して沢山勉強するだけでなく、志や心構えも変わって帰ってきたS君。彼だけでなく多くの参加者がモチベーションMAXで今日も朝から勉強しています。合宿に参加した人は頑張りを継続し、してない人は合宿組に負けない努力をしていきましょう!

明日のブログは伊藤まりな担任助手から、「私が東進に入った理由」です。お楽しみに!

2017年 7月 25日 夏期合宿インタビュー【PART1】

みなさん、こんにちは!!

早稲田大学政治経済学部政治学科2年藤原息吹です。

大学は今テスト期間真っ只中で、日々テスト勉強に明け暮れています。

途中で投げ出したくなったりもしますが、なんだかんだいって頑張れるのは

受験を乗り越えた経験がやはり大きいです。

受験のときはあれだけ勉強したんだからと頑張ることができるのは、

何かにつけてプラスになります。

 

さて、本日は校舎に彼らが帰ってきました。

そう、第一期夏期合宿参加者です!!

3泊4日の過酷な合宿を乗り越えた参加者の声を聞いてみたくないですか??

 

ということで、夏期合宿から帰ってきたばかりの

榎本輝くんにインタビューしてみました!!

 

Q. 合宿に行く前と行った後で何がかわりましたか?

A. 勉強に対する姿勢が大きく変わりました。僕はHHクラスで安河内先生の授業を

受けていたのですが、ただ授業をするだけでなく夢・志に関する話もしていただきました。

 

その中でも感銘を受けたのが、

先生の知り合いの方がフィリピンで貧困で教育を受けられない子供たちのために

学校を作り、授業を教えているというエピソードです。その話を聞き、

東進に通い勉強できること自体が本当に恵まれていることで、

そういった環境にいるからには貧困や教育格差といった問題を解決していく責任があると

感じました。今まで、なぜ勉強しているのか、その理由が曖昧でしたが

明確な勉強へのモチベーションが得られました。

 

Q. 合宿ではどんなスケジュールで勉強していましたか?

A. 起床(6時ごろ)→勉強→テスト→朝食→授業①→授業の復習→テスト→昼食→授業②

→授業の復習→テスト→生徒同士でのディスカッション→就寝(1時ごろ、最終日は3時)

といった流れで勉強していました。

 

Q. 合宿で大変だったことはなんですか?

A. 合宿中は英語しか話すことができなかったので、他の生徒との

コミュニケーションに苦労しました。一番上のクラスだったこともあり、

周りに帰国子女の生徒やインターナショナルスクールで学んでいる生徒も多く、

英語力の差に愕然としたが大きな刺激を受けた。

 

またご飯を食べているときですら

タスクが与えられ、他の生徒とそれに関するディスカッションをしなければならない

ため心が休まる暇がなかったことも大変だった。

 

Q. 合宿を経て、これからどうしていきたいですか?

A. 周りにすごい人が多く、特に英語力の差について考えさせられた。

ただたんに受験英語を出来るようにするだけでなく、

その先、すなわち他者と自由にコミュニケーションできるレベルにまで

自分の英語力を高めていきたいと思っています。 

 

以上がインタビューになります。

合宿に参加した生徒は本当にいい影響を受け、

勉強へのモチベーションを非常に高めて帰ってきています。

 

校舎で勉強していた生徒は合宿組みの熱量に負けないよう

今まで以上に勉強していけるといいですね♪

 

明日のブログは古田担任助手による「夏期合宿インタビューpart2」です!お楽しみに!!

2017年 7月 24日 私が東進を選んだ理由~春日裕子ver~

みなさんこんにちは!!

立教大学文学部に通う担任助手1年の春日裕子です!!

もう7月も残すところあとちょうど1週間となりましたね……

時間がたつのは早いものです!(・O・)

みなさん夏休みへの準備は万端でしょうか??

夏はもう来ていますよ!!!!!

 

さて、本日のテーマは「私が東進に入った理由」です(^^)

東進に通っている生徒のみなさんは、色々な理由があって東進を選んだと思います

それでは私がこの東進を選んだ理由をお話したいと思います!!

 

今は大学に通っている私ですが、1年前は受験生でこの東進ハイスクール新百合ヶ丘校の生徒でした!

そして、私が初めて東進に来たのは高2の9月でした

そのとき東進に来た理由は、“そろそろ予備校を探さないとまずいな”と思っていたからです。

それまで学習塾に通っていなかった私は、大学受験とは一体どんなものなのか、またどのぐらいの人が受験に合格するものなのか、全く知識がありませんでした。。。

それに私は部活がとてもハードで忙しく、勉強時間もあまり確保できていませんでした( ._. )

そんな中、学校でも受験の話をよく聞くようになって焦りを感じていたのです!!

 

そこで、さまざまな予備校に見学に行きました!

その見学に行った中で東進を選んだのはこんな理由からです

①担任助手の人が元気で話しやすく、校舎が明るい!!

②映像授業で自分の都合の良い時間帯に受講が出来るから部活で忙しい私にも合っている!!

 

いかがでしょうか!

今東進に通っている生徒の中にも同じように思ったかたはいますでしょうか(^∇^)

今考えてみて思うのですが、①の“雰囲気が明るい環境で勉強が出来る” ということは大切だと思います!!

担任助手とする何気ない雑談も、気晴らしになりますよ~

また、②の自分のスケジュールに合った勉強が出来ることも大切ですよね・・・!

たとえ、他の内容が自分にぴったりでもスケジュールがあっていなくては通いにくいですもんね

その点、東進は自分のスケジュールにとても合わせやすいですよ!!

 

また、せっかくのみなさんにこのようなことをお話できる機会なので、東進に入ってよかったと思ったこともお話したいと思います\(^^)/

それはズバリ・・・・

①グループミーティングで友達と話して楽しい&やる気が出る!!

②担任助手が相談に乗ってくれる!!

③いつでも開いている!!

です!!

 

まず①ですが、私はグループミーティングのメンバーと勉強の大変さを分かち合ったり一緒に励ましあったりすることで、勉強のモチベーションを保つ事が出来ました

一緒に頑張る仲間と毎週会うことはとっても心強いですよ~

次に②ですが、私は勉強法などでの不安をたくさん担任助手に質問していました!

担任助手はみんな受験を乗り越えてきた”受験の先輩”なので体験談などいろいろ話してくれますよ~

最後に③ですが、東進ハイスクールはいつでも開いています!!夏休みも毎日7:00から開いていますし、年末年始も普段と同じように開いているんです!

勉強するにはもってこいの環境ですよ~~

 

以上が、私が東進を選んでよかったと思った理由です!

これから東進に入ろうか迷っているみなさん、是非参考にしてみてくださいね~(^O^)

 

明日のブログは藤原息吹担任助手「夏期合宿インタビュー」です

いよいよ第1期の合宿メンバーが帰ってきます!どんなことを語ってくれるのでしょうか

お楽しみに!!!

 

 

 

 

2017年 7月 23日 模試の復習の仕方~記述模試編~ (市岡)

みなさんこんにちは!

担任助手1年の市岡孝太です。

 

大学生は期末テスト期間の真っ只中です。

僕は計画を立てることの重要性を再認識させられています。。。

お互い勉強頑張りましょう!!計画的に!!!

 

 

さて、本日のブログテーマは

「模試の復習の仕方~記述模試編~」です!

高3生はちょうど今日難関大・有名大模試でしたね。

どうでしたか??

 

「難しすぎた…」「全然出来なかった…」「…」

 

そうですよね。僕もそうでした。

でも、それは決して悪いことではありません。

この難関大・有名大模試は受験本番の二次試験レベルで作成されています。

じゃあなんでそんな難しいテストを今受けなきゃいけないの?

去年僕はそう思ってました。

 

みなさんは、なんでだかわかりますか?

学力の現状を把握する、長時間のテストやその緊張感に慣れる、

などたくさんあると思います。

その中でも最も大切な学力向上に大きく影響する大事な部分、

それは「復習すること」です。

間違えたところはもちろん、正解していたところも、です!

特に記述模試の場合は絶対にやるべきです。

 

では、どのようにやるのが良いのか、お話していきます。

まずは問題用紙を読んで、どんな問題だったかを思い出してください

いきなり解答を見てしまわないようにしましょう。

問題を読んだら、自分がどう考えどう答えにたどり着こうとしたか、

そのプロセスを自分の中で明確にしてください

それは答えが出ていても途中まででも構いません。

実際に模試を受けたときと同様に書いてみると、より良いです。

それが出来たら解答冊子を開き、模範解答とその解説をじっくり読んでみましょう。

ここで自分の出来に応じて3つの流れがあります。

 

①解答もそのプロセスも模範解答通りであったとき

→めっちゃ凄いです。自信がつきますね!

(特に数学においてですが)模範解答のほうが丁寧に書かれていると思います。

自分の解答に抜け目が無いか、細かいところまで確認してみてください。

 

②解答はあっていたがプロセスが模範解答とは違ったとき

→こちらも正解していたのはナイスです!

模範解答と同じやり方に直す必要はありません。

ですが、ひとつ注意しなくてはならないことがあります。

自分の解答までの過程が本当に正しいのか、ということです。

解説の要点をチェックし、自分の考えと照らし合わせてみてくださいね。

問題なければ自分の考え方、解答に自信を持ってください!

もし何かおかしいところがあれば、しっかり考え直してください。

気づけてよかった!です。

 

③分からなかくて解答できなかったとき

→模範解答をじっくりじっくり読んでください。

解答冊子を閉じてください。

解いてみましょう。

…できますか?

もしすらすらと出来たのなら、その問題の考え方については問題ないです。

時間を空けてもう一回やってみて、解けたら完璧ですね。

 

逆に、あれ?思い出せない…となることも多いと思います。

その場合は解くのに必要な知識や考え方が足りていないのだと思います。

解説を読む→手を動かしてみる→模範解答と照らし合わせてみる

の流れを出来るまで繰り返しましょう。

同じ考え方を使う問題は必ずこの先出てきます。

そのときにちゃんと正解できるようにしましょうね。

 

以上が、僕が考える記述模試の有効な復習方法です。

僕自身が理系で、生徒のときは特に数学に力を入れていたので

数学寄りの方法になってしまっていますが、

みなさんぜひ参考にしてください!

また、より具体的に知りたい、聞きたいと思った方は

声を掛けてください。

可能な限りのアイデアは出します!

 

それでは早速今日の模試の復習を始めましょう!

 

明日のブログは春日担任助手による

「私が東進に入った理由」です。気になりますね!