ブログ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 

2018年 1月 18日 センター試験後の切り替え

 

みなさんこんにちは!

早稲田大学商学部1年石井宏樹です!

本日は僕の『センター試験後の切り替え』を紹介していきます!

 

さて、4日連続での『センター試験後の切り替え』と題してのブログですが、参考にしていただけていますか?

 

そろそろ、踏ん切りをつけて2次試験対策に熱を持っていかないと、

その対策に遅れの一途をたどってしまいます!

 

 

僕は生徒時代、何より早稲田の過去問を解きまくることを徹底しました。

第一志望だった政治経済学部は英語において100文字以上の英作文が出題されます。

そのため、毎日英作文の過去問に触れ、柔軟に対応できるようにしました。

英語に関しては3年分解きましたが、それでも足りなかった・・・

というのが正直な感想です。

 

つまり、今必要とされているのは

圧倒的な過去問演習量です!!

 

それに加え、知識の補充もキーになってきます。

 

ぼくは日本史受験でしたが、全社会科科目にも共通してくると思います。

 

この時期において、基礎知識が定着していることを前提に話しますが、

私大の社会化科目攻略のためには、

応用部分も演習することが不可欠となってきます。

 

努力すれば解けるその問題をこなすことにより、

はじめて6~7割の得点圏を獲得できるようになってきます!

 

あきらめるのはまだ早い!

 

また、全受験教科に手をつけることも忘れないようにしてください。

確かに、日本史が不安だから・・・

と1日日本史だけ勉強するのは危険です。

 

上のは極端な例かも知れませんが、

1日でも何かやらない教科があるとそこから糸がほつれていくので注意!!

 

 

ここから1ヶ月が本当の勝負になるのは間違いありません。

1日1日を全力で、そして大切に活用していってください!

 

 明日のブログは佐田佳純担任助手による

『最終難関大・有名大活用術です』

おたのしみに~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年 1月 17日 センター試験後の切り替え~志村ver.~

こんにちは!

 担任助手1年 志村瑠香です!

みなさん。センター試験おつかれさまでした!!

受験生のみなさんにとっては1つの大きな山場を越えたと思います!

うまくいった人も、納得いかない人もいると思います。

でもやはり今一番大切なのは

試験後の切り替え

です!

私は昨年のセンター試験は不本意な結果で終わってしまいました。

第一志望が国公立志望でありかつ

かなり小さい頃から憧れをもっていたため

かなりショックでした。

国公立志望の公募推薦も受験しましたが

センターで失敗したためもちろん不合格でした。

しかし、ちゃんと切り替えるときは切り替えて

なんとか第2志望の明治大学には合格することができました。

 

厳しいことを言うようですが

色々思うことはあっても、もう終わったものは終わったものです!過去を変えることはできません。

過去に囚われすぎるのではなく

今できることをやるしかありません。

これだけは忘れないでください!

 

毎回これから個別試験等を受験していくと思います。

場合によっては連続の受験日もあるかもしれません。

そんな時も 切り替え はとても重要になってきます。

前日仮にうまくいかなかったとしても

それを次の日に引きずらないように努力してください。

自分の中で切り替えるのが難しいときは担任助手に相談してください。

これからが本当により重要になってくると思います。

毎回しっかりと切り替えて

みなさんが実力を出し切ることができることを心から願っています!!!

 

明日は石井担任助手による センター試験後の切り替え です!

お楽しみに~!!

2018年 1月 16日 センター試験後の切り替え~外山ver.~

みなさんこんにちは!!

早稲田大学人間科学部外山葉月です(^O^)

 

まずは受験生のみなさん、センター試験お疲れ様でした。

結果はいかがでしたか??

上手くいった人とそうでない人、人それぞれだと思います。

昨日の牧原担任助手からのブログではセンター試験で失敗してしまった人向けにアドバイスがあったので、今日のブログではセンター試験で上手くいった皆さんに向けてアドバイスをしたいと思います!

 

私は2年前センター試験を受けた時、自己ベストを出すことができました。

12月模試で結果が出せずそれからはひたすらセンター試験対策をやっていたので、その努力が実ったと感じ、とても喜んでいました。

センター利用で出願していた大学もほとんど合格できる点数だったので、完全に安心しきってしまいました。

結局センター試験が終わってからも勉強はしていましたが、「センター利用で合格できたし、浪人はしないで済む」とどこかで感じてしまい、本気で勉強していなかったと、今になって感じます。

その結果「あと少しの頑張りで合格できたかもしれない大学」に合格することができず、第4志望校に進学しました。

第1~3志望校はあと数点で不合格になってしまったり、補欠で不合格だったり…と悔いの残る結果となってしまいました。

 

そんな経験をした私から皆さんに伝えたいことは、

受験が終わるまで本気で勉強し続けて!!

ということです。

今まで何のために必死に勉強してきましたか??

「第一志望校に合格したい!!」という気持ちがあったからではないでしょうか??

もしそうなら、センター試験で上手くいったからといって気を緩める余裕はないはずです。

二次試験の過去問は十分に解いていますか?

第2志望校以下の対策は進んでいますか?

まだまだやることはたくさんあるはずです。

ここで油断してしまうと、今までの努力が無駄になってしまいます。

滑り止めの大学までは合格できたとしても、それ以上の大学に合格するのは難しくなってしまいます。

 

改めて自分のやりたいこと、行きたい大学を考えてみてください。

そして、ひたすら勉強しましょう!!!

あと少し!!最後まで頑張ってください!!!

2018年 1月 15日 センター試験お疲れのあなたに!~ここからが勝負だ!!~

こんにちは~!

青山学院大学国際政治経済学部に通う、牧原英里です(*^▽^*)

久しぶりのブログにどきどきしています(笑)

 

先日私ごとながら、成人を迎えました~!!☆

私は中高女子校出身なので、

同窓会に振袖姿の新成人が200人も集まったときは感動しましたね~♪

 

昨日一昨日はセンター試験でしたね。

まずは受験生のみなさん、お疲れ様。

今年晴れ晴れ成人式に参加した私も

2年前の今頃は、人生で最大の闇を抱えていました。

 

遡ること2年前。

英語千題テストで1位を獲得、模試も好調だった私にとって

センター試験本番は楽しみなイベントのひとつでした。

「普段どおりやれば大丈夫!」

そういい聞かせて当日を迎えました。

 

たくさんの人が励ましの言葉をくれました。

家族、友人、そしてなにより東進のスタッフの方々が

合格を祈ってくれていると感じました。

 

1日目、思い通りの結果がでました。

文系のわたしにとって1日目の成功は本当に嬉しいものでした。

「このまま明日の試験もがんばろう!」

と意気込んでいたものの。。。

 

2日目

数学の試験で

なんとなんと大問数が変わっていました。

普通の人ならここで焦らないかもしれませんが

数学があまり得意でない私は

ひたすら動揺、動揺、動揺で、、、

 

結果は最悪でした。

今までの最低点でした。

 

終わった瞬間、

 

 

 

 

「自分の人生は終わった」

 

 

 

 

そう思いました。

 

多少調子に乗ってた部分もあったと思います。

舞い上がっていたんだと思います。

 

ただ、ガラスのハートの持ち主、牧原のメンタルは

ずたぼろでした。

人生で一番のやみきが訪れました。

 

食事もろくにとらず、ただ座って泣いていた4日間

一生忘れられません。

 

自分がこの大学受験にかけていたものが大きすぎて、

第一志望にいきたいという気持ちが強すぎて、

今までの努力全てが無駄だった気がして、

涙が止まりませんでした。

なんたって、本気だったから。

 

 

その後1週間経ってやっと勉強できる精神状態にまで回復したわたしは

第6志望の大学になんとか合格し、進学しました。

もちろん、第一志望の大学へは

合格することは出来ませんでした。

 

 

だけど、センターでうまくいかなかったことより

もっと後悔していることがあります。

 

それはセンター試験終わって5日後になるまで

まったく勉強しなかった自分です。

 

なるべくレベルの高い大学に

合格するためには、

メンタルトレーニングと

やはり努力が足りなかったのだと

 

受験が終わって気づかされました。

 

今となっては「いい思い出」ですが、

思い出すたびに2年前の自分に後悔しかありません。

 

 

最後に一言。

今、同じような状況に直面している人。

 

自分の努力が全てパーになったと感じている人。

もうがんばっても無駄だと人生さえも悲観している人。

 

 

このまま受験を終えないで。

自分に諦めないで。

人生を捨てないで。

 

 

まだ、がんばる余地はあります。

受験は答案用紙でしか合否を分けません。

 

 

あなたのここからのがんばりで、

今よりもっとたくさんマークできるんじゃないですか?

もっと多くの正解を導けるのではないですか?

 

 

だったら最後まで

 

絶対に諦めちゃだめ。

 

自分の可能性を最大限引き出して、

大学の先生にみせてあげてください。

「僕こそ、私こそ、この大学にふさわしい人間です」

と伝わる答案作るしかないんです。

 

 

本気の戦いの先に、

明るい未来が待っています。

 

 

これは失敗した私が保証します。

だからどうか最後まで、

諦めず戦い続ける受験生であってください。

 

受験が終わるその日まで、

私達も全力で応援します。

 

 

明日のブログは外山担任助手からです。

お楽しみに!

 

 

 

2018年 1月 13日 センター同日模試を活用しよう!

こんにちは、古田です。

今日はセンター試験1日目でしたね。

受験生のみなさんも、同日模試を受けた低学年のみなさんも、

お疲れ様でしたъ(゚Д゚)グッジョブ!!

慣れない会場、周りの知らないライバル、本番の緊張感…大変な環境での受験だったと思います。

・帰ったら、まずは一休みしてください(´・ω・`)

・明日も試験がある人へ。

精神安定のためにも今日は採点はせず早めに寝るといいと思います!明日もみなさんが実力を出し切れることを祈っています。

・今日で試験が終わった受験生の方へ。

お疲れだとは思いますが、長く休んでいられる暇はありません。明日から早速志望校対策の勉強に移りましょう。決して燃え尽き症候群にならないように気をつけてくださいね!

・そして今日で試験が終わった低学年の方へ。

この同日模試を学力を測って終わりにするのではなく、学力を伸ばす機会にしてください!

今日のブログでは、みなさんに同日模試の活用方法をお伝えします!

さて、センター試験本番の問題は解いてみてどうでしたか?

難しかった、疲れた、意外と解けた…いろいろと感想は尽きないと思いますが、

大事なのはその後の気持ちの切り替えです!

結果は過去のものであり、もう変えることはできません。

ですから、過去の結果にこだわるよりも将来目標点数を取るためにどのように勉強していくかを考えた方がより自身のためになる。

そう思いませんか?少なくとも僕はそう思います。

そして、気持ちを切り替えた上でまずすべきことは、復習と傾向の分析です。

復習は言わずもがなですが、特に傾向の分析は今回の同日模試でしか出来ないことです。

出題傾向の変化、難易度の変化…など、東進のHPにて今年のセンター試験の傾向を分析したものが公表されているので、

傾向分析と問題用紙を照らし合わせて実際にどういうところが変わっていたのか確認してみるといいと思います。

傾向が変わると勉強の努力の比重が変わります。

みなさんの今後の勉強方法に関わってくることなので、是非やってみてくださいね!

 

さて、今日は気持ちの切り替え・復習・傾向分析の3つをお伝えしました。

これらを全て行うことではじめて学力向上に繋がるのだと思います。

同日模試を目標に努力してきた人は多いと思いますが、すぐに次の目標を設定しましょう!

新高2生は次の同日模試、

新高3生は4月のセンター模試での同時期合格者平均点の突破です。

たるむことなく、頑張っていきましょう!

明日のブログは石坂担任助手による「センター同日活用法!」です。

理系受験者のみなさん、期待していてくださいね(((o(*゚∀゚*)o)))

※明日も同日模試が校舎にて行われますので、校舎での勉強はできません※