ブログ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 

2020年 1月 25日 新高3生へ

こんにちは!

東京大学理科1類の外山結月です!!

 

本日は高2生のこの時期の過ごし方についてお話ししていきたいと思います。

私がこの時期にやっていたことを紹介します!

 

①とにかく受講をすすめる

多くの人はまだ講座が何十コマや百何十コマ残っていると思います!

私は高校2年の12月に理科を120コマ取得したので、この時期は部活後に校舎に来ていそいで1日2コマペースで受講していました。

最近GMなどで「高3生は4月10日までに受講を修了」させよう!といわれていると思いますが、やはり入試の範囲の全体像を早いうちにつかむという意味でもこれは非常に重要です!

一周目で丁寧に受講・復習をしても、完璧に身につく人はほとんどいません。それよりも、一周目は確認テストに合格する程度に復習をしつつ早め早めに受講を終わらせて、高3の1学期を使って復習・演習をする方が結果的に点数に結びつくと思います!

 

②センター試験を見据えた勉強をはじめる

そして高校2年のこの時期には、東進で講座をとっていない科目に関しては、入試を見据えた勉強をはじめました。以下、私が実際にやっていたことの一例です。

・国語:センター国語を大問1つ/dayで解く

・数学:入試問題集(私の場合はZ会の『理系数学入試の核心』)を3問/dayで解く

国語を少しはやりたいという国立理系の方には、センターを大問1つずつやるというのはおすすめです。

数学に関しては、

・センター試験でまだまだ点数が足りない人
  ・時間があればほとんど解ける人→週1くらいで時間を計ってセンター数学を演習する
  ・途中で解き方が分からなくなる人→講座の受講・復習や、学校の問題集で単元ごとに演習する

などでしょうか。

 

そしてこの時期に何よりも大切なのは「自分の勉強の仕方を確立する」ことです。

計画の立て方、進捗の管理の仕方、1週間の使い方、勉強場所など、実際に高3生になったときには確立させられているように、是非この時期に試行錯誤してみてください!

そして、みんなが勉強し始めるようになる前の最後の長期休み、春休みは周りに差をつける最高のチャンスだと思います!

最高の春休みを迎える準備を今からしていきましょう!

 

明日のブログは久保担任助手による“低学年のこの時期の過ごし方”です!

お楽しみに!!

 

!!!明日は自習室を終日使えるようになりました!!!

是非校舎に来て頑張りましょう!

2020年 1月 24日 この時期をうまく活用しよう!

こんにちは。東京学芸大学1年の山床です。

センター本番から1週間がたとうとしていますね。

高0・1・2生のみなさん、模試のを復習してますか。

模試が終わったらすぐ復習する癖をつけましょう。

今週は、雪予報が出ていますね。

寒い日が続きますので、体調管理をしっかりと行ないましょう。

今日のブログのテーマは、「低学年のこの時期の過ごし方」です。

 

 

この時期は、テストも学校行事もなかったので、勉強は主に東進のほうを中心に進めていました。

テストや学校行事が普段に比べて少ない学校が多いと思うので、この機会を利用して東進のほうの勉強をすすめましょう。

受講は計画通りにすすめられていますか??

3月や2月に期末テストを控えている人が多いと思います。

テスト期間に入ると、いつもより受けられる受講コマが少なくなる人が多くなると思います。

テスト期間に入る前に受けられるだけ受けましょう。

期末テストがあることを見越して、今一度計画を見直し、立て直しましょう。

 

 

あと約2ヶ月経ったら、皆さんは新学年です。

この1年で躓いたままにしている単元とかは、ありませんか?

今のうちに躓いていたところを復習し直すのもいいと思います。

わからないところや躓いたところをそのままにしておくと、あとになって苦労します。

私自身、数学で分からないところを放置したままにしてしまい、苦労しました。

新学年に入る前につまづいたままにしている単元を復習し、克服しましょう。

 

明日のブログは外山担任助手による「低学年のこの時期の過ごし方」です。

2020年 1月 23日 1ヶ月の可能性

こんにちは、青山学院大学北原立都です。

今回のブログのテーマは「試験本番までの過ごし方」です。

 

試験本番まで約1ヶ月となりました。

あっという間でしたね。

だんだんと本番が近づき緊張で勉強が手につかないという人も多いかと思います。

辛いですよね。。。。

 

ですが、本番まで約1ヶ月、

この1ヶ月を誰よりも全力で勉強に取り組んでみてください

 

本番まではあと1ヶ月、この1ヶ月を頑張れる人は試験が終わった後でもずっとずっと強い人間です

 

皆さんは1ヶ月間、何かに死ぬ気で取り組んだことはありますか?

1ヶ月は短いようで長いです。

たった1ヶ月を不安に負けずに全力で頑張れる人は、これから先きついことがあっても乗り越えられると思います。

ただ、たった1ヶ月も全力で頑張れない人は、これから先つらいことがあると逃げてしまうような弱い人間になってしまうと思います。

 

これといった努力をせず、たまたま受かってしまった人の大学生活は楽しいと思いますか?

虹の下はいつも雨、という言葉があるように今、楽しい大学生活を送っている人はきっと本番までの1ヶ月を含めた受験勉強期間を全力で頑張った人たちです。

この1ヶ月がこれからの未来を決めると思って、あと1ヶ月全力で頑張ってほしいです。

 

と、私が高3の1月に数学の先生に言われた「1ヶ月の可能性」について話してみましたがどうでしょうか?(笑)

本番まで残りわずかですが、辛いこと、悩みがあったらいつでも校舎に来てくださいね。

最後まで全力でサポートしていくので、一緒に頑張りましょう!!

 

明日のブログは山床担任助手による「低学年のこの時期の過ごし方」です!

まずは山床担任助手のマスターの軌跡を見てください!

山床担任助手は今大学1年生なので、なんと高校1年生の間に高速基礎マスターを文法まで完全修得していることがわかります!

そんな山床担任助手が低学年のとき、どのような過ごし方をしていたのでしょうか、必見です!!

 

2020年 1月 22日 ここからが勝負!!

 
みなさんこんにちは!
早稲田大学国際教養学部1年
佐藤尭彦です!!!
受験生のみなさんセンター試験本当にお疲れ様でした!!
ありきたりですが上手くいった人もいれば、
上手くいかなかった人もいるでしょう。
自分も1年前緊張しすぎて実力が出ず、
英語の自己採点中に泣きそうになっていた記憶がまだ鮮明に残っています。
しかし、多くの生徒の本番はこれからの2次試験だと思います。
忘れろとは言いませんが、
自分の中でけじめをつけて次の試験へ備えましょう!
ということで、
今日はセンター試験から2次試験までの過ごし方についてはなします!
 
1.基礎の徹底
2.過去問の確認
3.無理をしすぎない
 

1基礎の徹底

ここからの時期、センターが終わったということもあり、
ふわふわして勉強に手が付かない!
過去問しかやってない!
となりますがそれは危険です。
ぜひもう一度基礎の見直しをしましょう。
英語であれば英単語、文法。
日本史であれば通史の流れを。
これからの時期に必要なことは新しい一点を取りに行くことではなく、
今までの実力でとれる一点を失わないような勉強を心がけてください。
第1志望校受験の際は今まで勉強したものが全て思い出せる、
使える状態にしておきましょう!
 

2過去問の確認

基礎も大事ですが、やはり過去問も大事です。
本番どの大門を何分で解き、ここは絶対に落とさない。
など自分の中で本番のシュミレーションをしながら
過去問を解き進めてください。
過去問は実力確認ではなく、
本番のための予行練習です。
1回解いただけで終わらせずに、
ぜひ2回3回と自分が納得するまで解きましょう!
 

3無理をしすぎない

これは上の2つとは違い精神面での話ですが、
無理をしすぎない。
これはとても大切になります。
君たちの受験生活は長くてもあと1,2ヶ月で終わります。
あんなに長い月日をかけて勉強してきた受験生生活が
もう終わりを迎えようとしています。
だからこそ、体調を崩してその月日を無駄にしてほしくないです。
焦る気持ちもよく分かります。
けれど、焦って今までより長い時間勉強したり、
睡眠時間を削るのは絶対にやめてください
今まで通りの勉強で、いつも通りの食事を食べて、
いつも通りの時間に寝て、いつも通りを意識して
受験本番を迎えてください。
大切なことはいつも通りです。
 
君たち全員が納得のいく結果で受験を終えられることを心より願っています。
 
頑張れ!受験生!!

2020年 1月 21日 次の戦いへ!

こんにちは!一橋大学法学部の塚本です!

高校3年生のみなさんセンター試験おつかれさまでした。

自分はセンター試験とその丸付けが一番緊張したので緊張した人はそれ以上のものはないはず!と思って良いかもしれませんよ。

センター後の勉強についていくつか挙げたいと思います。

センターロスを乗り切ろう!

特に国公立受験者が陥りがちなセンターロス。

結果が良くても悪くても陥ってしまうものです、自分もセンター利用が取れそうになかったのに謎の達成感か安心感から勉強が手につかなくなってしまいました。

センターロスを乗り切る方法をいくつか紹介します!

①1日勉強しない

寝溜めをする、ドラマを観る、などなど勇気があれば試してみて下さい。

切り替えるきっかけになるはずです。

②第一志望校の過去問を解く

二次対策に頭を切り替えるきっかけになるはず!

おすすめです。

③志望校を見に行く

去年自分の担当していた生徒が取り入れていた方法で、

「気持ちが引き締まった」と言っていました!

実際に見に行かなくても第一志望校の大学の紹介動画を観る、とか入りたい部活やサークルの紹介動画を観る、などしてモチベーションをあげる方法があります!

優先順位をはっきりさせよう

やるべき勉強がたくさんあるから何をすれば良いか分からない、というみなさんに、まず勉強の優先順位をつけましょう!

その手順の一例を下に示したいと思います。

①期ごとに分ける

→ⅰ)まだ二次試験が遠い1月、ⅱ)第2志望以下の大学の受験が始まる2月前半、第1志望の大学の受験期

など、その時期ごとに優先順位を決めるのがおすすめです!

②第2志望以下の大学の位置づけを考える

→過去問をどれくらい解くのか、1週間前からシフトすれば良いのか、3日前で良いのか。

その期間は優先順位を一番上に上げるのか、あくまで第一志望優先か、戦略を練るのがおすすめです!

 

以上が自分からのアドバイスです!国公立志望の生徒は戦略を立てにくい時期だと思うので、ぜひ校舎で担任助手に相談してみてください!

明日のブログは田中祐大担任助手のセンター試験後の過ごし方、です!お楽しみに!

 

過去の記事