ブログ | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 

2021年 9月 26日 第一志望校は「就きたい職業に強い大学」

こんにちは!早稲田大学政治経済学部の宮内直です!!

寒暖差が大きくなってきましたが、体調を崩さないように気をつけましょう!

本日のテーマは「第一志望校の決め方」です!

私の第一志望校は、「東京学芸大学 教育学部 中等教育教員養成課程 社会科専攻」でした!

この志望校は高校1年生のときから決まっていました。

中学校を卒業したあたりから、学校の先生(中学校の社会科)になることが将来の夢でした。

そこで、教員養成に力を入れている大学を調べて、学芸大を第一志望校にしました。

東京学芸大学は教員養成の名門で、教員になるための進路指導が手厚いことが理由の一つです。

ちなみに、プロ野球の日本ハムファイターズ現監督・栗山英樹さんも東京学芸大学の出身で、教員免許を取得しています。

第二志望校も、横浜国立大学や千葉大学の教育学部で、教員になるために有利な進路を選んでいました。

このとおり、私の第一志望校の決め方は、「就きたい職業に強い大学」に行くことでした。

この決め方は、やはり勉強するモチベーションがあがりやすいことが一つ利点かなと思います。

では今通っている早稲田大学政治経済学部はというと、いわゆるチャレンジ校でした。

「私立は複数受けられるのだから、せっかくだし一番高いところを受けよう!」と、学芸大に比べるとやや雑な理由で受験しました。(政治学への興味もありましたが・・・)

早稲田政経の合格が決まったあとに、進路について悩んだ末、家族や先生と相談して早稲田に進学することにしました。

決め手の一つは、「一人でいるとだらけがちな性格なので、周囲のレベルが高いところで勉強したい」というものでした。

しかし、教員になるという夢を諦めたわけではありません。

政治学や経済学の授業に加えて、教員免許を取得するための勉強を早稲田でしています。

授業や課題がかなり増えるので、やや大変ではありますが、自分で選んだ道なので頑張ることができています。

みなさんも、なにか将来やりたいことや就きたい職業がある人は、その進路に強い大学・学部を調べてみてください!!

まだ将来像が思い浮かんでいない人は、やりたいことを見つけるところからスタートしてみましょう!

 

明日のブログは中臺担任助手の「高速基礎マスターの進め方」です。お楽しみに!!

新学年HR(新高3生対象)のため、自習室は19:30以降は利用できません。

 

2021年 9月 25日 単ジャンのおすすめの進め方

こんにちは!明治大学文学部1年の尾辻美瑠です。

9月も残り一週間を切り、あっという間に10月ですね。

季節の切り替わりの時期なので、体調管理に気をつけてくださいね!

本日のテーマは「単元ジャンル別演習の活用方法」です!

ということで、私が生徒時代どのように単元ジャンル別演習を活用していたのか紹介したいと思います。

私は科目によって単元ジャンル別演習を行う時間を分けていました。

分け方は、社会科目or英語・国語といった形です!

①社会科目

社会科目の単元ジャンルは比較的短い時間で解けるものが多かったので、スキマ時間に解くようにしていました。

おすすめは学校の休み時間です!

単元ジャンルは基本的に大問ごとに分かれているので、社会科目だとけっこうすぐに終わるものが多いです。

そのため、校舎で多めに印刷しておいて、学校で空いている時間にすぐに解けるように用意していました。

あとは勉強していて少し疲れたな~とか集中力が落ちてきたな~というときにもやっていました。

 

②英語・国語

英語と国語の単元ジャンルはしっかり時間を取ってやらないと解けなかったので、校舎や家で行うようにしていました。

このとき気をつけていたのは、一つでもいいから必ず毎日演習する!ということです。

単元ジャンル別演習は、コツコツ演習を重ねていかないとなかなか達成率があがっていかないので、演習を継続して行うことが大切だと思います。

担任助手の中でも、毎日◯時間単ジャンをやる!と決めていた人は結構多いです。

皆さんもマイルールを作ってみてください!!

 

 

単元ジャンル別演習は、自分の弱い部分を集中的に演習できることが強みです!

きっと皆さんやる量がとても多く、全然進まない!と思っている人も多いのではないかなと思います。(実際そのような声をよく聞きます、、)

ですが!必勝必達セット全てやりきったらきっと力がついているはずです!

たくさん演習頑張っていきましょう!!

 

明日のブログは宮内担任助手の「第一志望校の決め方」です。お楽しみに!!

明日は模試のため校舎が使えません!!!登校しないように気をつけてください!!!

 

 

 

 

 

2021年 9月 24日 社会を得点源に!!!

 

みなさんこんちには!明治大学政治経済学部2年の三嶋修平です!

 

最近はとても暑いですね。

 

 

月曜日から大学が始まったのですが、キャンパスに行くだけで、疲れてしまいました。

 

 

受験も同様に体力勝負なので、バスや電車で校舎に来ている人は、たまには徒歩できてみるのも良いかもしれませんね。

 

さて、今日のテーマは【二次私大対策社会編】ということで、私が受験で勉強していた世界史について書いていこうと思います。

 

 

現役時代は、センター試験で満点を取っているので、是非参考にしてください!

 

 

二次私大対策といったら、以下の3つがあげられると思います。

 

 

①地図が絡む問題

 

地図が絡む問題は、共通テストでも出題されると思います。

 

しかし共通テストでは、明らかに異なる2地点の中から選ぶことが多くなっているのに対して、二次や私大の問題では、膨大な量の選択肢でありながら、かなり細かい地点の違いを見極めて、回答することが求められています。

 

 

具体例を挙げるとするなら、上智大学の中国の中で地点を選ぶ問題などです。

 

 

せっかく、問題の答えが武漢だと分かったとしても、地図の中から武漢の場所がわからなけらば、正解することはできません。

 

 

ですので、資料集に載っている重要な地図は、覚えるようにしましょう!!

 

 

②正誤問題の精度を上げる

 

2次私大レベルになると、4択問題の難易度もとても高いものになります。

 

共通レベルなら、正しいものを1つ見つけて、かつ残りの3つは、ここが違う!と間違いを見つけ正しく訂正するのを目指して、解いてほしいのですが、2次私大レベルになると、そう簡単にはいきません。

 

ですので、【明らかに正しい選択肢を1つ見つける】か【明らかに正しい選択肢はないが、3つ間違っている選択肢を見つける】の2つを使って解いてみてください!

 

前者は言葉のままです。後者は、全部怪しい選択肢に見えてしまうけど、この3つのほうが間違っている気がするという感覚で解くということです。

 

2次私大の問題を解く時は、知らない知識があるのは当然だ!というぐらいの気持ちで取り組むと良いと思います!

 

③新しい知識を入れる

 

なんだかんだこれが、一番得点を上げる近道だと思います。

 

この時期に知らない知識があるのは当然です。

 

しかし、一問一答をすべて丸暗記するのは、難しいし時間のかかることだと思います。

 

 

なので、解いた過去問で出てきた単語は、覚えるようにするというような、自分のルールを作ることが大切です。

 

 

私は、過去問で知らない単語は覚えるようにしていましたが、一問一答に載っていない単語は、もう出ない!と思い、覚えないようにしていました。

 

一問一答のおすすめの進め方は、通学の時間を使って毎日同じ時間勉強することです!

 

 

以上で今日のブログを終了します。

 

是非参考にしてみてください!

 

 

明日のブログは、尾辻担任助手による【単ジャンの活用方法】です!お楽しみに!!

 

 

 

 

2021年 9月 23日 新学年になる前にやるべきはこれだあ!!

みなさんこんにちは! 上智大学文学部3年の伊藤香菜子です

今日は朝8時から過去問演習会があり、56人の高3生が参加してくれました!

朝から勉強、いいですね☆

 

最初に3年生の話をしましたが、今日のテーマ低学年向けの「高速基礎マスターの進め方」です

タイトルに新学年になる前にやるべきはこれだあ!と書きましたが、ズバリ高速基礎マスターです

ぜひ、低学年のみなさんに参考にしていただければと思います!

 

高速基礎マスターの重要ポイントは、「まずは完全修得、次にメンテナンス」です!

まだ全然覚えられていないから確認テストを受けたくない、、、と進んでいない人が多いように感じます(-_-;)

まずは完修することを目標に何度もトレーニングをして、何度もテストに挑戦することをオススメします

完璧になっていないからと先に進まないと、完修には近づきません

不安な人は、完修後に何度もメンテナンスをするのがいいと思います!!!

ちなみに私が低学年のころは、完修後も毎日1000トレーニングしていました

 

高速基礎マスターは本当に本当におすすめです!低学年の頃、マスターを頑張ったから英語が得意になったと自信を持っていえます!!

もしマスター頑張りたいけど、イマイチどうしたらいいかわからないなど不安があれば相談してくださいね

 

明日のブログは、三嶋担任助手による「二次私大対策 社会編」です お楽しみに☆

 

2021年 9月 22日 部活と勉強の両立

こんにちは!慶應義塾大学商学部一年の馬嶋岬です。

9月も終わりに近づいてきました!朝夜の気温差が大きい季節なので風邪をひかないよう、体調に気をつけて勉強頑張りましょう!!

 

今回のブログでは部活と勉強の両立方法について紹介したいと思います。部活動や習い事がとても忙しくて勉強が進まない!という人は多いのではないでしょうか?

私も高校生の頃は部活とテニススクールがほぼ毎日あり、疲れて勉強することができなかったり、そもそも勉強の時間をあまり取ることができないというような状況が続いていました。

どんなに忙しくても毎日勉強することが第一志望校に合格するためは必要です!!

そこで私のオススメの勉強と部活の両立法についてお伝えします!

 

①朝勉強する

おすすめの勉強法の1つ目は朝勉強する習慣をつけることです。

私は週三程度で朝練があり、朝練がない日は朝練の日と同じ時間に登校して勉強していました。また、朝の通学時間は本当に眠い時以外は電車の中で勉強をしていました。

部活動や習い事があると、夕方や夜は勉強したくてもどうしても疲れて集中できなかったり勉強が進まないことがあると思うので朝頑張って起きて勉強するようにしましょう!!

ぜひ皆さんも早く起きて学校に登校して勉強する通学時間に勉強することをぜひ徹底してみてください!

自分が思っている以上に勉強する時間が作れると思います!

 

②スキマ時間を利用する

2つ目はスキマ時間を有効活用するということです。部活生にとってスキマ時間はとっても大切で貴重な時間です!

通学中や授業と授業の間の休憩時間、お昼休みなど日常生活にはたくさんのスキマ時間があります。

友達とおしゃべりするのを少し我慢して勉強してみてみてください!また、友達と英単語などのクイズを出し合ったりするのもおすすめです。

スキマ時間を見つけ出して勉強時間を増やしましょう!

 

③目標をたてる

3つ目はどんなに小さいことでも目標をたてるということです。

私は学校の定期テストの目標点を細かく決めていました。自分の中でその目標点を超えなかったら、ペナルティをつけるというように自分に負荷をかけて勉強していました。

このように目標を決めているとその点数を絶対に超えたい!と思うことができるのでどんなに疲れていても勉強する気になることができます!

目標点を決めることは学校の定期テストに限らず、模試も同様なのでぜひ決めてみてください!

また、一日にやることを朝決めるというのも勉強のモチベーションを上げるための方法だと思います!

目標をたてて、自分に負荷をかけながら勉強を進めてみてください!きっと捗るはずです!!

 

 

部活と勉強の両立は大変ですが、朝勉強するスキマ時間を有効活用するなどして、勉強時間を増やしていきましょう!また、目標をたてて勉強のモチベーションをあげていきましょう!!

 

明日は8時から過去問演習会があります!高3の生徒はぜひ参加しましょう!

明日のブログは伊藤担任助手の「高速基礎マスターの進め方」です、お楽しみに!