ブログ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 

2018年 8月 21日 キャンパスライフ ~法政大学スポーツ健康学部~ 村田ver

こんにちは!

法政大学スポーツ健康学部3年の村田渚沙です!

8月も残すところあと11日ということで最近は涼しくなってきましたね。

私の大好きな高校野球も今日が甲子園決勝ということで高校球児達の熱いプレーがもう見れなくなってしまうのが少し寂しいです。

 

さて今日のテーマは『大学、学部自慢』ということで私の通う法政大学スポーツ健康学部の魅力について書きたいと思います!!

 

まずは法政大学の魅力としては

六大学野球!!

「法政 六大学 応援」の画像検索結果

 

箱根駅伝!!

「箱根駅伝 法政 応援」の画像検索結果

法政大学はスポーツが強いので神宮での野球応援や箱根駅伝など法政でしか味わえない楽しいイベントがたくさんあります!!

特に法政の野球は甲子園出場者がほとんどでプロ野球に行く人も多くいます!

そんな選手を間近で見ることができるのでとても楽しいです!

特に応援は高校とは違い迫力がすごいので大学生になったらぜひ球場に行ってみて欲しいです!!

 

 

 

 

次にスポーツ健康学部の魅力です!

①授業が楽しい!

スポーツ系というと体育会しかいなくて運動ばっかりしているというイメージがあると思いますがその通りです!

ほとんどの人が運動部活動出身で全国レベルの人もゴロゴロいます!

みんな運動が大好きな人が多いので空きコマは学部生専用のジムに行ったり、グランドでサッカーなどをして楽しんでいます!

 

授業は1、2年生は座学がメインですが3、4年生になると実技が多く、

テーピング実習やトレーニング指導論やソフトボール実習など実際に体や手を動かして学ぶものが多いです

またこの学部はリハビリテーション概論というマッサージの授業や栄養学、

テーピングなど学んだらすぐ実践できるものが多いのが特徴で授業自体が楽しいものばかりです!!

 

 

②学食が無料!!

スポーツ健康学部では学部生専用の学食があり、なんと無料で食べれるのです!!

食事も教育の一貫ということで食費が学費に含まれていて学部生だけは無料でたべることができるのです。

やはり他の大学の子に話を聞いても食事代が結構かかってしまうと言っていたので、

おいしいご飯を毎日食べれるのはとても嬉しいです!!

「法政大学 スポーツ健康学部 学食」の画像検索結果

 

④設備がすごい!!

スポーツ健康学部ではジムや運動学の実験室などすばらしい設備がたくさんあります!

日本に20台しかないヒューマンカロリーメーター(部屋全体で酸素、二酸化炭素など空気の容積などの測定機を備えた大掛かりな装置)や、モーションキャプチャー実験室(噂によると家一軒買える値段)があったりとここでしか扱えない機械が多くあります。

「ヒューマンカロリーメーター」の画像検索結果

 

大学、学部によっても設備が全然違うので一回見てみるだけで大学生活がイメージできてワクワクするので特に低学年の皆さんは文化祭やオープンキャンパスなど是非大学に足を運んでみてください。

 

 

今高3生のみなさんは模試に向けて必死に勉強していると思います!

やることが多くて焦っている人も多いかもしれませんがそういう時こそ、

”なんでそこの大学に行きたいか、大学に行ってなにがしたいか”

ということを考え直してみてください!

 

私は中学生のころからこの学部に行きたいと思って高2のはじめに東進に入学し勉強を始めました。

それから勉強していく中でもうやめたいと思ったことも何度もありました。

ですが大学に通っている姿を想像すると(携帯のトプ画を第一志望の画像にするのオススメ!!)ワクワクして勉強も楽しくなったのを覚えています。

受験勉強のスタートに早すぎるということはありません!!

低学年のみなさんは将来のために今からでも行動してみてください!!

そして受験生のみなさん

”受験が全部終わったときに後悔しないように今を全力で頑張ってください”

応援しています!

明日のブログは眞島担任助手による『留学に行って来ます!』です!

お楽しみに!!

 

 

 

 

2018年 8月 20日 東進という決断

 

 

みなさんこんにちは!

早稲田大学商学部2年石井宏樹です!

 

今日は東進という決断と題して、

私が東進に入った理由を紹介します!

 

 

まず、自分が東進に入学したのは高2の1月で

丁度、センター同日模試のときでした。

 

当時はとにかく予備校に入らなきゃと焦っていて、

新百合ヶ丘でならとりあえず東進かな

という気持ちで東進に体験に行きました。

 

東進では初回に行くと学力診断テストを受けますが

そこで受けた英語、国語の点数があまりにも低く、

絶望的で、非常に危機感を持ったのを今でも覚えています・・・。

 

 

そして次に受けた今井先生の授業には感銘を受けました。

分かりやすい、面白い、信頼できる

 

これが、最初に授業を受けたときの率直な感想です。

 

授業を受ける前は、初めての映像授業ということで

少し心配していた面もありましたが

すっかり虜になってしまいました!

 

また、自分の予定に合わせて計画的に受講出来る点にも感動したのを覚えています。

 

 

さて、ここまで私が東進に入っ理由を紹介しましたが

みなさんに特に聞いてほしいのが東進に入った後のことです。

 

 

東進に入学してすぐにセンター同日模試というものも受けましたが

そこでも英語で80点代をとってしまいました。

 

当時は青山学院大学、明治大学を志望していましたが、

合格者の平均点にはほど多く、ここでも相当危機感を抱きました。

 

しかし、そこから今井先生の授業、そして音読を通して

英語の点数を6月までに174点まで上げることが出来ました!

この成功体験のおかげで自分に自信が持て、

その後の受験勉強も円滑に進んだんです。

 

 

みなさんも自分の成功体験を掴んでみてくださいね!

そして、その成功体験を生かしてください。

 

明日のブログは村田渚沙担任助手による

『私の学部自慢』です!

お楽しみに~

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年 8月 18日 藤原からのラスト・メッセージ

みなさん、こんにちは!

早稲田大学政治経済学部政治学科3年、藤原息吹です!

 

8月21日から約一年間、スウェーデンに留学に行くため、

本日をもって担任助手を引退します。

 

これから担任助手としてみなさんと関わることは出来ないですが、

最後にみなさんにメッセージを送りたいと思います。

 

ということで「藤原からのラスト・メッセージ」です。

 

自分が受験勉強を始めたのは高校2年生の夏でした。

それはなぜかというとある日突然、早稲田大学に行きたくなったからです(笑)

 

当時通っていた高校は毎年早慶合格者が一人もいないような高校で、

そのうえ僕はテスト勉強すらまともにできない人間で、

よく親に怒られていたのを覚えています。

 

しかし、早稲田大学に行きたいという大きな、

そして無謀ともいえる夢ができて

それからは人が変わったように勉強しはじめました。

 

部活を高校2年生の11月で早めに引退するまでは

隙間時間を縫っての勉強という感じでしたが、

部活をやめて以降は、それこそ朝から晩まで

ずっと勉強という毎日を送っていたことを覚えています。

 

まず朝早起きをして家を出て、学校につくまでは

ずっと単語帳片手に電車に揺られ、学校に着けば

授業中は内職(マネしちゃだめですよ!!)、そして

休み時間もイヤホンをしながら友達としゃべることなく勉強をして、

学校が終わります。

 

その後は、もちろん一直線で東進に向かい、

21時45分に担任助手の方から自習室を追い出されるまで

勉強をする。

 

これを一日も休むことなく受験までずっと繰り返しました

 

夏休みも一日だけ寝坊してしまいましたが、

それ以外は毎日7時前に校舎前にならび20時30分まで

勉強をし、それが終われば友達とカフェに行き、

お店が閉まるまで勉強です。

 

文化祭の二日間はなんとサボるという暴挙に出て

東進で勉強してました。(これもマネしちゃだめですよ!!)

 

そうやって、合格したのが

早稲田大学政治経済学部です。

 

こんなに勉強できないと思うかもしれません。

でも僕が受験を始めたときは、誰よりも

勉強をしてこなかったし、誰よりも勉強ができなかった。

 

そんな自分を変えられたのは、

早稲田大学に絶対に行きたい、という

強い意志です。

 

最初は何もできなかった自分ですが、

受験を通して、

「本当に努力すれば、夢はかなうんだ」

という大切な、大切なことを知れた気がします。

 

今回、1年間の留学に行く機会に恵まれたのも

この受験の延長線上です。

 

もともと、ビビりで外に出ていくことが

怖くてたまらなかった自分が留学に行くという

大きな決断をすることができたのは、

間違いなく、受験を通して

自信と勇気を得ることができたからです。

 

受験が終わって

担任助手をやることに決めたのも

その経験をみなさんにもどうか知ってほしい、

と思ったからにほかなりません。

 

今の受験生の受験に立ち会うことはできませんが、

スウェーデンからみなさんが人生を変える経験を

してくれることを祈っています。

 

また一年後にあいましょう!!

 

それではさようなら。

 

明日のブログは濱田担任助手による「高3MVPです。

お楽しみに!!!

 

2018年 8月 17日 最近どうもがんばれない君へ

こんにちは!!!北原立都です!!

今回のブログのテーマは「最近どうもがんばれない君へ」です!

自分の受験時代の唯一の強みは、一日もがんばれない日を作らなかったということなので、このブログを通して、どのように高いモチベーションを維持していたのかをお伝えできればなと思います!

 

自分の高いモチベーションの維持法としては、3つあります!

 

①第一志望校を訪れる

僕は受験期に第一志望校を10回ほど訪れました。

オープンキャンパスはもちろんのこと、何もない日に大学の様子を見に行くといったこともしてました!

時間の無駄では?と思うかもしれませんが、だらだらと長い時間勉強するよりも、高いモチベーションで短い時間集中して勉強をした方が絶対いいです!

モチベーションが低くなっている人は、1度第一志望校の雰囲気を味わってみてください!!

 

②なぜ受験をするのか考える

寝る前などに考えてみてください。

自分は、憧れていたあるバンドが難関大学出身と知り、勉強もできて歌もうまくカッコいいなと感じ、彼のように文武両道の人間になりたいと思い受験勉強を開始しました。

皆さんはなぜ受験をするのですか?

夢があるから、両親への恩返し、人それぞれ理由はあるでしょう。

今一度考えてみることで、勉強のモチベーションが高まるのではないでしょうか!

 

③今までのがんばりを振り返る

勉強が辛いと感じている人は、ぜひ今までのがんばりを振り返ってみてください。

何時間も音読をやってきた、参考書がぼろぼろになるまで読んだなど、皆さんここまで本当にがんばってきました!

もし明日1日がんばらなかったら、今までの努力が無駄になってしまいます。

一生懸命がんばってきた自分の努力が無駄にならないように、がんばりましょう!!

 

以上が自分の高いモチベーションの維持法です。

勉強は結果というより、目標に向かって全力でがんばる過程が大切だと僕は思います。

辛いかも知れませんが、いつか必ず受験生活は終わります。

このまま一生勉強するのではないかと僕は思っていましたが、気づいたら担任助手になっています。

本当にあっという間に受験は終わってしまうので、これからは高いモチベーションで1日1日を大切にがんばっていきましょう!

 

明日のブログは藤原担任助手による「みなさんへのlastメッセージ」です!ぜひチェックしましょう!!

また、明日が藤原担任助手の留学前最後の勤務です。

お世話になった人は感謝の気持ちを伝えましょう!!

 

 

2018年 8月 16日 吉田直伝㊙リフレッシュ法

 

こんにちは!東京学芸大学の吉田安理沙です

 

夏休みも半分が過ぎ、残り少ない人だと10日程という人もいるのではないでしょうか

毎日の15時間勉強に疲れてきてしまっているというあなたのために

本日は「吉田直伝㊙リフレッシュ法」ということですぐにできるリフレッシュ法についてお話したいと思います

 

吉田直伝㊙リフレッシュ法①お風呂で歌う

受験生のとき私は毎日お風呂で英語の音読をしていました

しかし、それも嫌になってしまったときのオススメリフレッシュ法はずばり、お風呂で歌うことです

受験生はカラオケに行く暇はないと思うのでお風呂で歌うことでリフレッシュしてください!

 

吉田直伝㊙リフレッシュ法②おさんぽ

たまには机に向かうのが嫌になってしまうこともありますよね

そんな時には思い切って外に出てしまうのもありです

校舎の周りを1周歩くだけでもかなりリフレッシュできます!

 

吉田直伝㊙リフレッシュ法③ちょっとご褒美

疲れてしまった時にはすこしの自分へのご褒美も大切です

コンビニなどでのお菓子を買うのもいい思います!

 

受験では「体調管理も1科目」と言われるくらい体調管理が大切です

しっかり体調管理しつつ、残りも頑張っていきましょう!!!

 

明日のブログは北原担任助手による「最近どうもがんばれない君へ」です

お楽しみに!!!