ブログ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 

2020年 6月 24日 志望校はどう決める??

こんにちは、慶應理工3年の中村開成です!!

 

あと一週間で今年の半分が終わってしまいますね。。

 

一日一日大切に過ごしていきましょう!!!!

 

今日のテーマは「大学の選び方」ということで、1つの例として自分が志望校の選び方のポイントを話したいと思います!!

 

①大学を知ろう!!(HP編)

 

皆さんは大学のHPを見たことはありますか?

 

大学のHPでは全ての学部、学科の教授の情報(研究内容)とかが載っています!!

 

とても分かりやすく書いているので是非調べて読んでみてください。

 

実際に自分の大学の学科の友達で、今の学科の教授のもとで学びたいと思った人がいて、かなり大学受験のモチベーションになったそうです!!

 

②大学を知ろう!(東進のスタッフ編)

 

新百合ヶ丘校のスタッフは本当に色々な大学に通っています。

 

現役大学生の声を聞くことによって大学の雰囲気をより知れると思います!!

 

コミュニケーションエリアに全担任助手の自己紹介が書いてあるものがあるので、自分が気になる大学などあれば話しかけて見ましょう!!

 

③大学を知ろう!!(Youtube編)

 

自分が実際生徒時代にやっていたことですが、Youtubeにある大学紹介の動画を見て雰囲気を知っていました!!

 

動画は特に分かりやすいので是非見てみてください。

 

 

以上の3つの例を挙げましたが、他のスタッフにも聞いてみてくださいね!!

 

志望校を調べることは目標にもなりモチベーションにも繋がります。

 

高い目標を持って頑張りましょう!!

 

明日のブログは田邊担任助手で同じく「大学の選び方」です!!

 

文系目線の選び方を紹介してもらえると思うのでぜひ見てください!!

 

※明日は20:30~で自習室が使用できません。

 

 

 

2020年 6月 23日 模試の復習しましたか?

本日は、休館日となっております。ご注意ください。

こんにちは!早稲田大学1年の千葉有紗です。

 
皆さん一昨日の模試お疲れさまでした!
 
自己採点や復習はもうしましたか?受験生にとって模試後の自己採点と復習はとても重要です。
 
まだやっていない人はこのブログを読んだらすぐにしましょう!
 
さて、今回のテーマは模試の復習法(理系科目)ということで、私のおすすめの復習法を紹介したいと思います。
 
①数学
 
共通テストで最も時間が足りない科目は恐らく数学だと思います。
 
なので数学の復習をするときは、制限時間がなかったらどれくらい解けるのか、ということを把握するために、必ず解説を読む前に解き直しましょう!
 
それでも解けなかった問題は解説を読みます。
 
この時チェックしてほしいのが、どうして間違えたのか、どこから理解できていないのか、どうしてその解き方(使っている公式や定理)なのか、ということです。
 
こうすることで自分の弱点がより明確になり、今後の学力向上に役立ちます。
 
解説を理解したら、数日後に自力で解答を書いてみましょう。(この時は時間を計ってください)
 
計算が遅くて間に合わなかったという人や計算ミスが多くなってしまった人は、普段の勉強で制限時間を設けたり、暗算できるところは暗算して書く計算過程の量を減らす練習をしたりしましょう。
 
②物理
 
物理で間違えた問題は、解説や教科書をよく読んでその問題で使われている法則や公式を確認した後、基礎レベルから問題演習をしましょう
 
答えが合っていた問題でも、法則や公式の確認はしましょう。この時はただ確認するだけでなく公式の導き方まで理解できると良いと思います。その後に少し難しい類題で問題演習をするようにしてください。
 
物理は問題演習をすることでその単元の理解がより深まるのでぜひ色々な問題に触れてみてください!
 
③化学
 
化学は典型問題が多いです。
 
なので、この実験ではこの反応が起きてその結果物質Aと物質Bが生成する、というように多くの典型問題を理解し覚えることで、解く時間が短縮し間違いも減ると思います。
 
間違えた典型問題は模試復習用ノートにまとめておくのがおすすめです。
 
ノートにまとめることで、次の模試直前に間違えた問題のみを効率よく確認することができます。(私はノートの真ん中に線を引いて、左側に問題と解説、右側に関連事項や類題を書いていました)
 
無機・有機の暗記問題は、合っていた問題でも知識や理解度が曖昧である可能性があるので、すべての問題の解説を読み、少しでも自分の知識に不安を感じたら参考書や資料集などで確認し、ノートにまとめましょう。
 
 
以上が私のおすすめの模試復習法です。いかがだったでしょうか?
 
今回の模試で見つけた弱点は次の模試までに克服できるように計画を立てて学習を進めていきましょう!
 
明日のブログは中村担任助手による「大学の選び方」です。お楽しみに!
 
 

 

 

 

2020年 6月 22日 昨日の模試、復習しましたか?

本日は、休館日となっております。ご注意下さい!!

こんにちは。東京学芸大学2年の山床です。

昨日模試が行われましたね。

模試の復習はしましたか。

していない人は先延ばしにせず、今復習しましょう。

今日は、模試の復習方法(文系科目)についてお話していきたいと思います。

 

〇英語

よく見かけるけど、意味が出てこなかった単語・熟語ありませんでしたか?

重要単語がまだ覚えきれていないということですね、、

わからなかった単語はすぐ復習しましょう。

すぐ復習すると頭に残りやすく、今までなかなか覚えられなかった単語を覚えられるようになります。

 

文構造で引っかかったところはありませんか。

文法の知識が頭に入っていると、今まで引っかかりやすかった文章がすらすらと入るようになってきます。

長文しか問題に出ないからといって文法を侮らないようにしましょう!!

 

時間以内に解き終わりましたでしょうか。

解き終わらなかった人は、毎日音読していますか。

毎日音読を継続して行えば、早く読めるようになってきます。

今回の模試をきっかけに音読をしていない人は、音読しましょう!!

校舎には音読ルームがあります、ぜひ活用してください!!

 

〇国語

漢字・古文単語・文法・漢文句法などの知識に関する問題は解けましたか?

知識問題は、得点がとりやすいところになっています。

得点がとりやすいということは、解けなかったらまわりの受験生と差がついてしまいます。

ですので、知識問題はしっかりと復習しましょう。

 

読解の部分に関しては、間違えたところを中心に復習しましょう。

わたしは、復習するときに何を根拠としてその正解になるのか、という正解の導き方を復習していました。

 

〇社会

習ったところで間違えたというところに関しては、復習しましょう。

わたしは、間違えたところをノートに書き出していました。

 

 

明日のブログは千葉担任助手による「模試の復習方法(理系編)」です。

お楽しみに!

 

 

明日も休館日となっております。ご注意下さい!!

 

 

 

 

 

2020年 6月 21日 模試後にすべきことはこれだ!

こんにちは!上智大学文学部英文学科2年の伊藤香菜子です。


本日の模試おつかれさまでした。青山学院大学で受験した人もいますが、どうでしたか?

本日は自己採点の重要性について書きたいと思います。


もう自己採点は終わっていますか?自己採点が済んでいる人素晴らしい!!

模試の自己採点は一喜一憂するためにやるのではありません。

入試当日の自己採点によって出願校が変わるため、正確にやらなければいけないのです!

そのための練習として自己採点をしてね~と私たちは言っています。

自己採点をしなくてはいけない理由はズバリ!
➀国公立の出願最終決定判断材料だから
②私立の共通テスト利用入試で合否の目安がわかるから

びっくりなことに共通テストの結果が送られてくるのは4月にはいってからなのです

そこで頼れるのは自己採点の結果のみ!

国立編
国公立が第一志望の人は特に重要!

もちろん第一志望校を固めずっと勉強していくと思いますが、共通テストでうまくいかなくてでも国公立にどうしても行きたいという場合には、出願校をさげるか否かと考えなくてはいけません。

特に共通テストの比重が大きく合否に影響する大学は2次試験で挽回が難しい場合があります。

逆にうまくできた場合には、自信をもって二次試験に臨めたり、出願校を上げたりすることもできます!

私立編
国公立を受けない人も、共通テストはとっても重要です!

なぜなら共通テスト利用入試制度があるから!

共通テストを受けて合格出来たらラッキーですよね!

私はセンター試験で自己最高点が取れたので、

一般入試でおさえの学校は受験せず志望順位の高い学校の入試に専念できました。

自己採点で絶対に受かると断定はできませんが、昨年度の結果と見比べて判断することができるのです!

私立第一志望の人も自己採点が重要なのです!!

 

少し長くなってしまいましたがこれで自己採点をしよう!と思っていただけたでしょうか?

では早速自己採点をしよう!

明日、明後日は休館日のため校舎が使えません。

 

明日のブログは山床担任助手による模試の復習法(文系)です!お楽しみに!

 

 

 

2020年 6月 20日 あなたは本当に模試を100%活用できていますか?

 【注意!!!】

明日6月21日~6月23日

まで、全国統一高校生テストと休館日のため、校舎での受講と自習室の利用はできません!

 

こんにちは!

慶應義塾大学環境情報学部2年の髙瀨です!

 

いよいよ梅雨入りして、雨が増えてきましたね。

なかなか外に出られませんが、課題が捗るのでオッケーです!

 

さて、明日は全国統一高校生テストですね!

準備はバッチリですか?

ここまでの頑張りを試して行きましょう!

 

今日は模試の活用法ということで、模試をどのように受け、その結果を受験勉強に生かしていけばいいか?についてお話できればと思います。

実は、このブログに先立って、新百合ヶ丘校とZOOMにて「模試の活用法」と題して週間ホームルームが行われました!

 

この週間ホームルームは、受験のことや将来のことについて、東進の担任助手の体験を紹介しながら考えてもらうイベントです。

今週は「模試の活用法」ということで、私が実際に生徒時代にどのような意識で模試を受けていたのか?を話しました。

 

今日はこの週間ホームルームで用いたスライドお紹介していきたいと思います。

 

ただ、スライドだけではなかなか伝わらないこともあるとは思うので、実際に聞いてみたい人は、明日の20時からもあるのでぜひ参加してみてくださいね!!

 

【模試の活用法~週間ホームルーム~】

 

以上がスライドの一部です。実際にはまだまだありますが、今回は割愛します!

もっと聞いてみたい人はぜひ週間ホームルームに参加してみてくださいね!

 

明日の模試も頑張りましょう!!

 

明日のブログは、伊藤担任助手の「自己採点の重要性」です。お楽しみに!!