ブログ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 

2019年 10月 7日 10月必勝法!

 

みなさんこんにちは!

早稲田大学商学部3年石井宏樹です!

本日は

『10月必勝法!』

と題して、10月の勉強法を主に受験生に向けて紹介していきます!

 

さて、10月も既に2週目に入り、センター試験まで3カ月余りとなりました。

 

校舎の様子を見ていると

「いま何をしたらいいか分からない」

「勉強の優先順位が分からない」

といった声や

「この時期何を勉強していましたか。」

といった質問を受けることが多くなってきたように感じます。

 

 

これらの声にお答えします。

10月はずばり・・・

 

2次の過去問を進めましょう!!

 

GMでも過去問演習の月間計画表が配布されているかと思います。

↓こちらです。

 

ちなみに、まだひとつも2次過去問に触れていないという人はいませんよね・・・?

 

10月中に10年分1周することによって志望校必勝確率は圧倒的に高くなります。

以下にその理由を説明します。

 

 

・単元ジャンル別演習で効率よく勉強できる

過去問を10年分行うことによって、

AIが単元ジャンル別演習において効率的な学習プランを提案してくれます。

苦手な科目の分野や、繰り返し間違えている箇所を集中的に学習することが可能になるので

いち早く苦手を克服することができます。

 

・志望校の傾向を把握できる

志望校の傾向を掴むことは非常に重要です。

生徒説明会でも紹介されていましたが、日本史を例にとると

東大と一橋大学では近代以降の出題比率が大きく異なります。

 

このような傾向が各大学に存在するため、効率よく対策するために

志望校の傾向を把握しておくようにしましょう!

 

 

いかがだったでしょうか。

10月はとにかく過去問を進め、

効率的な勉強を!

 

一緒にがんばりましょう!

 

明日のブログは伊藤香菜子担任助手による

『10月の勉強』

です。お楽しみに~

 

2019年 10月 6日 応用化学科2年はこんな毎日を過ごしています。

こんにちは、明治大学理工学部2年の戸田夏希です!

 

本当に10月?と疑いたくなるような気候が続いていましたが、今日になってぐっと冷え込みましたね…

体調管理に気を付けて10月も頑張っていきましょう!

 

今日のテーマは私の時間割紹介です。

私は明治大学理工学部応用化学科に所属しています。

名前の通り化学について主に学んでいます!

 

↓以下が私の時間割です↓

1年生の頃は「基礎」のつく科目が多くあり化学の分野を大きく学ぶことが多かったですが、2年生になると化学の専門性のある内容をよく学んでいます。

また、実験があるのも特徴です。

応用化学実験では、物理化学・有機化学・機器分析・分析化学という4つの分野ごとに実験を行い、普段座学で学んでいるような内容を実験を通して理解を深めています。

また化学情報実験では、パソコンでエクセルを使った実験データの解析や、スパルタンと呼ばれる原子構造を作るアプリを使って、目には見えない原子構造について学んだりしています。

そして、実験と聞いてぴんと来る方もいらっしゃると思うのですが…

そうです!レポートが付き物なんです…!

実験内のデータをまとめることはもちろん、なぜそのような結果になったのか、どういう反応が関係しているのか等々を、文献を参考にした自分なりの考察が必ず必要になってきます。

正直、とっても大変です!笑

だからこそ、私が今感じていることから言えるのは、

「計画を立ててそれを実行できる力」はいつになっても大切です!!!

校舎ではちょうど努力の天才プロジェクトが行われています。

そしてこのプロジェクトの目的は「自分の立てた合格設計図を100%実行する」です。

これを今この高校生のうちからできるようになれば、この先の人生でも絶対に自分の役に立ってくると思います。

ぜひ、まずはこの10月から努力の天才プロジェクトを通して計画を実行する力を身に付けてください

 

最後は少し話が脱線してしまいましたが、以上が私の時間割紹介でした。

化学の分野を目指している人など、何か聞きたいことがある人はぜひ校舎で話しかけてくださいね~!

 

明日のブログは石井担任助手による10月の勉強~受験生のみんなへ~です。

勉強について悩んでいるそこのあなた、必見ですよ!

 

2019年 10月 5日 工学部機械工学科!!

こんにちは!

東京大学理科一類2年の外山結月です。

 

本日のテーマは「私の時間割」ということで、2年の後期の時間割をお見せしたいと思います!

東京大学では、2年生の夏に進学選択が行われ、秋以降でその学部への内定という形で専門にあわせた授業が始まります。

ちなみに私は、工学部機械工学科に決定しました。

その時間割がこちらです。

必修は金曜1,2限の演習のみですが、この学期から新たに取得単位数をカウントし始めるのと、機械系の人達にとってはどの授業も最終的には必要になるため、推奨されている授業をほとんどすべてとるという形になります。

他のブログを読むと、その時間割の特徴について書いてくれていますが、今の時間割にはあまり特徴はないと思います…。

他大学では1年生から専門を学んでいるため、今までは教養学部に所属していた分、今は専門を一気に学ぶという形になっています。

ですが、3年生になると午後がすべて「機械工学総合演習」の授業になり、最後にはスターリングエンジンを設計・製作するらしいです!

私はそれを楽しみにしています!

 

1週間授業を受けた感想としては「工学部は演習が多い」ということを一番に感じています。

学部が決定するまでは、特に数学などは定理の証明など理論を中心とした授業がほとんどでしたが、現在は問題を「解く」ことに重点がおかれています。(そこが工学部と理学部で最も異なる部分です!!)

また、機械工学科らしい授業には『機構学』があげられると思います。

機構学は「機械や器具を構成する各部分の相対運動や形状を取扱う学問分野で,機械運動学 kinematics of machineといわれることもある。この学問分野では,通常,各節の質量をはじめ材質や強度などを一切無視し,節の長さとその相対的配置 (幾何学的関係) で相対運動を検討する。 」(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より)

となっていて、要するに、機械を構成するそれぞれのパーツの運動を起こすための様々な機構を学ぶ授業です。

きっとよくわからないですよね…。

具体的な話をすると初回の授業では、エンジンの簡単な絵をかけるようになったのと、エンジンが動く仕組みを学びました。

機械工学科に進学すると、今までなんとなく使っていたり見たりしていた機械がどのように動いているのかを知ることができます!!

そういうのが好きな人は是非工学部へ!!

 

明日のブログは戸田担任助手による「私の時間割」です。

面白そうな講義名の授業を見つけてみてくださいね!

2019年 10月 4日 MY TIME SCHEDULE

こんにちは!

一橋大学 経済学部 1年 塩飽正典 です。

今日のブログのテーマが「私の時間割」ということで、早速はじめていきたいと思います!

私の今学期の時間割はこちらです!

昨日の大谷担任助手に習って、時間割の特徴を解説していきたいと思います!

①週二回の英語の授業があつい!

PACEⅡ という授業があるのが分かると思います。

これはネイティブの先生による英語しか使ってはいけない授業になります。

やはり英語だけしか使えないというのはなかなか大変で授業後はとても疲労がたまります。

しかし

自分の伝えたいことを英語でしっかり伝えられたときの嬉しさは半年たった今でもあせません

こんな経験が一年生のうちからできるのも一橋ならではなのだと思います。

②学部科目が多い!

皆さん見て分かる通り 経済系の授業が多いと思います。

やはり経済学部に入ったからには 経済学を極めてから社会に出てほしい という学校からのメッセージが見てとれます

③とはいえ他学部科目が豊富!

今期は 教育と社会 という授業をとっています。

一橋には経済学部のほかに、商、法、社会学部 の計4つの学部があります。そしてこれら4つの学部の授業は自由に取ることができます!

今はまだ一年生で他学部科目をとる余裕はありませんが、二年生になれば履修に余裕が出てくるので、ジェンダー論や社会科学論などの自分の興味のある範囲の勉強も進めていきたいとおもっています!

明日のブログは 外山結月担任助手による「私の時間割」です! 

お楽しみに~

 

 

2019年 10月 3日 大学2年!学びたいこと学べて楽しいですよ~~!

こんにちは!

立教大学社会学部現代文化学科2年の大谷です。

とても久しぶりのブログです!

 

私が一番好きな季節がやってきました!

体調管理も実力のうちです!

朝晩は秋らしく涼しいですが、日中との寒暖差が激しいので、体調管理しっかりしていきましょう

 

~~~~~~~~~~

 

本日は昨日に引き続き、私の大学での時間割を紹介したいと思います!

 

2年生秋学期の私の時間割はこんな感じになっています!

パッと見てもよく分からないと思うので、ポイントに絞っていきます!

 

ポイント①必修科目がない!

今学期、大学に入学して初めて必修科目がなくなりました!

ここにある科目全部自分で選んで取りましたので、興味があるものを中心に取れて満足です!

私が所属している社会学部では、消費、ジェンダー、貧困問題、文化、メディア、、、など、本当に幅広い分野を学ぶことができます。

その中でも私は今国際系(中でも発展途上国の貧困問題など)に興味を持っています。

なので、その分野に関係しているマイグレーション論、グローバリゼーション論、紛争と和解・共生などの授業をとりました!

 

ポイント②特別な授業!

月曜日の3限にとっている授業をピックアップして紹介します!

これは「立教OBOGの「社長の履歴書」」という授業で、立教の卒業生で今企業の社長をしている方が、特別講師として週替わりで講義をしにきてくれるのです!!

まだ始まって間もないですが、普段聞けない話や、社長ならではの視点での考えなど貴重な話が聞けてとても良い経験になっています!

 

ポイント③TOEIC対策ができる!

立教大学の魅力の一つである英語教育!

1年生のときは必修で満遍なく英語を勉強して、2年生からはたっくさんある英語の科目から自分で選択できるようになります!

私はTOEICを頑張りたいので、TOEICリスニング対策の授業をとりました。

 

大学生になったら自分の学びたいことを学べてとても楽しいですよ!!

立教大学興味ある人いたらぜひ話しかけてくださいね~!

 

明日のブログは塩飽担任助手で「私の時間割」です!

必見です~~~~~!