9月 | 2019 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 2019年09月の記事一覧

2019年 9月 16日 「合格」できる文章を書くためには

こんにちは!

慶應義塾大学環境情報学部1年の高瀬立樹です

秋らしい日も増えてきましたね。散歩が楽しい季節になってきました。

皆さんは行事に勉強に大忙しだと思います。体調を崩さないように、高校生活を全力で楽しんでくださいね。

 

さて、本日のブログは「二次試験対策・小論文編」、ということで、主に慶應大学や国立二次試験などで出題される小論文の勉強法についてお話しようと思います。

小論文でないよ!という人も、小論文の勉強法は国語の記述問題などでも広く応用できるので、きになる人はチェックしてみてください!

 

それでは、解説していきます!

Ⅰ小論文(記述)問題とはなにか?

そもそも、小論文ってなんでしょうか?

それは、今までのテストでは計れなかった思考力を試すために行われる科目の1つです!

センターはマーク式であったり(来年から記述も加わりますね)、二次試験でも選択問題がほとんどなので、受験者の学力の一面しか測ることができません。

小論文や、記述問題を取り入れることで、文章構成力や、読解力、理解力など普段は分からない学力を測ることができるのです。

 

そんな小論文・記述問題は、やはり今までの勉強では少し足りません。それに向けた対策が必要になります。

ですが安心してください!

小論文も、記述問題も、今までの勉強を基礎として成り立っています。今までの勉強の集大成としてチャレンジしてみましょう!

 

Ⅱ小論文・記述問題の勉強法

では、実際に勉強法を見ていきたいと思います。

普通の選択式問題と違って、記述問題はどうやって勉強するのか見極めることが難しいです。

そこで、3つのポイントに絞って説明します

 

①大学について知る

②過去問について知る

③とにかく演習!!

 

です!当たり前のことと思った方もいるかもしれません。そのとおりです!小論文や記述問題では、過去問対策にとって当たり前のこの3つをとにかく大切にする必要があります!

 

①大学について知る

入試問題は、それぞれの大学、学部が求める学生像にそって作られています。(僕の学部では、「問題発見・問題解決型人材」を求める!とHPで宣言しています)

大学のHPを覗いてみて、どんな学生を募集しているんだろう?と考えてみましょう!

ここを考えると、どんな問題が出るのかが予想しやすくなります!国語や英語の文章の内容がそれにそったテーマになっていたり、特に小論文では、ここで考えた内容がストレートに問われます!

 

②過去問について知る

東進では、たくさん過去問をしますが、それは過去問に触れることで入試の傾向を押さえることを目的にしています!

小論文や記述問題では、答えが決まってないから過去問の重要性が低く見られがちですが、そんなことはありません!

小論文や記述こそ、過去問をすることで点数を伸ばすことができます!

どんどん過去問をして、先生や東進で添削してもらいましょう!僕も見れます!!

 

③とにかく演習!

過去問に限らず、演習をどんどんこなしましょう!

記述問題は今まで触れてこなかった人も多いと思います。慣れていない問題形式だと、なかなか点数を伸ばすことは難しいですよね。

受験生は単元ジャンル別や過去問データベースを駆使しながら、様々な大学の記述問題や小論文に挑戦してみましょう!!

 

どうだったでしょうか?今までマーク式に慣れていると、最初は誰でも苦戦すると思います。

ですが、しっかりと対策を積んで、演習に取り組めば、自ずと成果は付いてきます!

怖がらずに一歩、挑戦してみましょう!

 

明日9月17日の東進ハイスクールは全校舎休館日です!ご注意を!家や図書館で自習を進めてくださいね。

 

あさってのブログは田中担任助手の、「二次試験対策・社会編」です!

慶應義塾大学法学部の先輩は、どのように対策していたのでしょうか・・・?お楽しみに!!

 

 

 

2019年 9月 15日 今週の高3生MVP!

※明後日9/17(火)は休館日のため終日校舎が利用できません。

 

こんにちは、慶應理工2年の中村です!!

一昨日から長袖を着て外出してます…

夜は寒いので体調管理をしっかりしましょう!!

 

今日のテーマは『高3生MVP』です。

今週のMVPは・・・

今週は登校数、受講コマ数、向上得点それぞれ上位の人が違ったので悩んだのですが、Y・M君は校舎で見かけたときの頑張りがとても印象的であったので選ばせて頂きました!!

 

高3生はセンター試験本番まで残り約4ヶ月です。

今まで部活や文化祭体育祭などひとそれぞれ本気でやってきたものがあると思いますが

それらを含めてこの4ヶ月~半年が人生で1番頑張りきれたと思えるように一日一日を過ごしてほしいです。

頑張っていきましょう!!

 

明日のブログは高瀬担任助手で『二次試験対策・小論文編』です。

明日もお楽しみに!!

 

2019年 9月 14日 今週の高1.2生MVP!

こんにちは!

明治大学理工学部2年戸田夏希です!

 

数日前と打って変わってかなり涼しい日々が続いていますね…!

過ごしやすくていいなと思う反面、このような時期が一番体調を崩しやすいと思うので、体調管理もしっかり行っていきましょう。

 

さて、今日のブログテーマは1・2MVPです。

早速発表します!!!

今週のMVPはT.Rくんでした

グループミーティングでもお伝えしている通り、低学年のみなさんの次なる目標はセンター同日体験受験です。

そこで目標点にたどり着くために必須なのがマスターです。

マスターは基礎力の強化に繋がるので、基礎の部分を問うてくるセンター試験にはもってこいなんです。

 

もうマスター完修しているよ!という人は是非メンテナンスとして、少しでもいいので毎日トレーニングを続けていきましょう。

そして、まだ完修していないマスターがある人!!!完修するなら今です!!!

校舎でもマスター完修のためにみなさんをバックアップします。

ぜひトレーニングを続けて完修をし、センター同日で目標点突破を目指しましょう!!!

 

明日のブログは中村担任助手による、高3生MVPです!

高3生の人、要チェックですよ~!

 

2019年 9月 13日 二次試験対策 ~理科~

こんにちは!

青山学院大学社会情報学部の久保悠斗です!

僕は今、せっかくの夏休みに38,5度の熱が出てしまい、夏フェスにいけなくなってしまって悲しみに暮れています(泣)

皆さんは満足した夏休みが過ごせましたか?

もう学校が始まっていることかと思いますが、ここでだらけることなく受験まで駆け抜けていきましょう!

さて、今回のテーマは二次試験対策の理科編ということで、僕が意識していた勉強法や、対策について話していきたいと思います!

 

①勉強法

ぼくは物理選択だったので、生物や化学の方には少し当てはまらない部分もあるとは思いますがご容赦ください。

まず、理科科目は英語や数学などの科目に比べて後にまわされがちな科目なので、点数が伸びるのが遅いという受験生が少なくないのですが、一つ目の勉強法として、僕は英語、数学の基礎を固めた夏休みに物理の受講の2週目を始めました。

二次試験の対策だからといって特別なことを始めるのではなく、まずはなにより基礎を固めることが大切だと考えていて、点数が伸びない理由も基礎が定着していないからだと考えていました。

受講を二回見ることによって今まで見えていなかったことが見えるようになって、模試の点数や、過去問の正答率も上がっていきました。

今の時期は過去問を解き始めたり、新しい受講が始まったりと、前見た受講を振り返っている暇はないと思う人もいると思いますが、その場合は自分が苦手な単元だけでも、休憩がてらに見たりすることで、実力が上がると思います。

二つ目に参考書の選び方も意識していました。

東進の講師の方がオススメしている参考書や、先輩や、同級生から聞いた参考書など、色々と調べてみて口コミなども参考にしながら選んでいました。

個人的には参考書は2つ程度でよいと思います。

沢山買っても最終的に全て解けなくなったりしてしまうので、全ての問題を完璧に解けるようになってから、次の参考書にいくというやり方が良いと思います!

 

②対策

二次試験とは大学ごとや、学部ごとに試験の内容にある程度の傾向があり、理科科目にもこのことが当てはまります。

記述だったり、記号問題だけだったりと、大学や学部によって様々ですが、まずはなるべく早く自分で一回志望校の過去問を解いてみることが大切です。

自分で解くことによって自分の得意な問題や、苦手な問題の傾向を身を持って知ることができたので自分なりの志望校への対策ができるようになります!

後は他の科目との配点なども意識しつつ、自分が理科科目で何点取らなければならないのかを把握するのも大切です!

 

どうだったでしょうか?

個人個人で勉強法などは異なるので、明確にこの勉強法が正しい!、ということは言えないですが、皆さんの力に少しでもなれたらうれしいです!

明日は戸田担任助手による「高1、2生MVP」です!

おたのしみに!

 

 

 

 

2019年 9月 12日 2次試験対策~数学編~

 

 

こんにちは!東京工業大学工学院2年の濱田です。

 

昨日、贔屓チームのソフトバンクホークスがライオンズに首位を奪われかなりブルーになっています。

 

さて、本日は2次試験の数学の勉強に話していきます。

 

皆さんご存知の方もいると思いますが東工大の数学の試験は180分と長丁場のなか大問を5つ解くことになっていて配点も750点満点のうち300点を占めるので非常に数学は重要になってきます。なので現役時代は数学を1番勉強しました。そのメソッドなどを伝えられたらと考えています。

 

皆さんは問題を解くときどんなことを意識していますか?人それぞれ意識していることは違うと思いますし、ただ解いている人もいるでしょう。ここで皆さんに意識してほしいことは手を動かす前に問題の全体像をイメージすることと問われている問題を分かりやすいように言い換えることの2つです。

 

まず前者について説明します。全体像をイメージするということは簡単に言うとどういった流れで解くのかを解き始める前に考えることです。戦国時代の武将もただ闇雲に戦に向かうのではなくしっかりと戦略を立てて戦へ向かってたはずです・・・。(あってるか分からないが)。入試の問題はだいたいパターンが決まっていてそれは日ごろの勉強でおおかた理解できるのでよりたくさんの問題にふれるようにしましょう。

 

次に後者についてです。数学が得意な人はだいたいこれができています。例えば「f(x)が0≦x≦1で唯一解をもつ」と言われたらなんと言い換えますか?(自分で考えてみてください笑)。他にもまだまだたくさんバリエーションがあるのでその都度自分で言い換えしてみて下さい。

 

数学を解くうえで重要なことは以上の2つになります。ですがこれが完璧にできるようになるには演習量と引き出しの量を増やすことが必要不可欠になります。ここで最後に演習に関して少しアドバイスをして終わりにします。

 

先ほど入試問題はパターンが決まっているといいましたが難関大になっていくとどうしても初見の問題が増えてきます。ですが演習をこなせば初見の問題は少しずつ減っていきます。何が言いたいかというととにかく新しい問題に触れ続けることがとても大事だということです。復習ももちろん大事ですがそこに時間をかけるのではなく初めてみた問題を考える時間をそこに費やすことが数学が得意になるきっかけになるので是非新しい問題にチャレンジしていきましょう。

明日のブログは久保担任助手による2次対策~理科編~です。お楽しみに!

 

123