9月 | 2019 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 2019年09月の記事一覧

2019年 9月 19日 麻生高校佐藤尭彦の勉強法(低学年)

みなさんこんにちは!!

早稲田大学国際教養学部1年の佐藤尭彦です!!

みなさん文化祭や体育祭のシーズンを向かえ忙しいと思います。

そんな時期に私はインターンシップを行っていました!

インターンシップとは??

インターンシップとは簡単に言えば職業体験みたいなものです。

自分が将来つきたいと考えている職業の経験や知識を大学生の間に少しでも得るために、

多くの大学生が夏休みなどの長期休みを利用して参加します。

そんな私はどの職業にインターシップで参加したかというと…

国会議員です!!

国会議員のもとでは国の政策の現場を間近で見ることができ、政策立案や省庁の会議に参加させて頂きました。

その他にもさまざまな体験をしましたがここでは書ききれないため、

なにか聞きたいことがあればいつでも聞きに来てください!!

 

前置きが長くなりましたが、今日のブログのテーマは私文佐藤尭彦の勉強スケジュール(低学年)です!!

前提として、私は高校3年間麻生高校で硬式テニス部に所属し週6で部活をしていました。

そんな私がどのような予定で勉強をしていたのかをお話したいと思います!

 

1.高1,2がこころがけるべきこと

まず私が低学年の時になにをこ心がけていたかというと英語の早期完成です。

単に英語が好きだったということもありますが、英語の早期完成には3つのポイントがあります。

①英語習得には時間がかかる

②受験学年で他教科に時間を作ることができる

③英語の配点が高い

この3つが私が英語の早期完成を目指したポイントです。

英語の習得には基本的に時間がかかります、外国語なので一朝一夕に上達するものではありません。

逆に言えば時間のかかる英語を低学年のうちに完成させることができれば高3の時期に他教科に時間を割くことができ、他の受験生に差をつけることができます。日本の受験の傾向からして英語の配点はどの大学学部でも高いです。そのため、英語を早期に完成させることができれば受験においてとても有利になります。

このような理由から英語の早期完成を大切にしていました!!

2.勉強のスケジュールの立て方

a.東進に入った直後  b.マスター完修後  の2つに分けて説明します。

a.東進に入った直後

東進の入った直後はマスターを中心に考えて計画をたてていました。

基本的に平日の部活後は毎日登校をし、一日1コマ、一時間はマスターに時間を使うようにしていました。

英語の受講を受ける際にも単語熟語文法がわからなければ受講の効果が半減してしまうので、基礎固めのためにマスターの完修を急ぎましょう!!

 

b.マスター完修後

マスターがすでに完修してしまったという人は受講を中心に進めていきましょう!

その日の気分で受講をやるのではなく、月の初めなどに計画を立てた上で受講しましょう。

私は1講座とったらその講座をいつまでに終わらせるのかを考え、

スケジュール帳に書き込みいつでも確認できるようにしていました。

計画を立てるときに注意すべきことは無理をしないことです!

低学年は部活や行事、遊びなどなど勉強以外にもやらなければいけないことがあるので、

スケジュールはゆとりを持ってたてましょう!

 

3.スケジュール帳の具体例

これらが高2の12月の予定です。

 

こちらは私が実際に使っていたスケジュール帳の抜粋です。

書いてあるようにこの月はテスト、練習試合、模試がありなかなか忙しい月でしたが

このようにスケジュールをたてることで計画的に勉強をすることができます。

ポイントは学校、部活、東進のスケジュールをすべてまとめることです。

そうすることで自分が何をすべきか一目で確認できます!

書き方に関して質問等ありましたらいつでもカウンターで話しかけてください!

4.まとめ

勉強をする際に大切なことは計画をたてることです。がむしゃらに勉強することもいいことですが、

先が見えていなければ何をどのぐらいやればいいのかわからなくなります。

部活、勉強、学校生活すべて楽しくするためにもスケジュールを作りましょう。

もう一度スケジュールで大切なことを確認すると

1.情報はひとつにまとめる

2.無理のない予定に

これをこころがけるようにしてください!!

 

明日のブログは塚本晴大担任助手による

記述模試を受ける意義です!!お楽しみに!!

 

2019年 9月 18日 日本史を得点源にしたいキミに!!【私大編】

皆さんこんにちは!!

慶應義塾大学2年田中祐大です。

今日は私大の日本史対策について話していきたいと思います!

意識するポイントという点においては、世界史選択者にも共通するところがあると思うので最後まで是非読んでみて下さい!

 

まず私大の日本史とセンター日本史では性質が大きく異なります。

例えば、、

①用語の記述を求められる

②「~を説明せよ」系の記述が求められる

③センターほど時系列問題が多く出されない(全部とは言えない)

④細かい知識が求められる

など違う点はたくさんあります!

 

センターに比べてハイレベルな私大日本史を攻略するための第一ステップとしては

過去問を5~10年分解いてみて各大学のクセを掴むことです!!

ex)

【発見】

慶應義塾大学→用語の穴埋め問題が多い

早稲田大学→出来事の内容を問う正誤問題が多い

 

【対策】

慶應義塾大学→一問一答でいう☆1orマニア向けの単語の出題が多い➡日本史用語集を中心に難単語までカバーできるようにした

早稲田大学→用語そのものより内容を問う問題が多い➡教科書をひたすら読む

 

僕はこのようにして大学ごとに自分だけの対策方法を考えていました!

ここでのポイントは【発見】→【対策】の流れです!!

 

第二ステップは対策の反復です!!!

ここで間違っていけないのは過去問はあくまで対策の材料にすぎず、何周もして答えを覚えたところでその問題が再度出る確率は極めて低いです!!

なので傾向を掴めたら対策を繰り返すことを強く勧めます!

この秋は限られた時間の中でどれだけのものが得ることができるかが最大のカギとなります。

残された時間を有意義に過ごしてください!

 

 

明日のブログは佐藤担任助手による「私の9月以降の勉強スケジュール(低学年編)」です!!

お楽しみに~

 

 

2019年 9月 16日 「合格」できる文章を書くためには

こんにちは!

慶應義塾大学環境情報学部1年の高瀬立樹です

秋らしい日も増えてきましたね。散歩が楽しい季節になってきました。

皆さんは行事に勉強に大忙しだと思います。体調を崩さないように、高校生活を全力で楽しんでくださいね。

 

さて、本日のブログは「二次試験対策・小論文編」、ということで、主に慶應大学や国立二次試験などで出題される小論文の勉強法についてお話しようと思います。

小論文でないよ!という人も、小論文の勉強法は国語の記述問題などでも広く応用できるので、きになる人はチェックしてみてください!

 

それでは、解説していきます!

Ⅰ小論文(記述)問題とはなにか?

そもそも、小論文ってなんでしょうか?

それは、今までのテストでは計れなかった思考力を試すために行われる科目の1つです!

センターはマーク式であったり(来年から記述も加わりますね)、二次試験でも選択問題がほとんどなので、受験者の学力の一面しか測ることができません。

小論文や、記述問題を取り入れることで、文章構成力や、読解力、理解力など普段は分からない学力を測ることができるのです。

 

そんな小論文・記述問題は、やはり今までの勉強では少し足りません。それに向けた対策が必要になります。

ですが安心してください!

小論文も、記述問題も、今までの勉強を基礎として成り立っています。今までの勉強の集大成としてチャレンジしてみましょう!

 

Ⅱ小論文・記述問題の勉強法

では、実際に勉強法を見ていきたいと思います。

普通の選択式問題と違って、記述問題はどうやって勉強するのか見極めることが難しいです。

そこで、3つのポイントに絞って説明します

 

①大学について知る

②過去問について知る

③とにかく演習!!

 

です!当たり前のことと思った方もいるかもしれません。そのとおりです!小論文や記述問題では、過去問対策にとって当たり前のこの3つをとにかく大切にする必要があります!

 

①大学について知る

入試問題は、それぞれの大学、学部が求める学生像にそって作られています。(僕の学部では、「問題発見・問題解決型人材」を求める!とHPで宣言しています)

大学のHPを覗いてみて、どんな学生を募集しているんだろう?と考えてみましょう!

ここを考えると、どんな問題が出るのかが予想しやすくなります!国語や英語の文章の内容がそれにそったテーマになっていたり、特に小論文では、ここで考えた内容がストレートに問われます!

 

②過去問について知る

東進では、たくさん過去問をしますが、それは過去問に触れることで入試の傾向を押さえることを目的にしています!

小論文や記述問題では、答えが決まってないから過去問の重要性が低く見られがちですが、そんなことはありません!

小論文や記述こそ、過去問をすることで点数を伸ばすことができます!

どんどん過去問をして、先生や東進で添削してもらいましょう!僕も見れます!!

 

③とにかく演習!

過去問に限らず、演習をどんどんこなしましょう!

記述問題は今まで触れてこなかった人も多いと思います。慣れていない問題形式だと、なかなか点数を伸ばすことは難しいですよね。

受験生は単元ジャンル別や過去問データベースを駆使しながら、様々な大学の記述問題や小論文に挑戦してみましょう!!

 

どうだったでしょうか?今までマーク式に慣れていると、最初は誰でも苦戦すると思います。

ですが、しっかりと対策を積んで、演習に取り組めば、自ずと成果は付いてきます!

怖がらずに一歩、挑戦してみましょう!

 

明日9月17日の東進ハイスクールは全校舎休館日です!ご注意を!家や図書館で自習を進めてくださいね。

 

あさってのブログは田中担任助手の、「二次試験対策・社会編」です!

慶應義塾大学法学部の先輩は、どのように対策していたのでしょうか・・・?お楽しみに!!

 

 

 

2019年 9月 15日 今週の高3生MVP!

※明後日9/17(火)は休館日のため終日校舎が利用できません。

 

こんにちは、慶應理工2年の中村です!!

一昨日から長袖を着て外出してます…

夜は寒いので体調管理をしっかりしましょう!!

 

今日のテーマは『高3生MVP』です。

今週のMVPは・・・

今週は登校数、受講コマ数、向上得点それぞれ上位の人が違ったので悩んだのですが、Y・M君は校舎で見かけたときの頑張りがとても印象的であったので選ばせて頂きました!!

 

高3生はセンター試験本番まで残り約4ヶ月です。

今まで部活や文化祭体育祭などひとそれぞれ本気でやってきたものがあると思いますが

それらを含めてこの4ヶ月~半年が人生で1番頑張りきれたと思えるように一日一日を過ごしてほしいです。

頑張っていきましょう!!

 

明日のブログは高瀬担任助手で『二次試験対策・小論文編』です。

明日もお楽しみに!!

 

2019年 9月 14日 今週の高1.2生MVP!

こんにちは!

明治大学理工学部2年戸田夏希です!

 

数日前と打って変わってかなり涼しい日々が続いていますね…!

過ごしやすくていいなと思う反面、このような時期が一番体調を崩しやすいと思うので、体調管理もしっかり行っていきましょう。

 

さて、今日のブログテーマは1・2MVPです。

早速発表します!!!

今週のMVPはT.Rくんでした

グループミーティングでもお伝えしている通り、低学年のみなさんの次なる目標はセンター同日体験受験です。

そこで目標点にたどり着くために必須なのがマスターです。

マスターは基礎力の強化に繋がるので、基礎の部分を問うてくるセンター試験にはもってこいなんです。

 

もうマスター完修しているよ!という人は是非メンテナンスとして、少しでもいいので毎日トレーニングを続けていきましょう。

そして、まだ完修していないマスターがある人!!!完修するなら今です!!!

校舎でもマスター完修のためにみなさんをバックアップします。

ぜひトレーニングを続けて完修をし、センター同日で目標点突破を目指しましょう!!!

 

明日のブログは中村担任助手による、高3生MVPです!

高3生の人、要チェックですよ~!