1月 | 2019 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 2019年01月の記事一覧

2019年 1月 31日 毎日登校のスゝメ

こんにちは!首都大学東京人文社会学部1年の山口です。

 

明日から本格的に受験が始まる人も多いと思います。

気負いすぎず全力を尽くしてきてください!焦ったときは深呼吸!です!

また、今日から明日にかけて雪がふることが予想されるので余裕をもって行きましょう!

 

さて、今日のテーマは”毎日登校”ということでさっそく書いていこうと思います。

 

毎日登校にはたくさんのメリットがあります。

 

 

一つ、勉強の習慣化

一つのことを続けると習慣として身につけることができます。

今のうちに勉強の習慣をつけておくと、受験勉強をいざ始めるときにスムーズにかつ着実に進めることができます。

 

 

二つ、情報の収集

校舎には現役大学生である担任助手がいます。

自分の志望校に通っている人から実際に話を聞いたり、さまざまな大学の情報を得たりすることができます。

 

 

三つ、ライバル

皆さん、校舎にある”かわらばん”は見たことあるでしょうか?

校舎にはコマ数や向上得点、マスタートレーニング数などさまざまなランキングがあります。

 

・・・ランキング、のりたくないですか?笑

 

自分のGM以外にもライバルがいると勉強のモチベーションがあがります。

毎日登校してランキングにのりましょう!!

また、ランキングをみて自分のライバルを作りましょう!

 

 

まずは1週間毎日登校してみましょう!

 

 

明日、2月一発目のブログは相原担任助手“担任助手になった理由”です。

気になりますね・・・。必見です!

2019年 1月 30日 数学は「○○を動かさないと伸びない!」 ~いとなお編~

こんにちは!明治大学総合数理学部ネットワークデザイン学科の伊藤直樹です!

僕は今大学3年生なので就職活動真っ只中です!

就職活動をしてて一番思うのは「受験のときと似てるな」ということです。

今までやったことのないことを頑張ってみて初めて自分の深層心理に気付くこともあります。

みなさんにはまだ分からないかもしれませんが目の前のことにこれ以上なく一生懸命になることは必ずこの先の自分の力となり励みとなり基準となると思います。

まずは受験を頑張ってみましょう!

 

今回は「数学」についてです!

数学といえば皆さん、先週のセンター試験同日模試はどうでしたか?

同日となるとまだ自分の勉強してる範囲がセンターの範囲に追いついていない、という方もいたと思います。

その人は点数は全くとれなかったのではないでしょうか?

まぁ、それは当然といえば当然ではあるのですが

範囲をすべて終えてそこそこ勉強をしているはずなのに点数がとれなかった方もいたのではないでしょうか?

その人に聞きます。なぜだと思いますか?

おそらく多くの人に当てはまるのその問題の答えは「演習不足」かと思われます。

公式の意味はもちろんそのやり方を何故使うのかの意味、数学に対しての相当な深い理解がないと問題を完答するのは難しいのではないでしょうか?

それに対し、やり方を授業で習っただけ公式を覚えただけじゃ歯が立たなくて当然かと思います。

 

では数学はどのように勉強すればよいか。

まず手を動かしてください!!

公式が頭に入っているだけでは応用問題は解けなくて当然です。

例題をみて、その解き方をみて、類題を解く

この繰り返しによって公式の本質的な意味が分かり、少し変わった部分に対しても対応ができるようになっていくのです。

それでは問題集を買いましょう!という前に、東進生にはとっておきのツールがあります!!

【数学計算演習】です!

数学計算演習は東進生はおなじみマスターの数学版ですが、なんととりたい点数でレベル分けがされています!

通常の数学計算を完全修得するとセンターで平均6割がとれるようになっており

レベルはだいぶ上がりますが数学計算演習上級編を完全修得するとほとんどの人が9割を超えた点数をとっています!

さらに単元別に分けられているため

「場合の数が苦手だな、、ここだけでも6割とりたいな、、」という人は通常の計算演習の場合の数と確率を

「微積分は9割近くとっておきたい!」という人は上級編の微積分をやる。なんてこともできます!

ほとんどの人がとっているであろう高速基礎マスター講座をとっていればできます!

問題集でも問題ありません、が

まだ問題集をまだ買ってない

目安の点数をとりたい

ここの分野は頑張りたい

などあったらぜひ数学計算演習をやってください!

 

明日のブログ担当は山口担任助手で

テーマは「毎日登校のススメ」です

お楽しみに!

 

 

 

 

 

2019年 1月 29日 高速基礎マスターの活用術!

こんにちは!

明治大学理工学部石坂です!

受験生はいよいよ私大本番ですね!ちょうど3年前のこの日、私大の入試一発目でした。

初陣の緊張と過去問と違う出題形式に、本来の力を発揮できなかった悔しい想いを今でも鮮明に覚えています。

みなさんも様々な外的要因から本来の力を発揮できない場面にぶち当たる瞬間があると思います。

 

苦い経験をした私から言えることは、その場面を事前に想定しておき心の準備をしておくこと。

そして、もしも想定外の状況に追い込まれてしまったら、気持ちを割り切ること。

競争相手はみな、あなたと同じ高校生です。あなたが追い込まれているなら、周りの大多数も追い込まれています。

不安にならず、気持ちを割り切って自分の解ける問題を確実に正解していきましょう。

力の発揮できない状況でも、自分のベストをつくせば大丈夫!それが受験勉強を後悔しないヒントになると思います。

 

さて、前置きが長くなりましたが今回は新高3~0向けに高速基礎マスターの学習方法について紹介していきます!

まず高速基礎マスターに苦戦しているみなさんにお伝えしたいことは、、、

短期集中で覚えろ!

このひとことです。

それを伝えるため、下記の私の高速基礎マスターの完修歴をご覧下さい。

ここで英単語センター1800文法750開始日から完全修得日に注目してほしいと思います。

英単語センター1800はめちゃくちゃ時間がかかっているのに対して、文法750は1ヶ月半で終わらせています。

(※熟語、基本例文、上級英単語の開始日も間が空いていますが、やりたいと思ったときにすぐできるように前もって申請していた日にちです!実際は全て1ヵ月ほどで終わらせています!!)

英単語と文法に難易度の差はありません。(むしろ文法のほうが若干難しいかも・・・?)

この2つの違いはなぜ生まれたか?

それはマスターの使い方にありました。

単語のときは1単語ずつ時間をかけて丁寧に覚えていくような勉強法をしていました。しかし、それだと1800語目にたどり着くときには2ヶ月近くかかり、最初の1単語目を忘れていても仕方ない状態でした。

つまり、勉強の質ばかりに固執して、

忘れる量 > 覚える量

となっていたのです。これではいつまで経っても単語を覚えることはできないですよね笑

 

そして年度が替わるとき、もう受験生であり、このままではダメだという危機感から勉強法を大胆に変えることにしました。

内容としては1日に全ステージ網羅する超短期集中型でした。たしかにこれでは、1単語あたりの質は落ちますが【忘れる量 < 覚える量】となり、日を増すごとに覚えている単語が増えていきます。

しかも、幸いなことにマスターは8択で、多少うろ覚えでも正解し進むことが出来ます。

このやりかたが功を奏し、英単語マスター1800のみならず、熟語、文法を完全修得までにたどりつくことができました。

しかし、こんなことを思う人がいるかもしれません。

「うろ覚えなら、実際のセンター試験で使えないじゃないか!」

たしかにその通り!試験で点数をとるためには、一度うろ覚えで得た単語を選択肢無しで完璧に答えられるような勉強が必要になります。

ここで、質をあげるという勉強法がでてきます!

やっていて体感することですが、0から単語を完璧にするよりも、一旦全てうろ覚えで修得しその後で単語を完璧にするほうが、労力が圧倒的に少ないことに気付きます。

つまり、最初の入り口としては、

どんな形でもとにかく覚えて完修しよう!

ということなのです。

この経験をすれば、どんな暗記物も効率よく脳に定着させることができると思います。

実際にこの経験をした私は、単語1/20 → 熟語2/11 → 文法3/15約2ヶ月単熟文を完修しています。

つまり今から本気になってマスターをやれば、どんな状況でも3月末までに文法を完全修得できるということです。

今もしも画面越しの君が

「マスターやんなきゃ・・・」

と少しでも思っているなら、今すぐこのブログを閉じて、短期集中で完全修得を目指して下さい!

その行動が習慣を変え、成績を変え、そして合格につながるきっかけになります!

文法750の完全修得の期限は3月末です。今から本気になって短期集中で頑張りましょう!

 

明日のブログは伊藤直樹担任助手による数学計算演習のススメです!お楽しみに!

 

2019年 1月 28日 学校・部活・毎日東進!

こんにちは、

東京学芸大学2年生 吉野克哉です!

 

あれ、今日は市岡孝太担任助手がブログじゃないの?

と思った方いるのではないでしょうか?

 

市岡担任助手は大学のテストのため本日はお休みなんです!

実は大学生は今、テストシーズンを迎えていてかなり忙しいんです汗

大学生になってもテストは超・大事なんです!!

ぜひ良い点数を取ってほしいですね!!

 

さていきなりですが東進生のみなさん、

1週間に何回東進に行って勉強してますか?

 

毎日行ってる人、

テスト期間は東進に来て勉強する人、

グループミーティングに参加する人

それぞれだと思いますが

 

今日私はみなさんに

毎日東進に来て勉強すること

を勧めたいと思います!!!

 

少し私の話をさせてくでさい。

私は高校ではハンドボール部に所属していたのですが、月曜日以外の平日は19時まで土曜日曜日は朝9時から14,15時ぐらいまで練習があったので家に帰ればすぐ寝ていたのを覚えています(笑)

 

なので高校生の時に家や図書館で勉強する習慣はありませんでした。

 

そんな私が変わり始めたのは高校2年生の冬でした。

 

そろそろ本格的に勉強を始めないとやばいなと危機感を感じ、

通っていた東進ハイスクール新百合ヶ丘に

7限に受講予約をいれて、

人が変わったように毎日行くようになりました。

 

割と冗談なしに毎日東進にいくと

「あれ、自分勉強してて偉いな」と思うようになり

受講するのが楽しくなってきたんです。

 

そのころから本格的に勉強に対して向き合うようになり

毎日続けることが習慣化してきました。

 

確かに毎日東進にきて

受講ないし勉強するのは慣れるまでは嫌ですよね。。

その気持ちすごくわかります。

僕も嫌でした(笑)

 

でも家では勉強しない人だったので

毎日東進にきてとにかく部活後は頑張ろうと決めていました。

 

毎日東進にきて勉強すると

①成績が伸びる

②周りの人が頑張っているから自分も頑張らざるを得ない

③だんだん勉強が楽しくなってくる

 

3つのメリットがあると思います。

 

なので今、毎日東進に来て勉強する習慣がついていない生徒は

まずはぜひ1週間で良いので東進に来て勉強してみてください!

 

それがいつの間にか習慣になっていて

気が付けば東進に毎日来るのが

当たり前になっていると思います。

 

そしていつの間にか成績も伸びていて勉強楽しくなってきますよ!

 

学校・部活・毎日東進!!

校舎でお待ちしております一緒に頑張ろう!!

 

明日のブログは

石坂担任助手による

高速基礎マスターのすゝめです。

 

おたのしみに!!!

2019年 1月 27日 新高3生 MVP!

 

 

こんにちは!

法政大学社会学部1年の井上爽香です!

 

最近風邪が流行っている様ですがみなさんは大丈夫でしょうか??

しっかり睡眠をとり、ご飯をよく食べ、規則正しい生活を送りましょう

 

さて!本日のテーマは新高3生MVPということで!

早速発表していきたいと思います!

今週のMVPは、、、

 

はい!大久保友佳さんです!

大久保さんの今週1週間の向上得点はなんと

32.4点でした!!!素晴らしいですね!

 

皆さんも聞いたことがあるとは思いますが、

向上得点1点 = センター試験本番での1点

にあたると言われています!

 

向上得点を取るために勉強するというわけではありませんが、

確認テストや修了判定テストを受ける際は一発でSS判定を出し、

向上得点を取ることを必ず意識しましょう!

そのためには受講をしっかりと集中して受け、

受講中に覚えられることは全て覚えてしまうことが重要です。

 

また、大久保さんはマスターを熟語まで完全修得しています!

センター同日までに完全修得することが出来なかったという人は、

3月末を目標にトレーニングを進めていきましょう!

 

それではこの辺で終わりにしたいと思います(^^)

明日のブログは市岡担任助手による「毎日登校のススメ」です!

お楽しみに!