明日模試を受けるみなさんへ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 8月 25日 明日模試を受けるみなさんへ

 

こんにちは!慶應義塾大学文学部1年の是澤理秀子です。

夏休みも終わりに近づき、明日はいよいよ8月模試ですね。

ということで今日は、明日模試を受けるみなさんに、心構えや意識してほしいことなどをお伝えしたいと思います。

 

今日はよく寝ること

模試前日の夜になって、まだ完璧じゃない単元が気になってきたり緊張したりして、寝られなくなる人も多いと思います。

でも、ゆっくり体を休めて万全の状態で今の実力を発揮するために、いつも通りの勉強をして、夜はしっかり寝てください。

目覚ましをかけるのも忘れずに^^

 

緊張を楽しむこと?

高3生にとって、8月模試はセンター本番と同じくらい大切な模試です。

もちろん、緊張せずに受けられる人はいつも通りに実力を発揮して頑張ってほしいですが、大半の人は「頑張らなきゃ」いう気持ちが強くなるほど緊張すると思います。

でも、緊張するのは本番も同じです。

「今のうちから緊張を経験できてよかった」と切り替えて、思いっきり緊張して、その緊張状態を楽しみながら受けてきてください。

 

本番と同じように受けること

模試は本番のように、本番は模試のように”という意識を持ってください。

私は模試の日の昼食は毎回同じものを食べて、休憩時間もいつも同じ音楽を聴いていました。

本番に「いつもの模試と同じように頑張ればいい」と落ち着いて臨めるように、模試では本番を意識して受けるようにしましょう!

 

夏休み頑張ってきた成果が出せるかどうか、不安な人も多いと思います。

でも、8月模試が全てではありません。夏休みにみなさんが頑張ってきたことは絶対に無駄にはなりません。

だから安心して、今の実力を出し切ることだけを考えて、受けてきてください。

自分はどこができるのか、合格するにはどこを強化すればいいのか、それを明確にして、9月につなげられるようにしましょう!

応援しています。

 

明日のブログは大谷担任助手「自己採点はなぜ重要か」です。

模試後に是非読んでください!