ブログ | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ 2022年08月の記事一覧

2022年 8月 31日 夏休み明けの過ごし方!!

 

皆さんこんにちは、明治大学商学部一年の西川です!

 

ほとんどの人が夏休みが終わり、学校が再開したと思いますがどのようにお過ごしでしょうか。今日は、夏休みを終えてからの学習や過ごし方について書いていきたいと思いますので、ぜひ最後までご覧ください!

 

まずは具体的な話になりますが、明日9月1日から始まる単元ジャンル別演習に取り組みましょう!これは、皆さんがこの夏に頑張った、過去問演習や模試をAIが分析し、苦手な部分を重点的に学習できるものとなっています。単元ジャンル別演習を始めるには、共通テストの過去問、二次私大の過去問をそれぞれ五年解き終えていることが条件となっています。もしまだ終えていないという人がいたら、早めに取り組めるように過去問演習を頑張りましょう!

 

次に私がどのように勉強していたかについて軽く書いておきたいと思います。ずばり、私は問題を解きまくっていました!私は勉強のスタートが少し遅く、正直に言うとインプットが確実なものとはなっていませんでした。ですが、時期的にも参考書を眺めているだけでなく、問題を解いた方がいいと勝手に判断しました。復習をする中で覚えていくのが自分には合っていたのかなと思いました。

 

ここから繋がっていくのが、復習をしっかりすることが大切ということです。単元ジャンル別演習や過去問演習などこれから多くの問題に触れることになると思いますが、ただ解くだけ計画通りにうまくいった人、そうでない人、8月模試の点数が良かった悪かったなど様々だと思います。自分の勉強を振り返り、これからの勉強に活かしましょう。

 

夏の勉強の成果が出るのは冬、受験本番です。今あまり点数が伸びないと悩んでいる人も、コツコツと勉強を続けていきましょう!

 

また、明日から時間割が通常に戻ります。間違えないようにしましょう。最後まで見てくれてありがとうございます。

 

明日のブログは森永担任助手です。ぜひご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年 8月 30日 東大生が斬る!夏休み明けの一日の過ごし方(低学年)

 

立秋とは名ばかりの猛暑が続きますが、みなさんお変わりございませんか?

どうもこんにちは、東京大学前期教養学部文科Ⅱ類の松田慧大です!!

私事ではありますが、本日11時に進振りの第一段階の発表があり、わたくし松田、東京大学経済学部への進学が決定しました㊗

一時は留年の危機!?にも見舞われましたが、早めに進学先が決まってひと安心です。

さあ、わたくし個人の話はここまでにして、本日のテーマ、

「夏休み明けの1日の過ごし方(低学年編)」

となっております。

ということで、わたくしが低学年の生徒だった頃の夏休み明けの1日のスケジュールをざっと紹介したいと思います!

 

06:00 起床

0630-0750 登校

0750-0830 文化祭準備

0830-1600 授業

1600-1830 部活or文化祭準備

1830-2000 下校

2000-2130 夕飯、風呂など

2200 就寝

 

こんな感じです!

自分の通っていた都立国立高校は文化祭が非常に盛んで、夏休みもほとんど毎日学校に行き、朝から晩まで文化祭準備をしていました。

文化祭本番が9月の半ばなので、夏休み後の1か月は基本的にこんな感じの生活が続いていました。

ここで皆さんにも是非取り入れてほしいポイントが3つあります!

 

たっぷり睡眠をとる

皆さんは普段どのくらい睡眠時間を確保できているでしょうか??

ある調査では日本人の平均睡眠時間は7時間半、欧米人の平均睡眠時間は8時間半ほどというデータがあります。

日本人はどうも睡眠を軽視する傾向にあるようです。

しかし、睡眠を軽視することは日中の活動の生産性の低下を招き、人生の質の低下に直結してしまいます。

実際、私の東大の友達で睡眠時間が8時間を切っている人はほとんどいません。

「勉強ができる人ほどたくさん寝ている」というのはホントっぽい気が個人的にはしています。

登下校中の暗記

自分の低学年時の学習の95%は電車の中でした。

電車の中ではスマホをいじってしまったり、友達と談笑という人がほとんどだと思います。

自分の場合は家が遠く、同じ方面にほとんど友達がいなかったため、3年間ほぼ毎日往復3時間の電車学習を続けていました。

おかげで暗記物は3年生になる前にほぼ終わっていたのでスムーズに演習に入れました。

是非こういったスキマ時間を活用してみてください!!

今しかできないことを楽しむ

高校生は部活や行事などたくさんのやりたいことがあると思います。

そんな中で学習が後回しになってしまいがちになるのはある程度しょうがないことだと思います。

「勉強しなきゃ」と焦る気持ちもあると思いますが、今しかできないことを存分に楽しみましょう!

大学生になると、高校生の時のように部活や行事に打ち込むことはなかなかできません。

なので一度きりの高校生活を本気で楽しんでほしいです。

部活や行事に本気で取り組んだ経験は、必ず大学受験そして将来に役立ちます。

学習するときと、高校生活を楽しむときのメリハリをしっかりとつけていくのが大切です。

 

以上3点でした。

参考になる部分があれば嬉しいです!

 

西川担任助手の「夏休み明けの1日の過ごし方(受験生編)」です!

お楽しみに!!!

2022年 8月 29日 夏休み終盤何する?


あれ?金曜日も書いてなかった?と思うかもしれないですね

まさかの直近で2回書くっていう新鮮味がないかもですが

最後まで読んでいってください

ということで今日のブログテーマは

夏休み最後の追い込み方法(受験生ver.)

です!

みなさん夏休みは15時間勉強できましたか?

人によってできたできなかったなどはあると思いますが、

悔やんでいても仕方ありません

なので8月残り少しですが、有効に使っていきましょう!

ということで、これから進捗毎に追い込み方法を

書いて行こうと思います!

共通テスト・2次過去問共に5年分以上終わってる人

みなさんこの時期までに両方5年分以上終わってることは素晴らしいことです!

しかしここまで順調でもここからが大事になってきます!

まだ過去問を100%終わっていない人は夏休み残りで残っている

過去問を終わらせることが大事になってきます!

学校が始まると思うように時間が取れなくもなるので

今のうちに終わらせちゃいましょう!

また過去問両方100%終わったよって人は、過去問をやった事により

自分の弱点がわかったと思うので、受講の復習などの東進コンテンツによる復習や、

自身の教材を使って復習することをおすすめします。

また他には併願校の過去問を取っている人などは

それをガンガン進めることも1つの策です!

共通テスト・2次過去問のどちらかが5年分達成してない人

9月から単元ジャンル別演習を始める人が多いと思いますので、

それを始めるには両方の過去問を少なくとも5年分

終わらせなければ始められません!

なので単ジャンをなるべく早く終わらせられるように残りの夏休みで

過去問を両方5年分まで終わらせることが第1の目標になってきます!

残り少ししかないですが、自分の出来る限りを尽くして

過去問を進めることをおすすめします!

また単ジャンを始める以外にも過去問を両方5年分を終わらせることは、

自身の今後の勉強の計画立てに大きく影響してきますし、

傾向を掴んだり、苦手がわかってくるのが5年分なのかなと私は考えていますので、

まずは5年分過去問を両方やってみて、その後に自分自身や、

自分自身で出来ない時は他人の力を借りながら勉強の計画を立てることを

おすすめします!

そこで過去問を終わってない人向けに東進新百合ヶ丘校では

明後日

 

8/31(水)8:00~: 過去問の追い込み演習会

@一号館自習室

が行われるので、

夏休み最後の追い込みとして過去問両方5年分終わっていない人で、

時間が合うならば、この演習会に出ることをおすすめします!

 

ということで、書いてきましたがこれはあくまで一般論であるので、

一人ひとり残り少ない夏休みを駆け抜けていければなと思っています

その中で私の意見を参考程度にしてくれたら嬉しいです!

明日のブログは 

松田担任助手  による

夏休み明けの1日の過ごし方です(低学年編)

 

ぜひ、東大生の書くブログをお楽しみに!

 

また明日

朝の8時より一号館自習室で

朝カコ

が行われるので是非参加してください!!

 

2022年 8月 28日 夏休み明けこそ勝負!!!

こんにちは!北里大学医療衛生学部医療検査学科3年の、原田百合愛です。

もう8月も終わりますね、なんとなく涼しくなってきた気がします。これから雨が続くようなので、気分は下がりますね…!

 

さて、夏休みが終わって、学校が始まった人も多いのではないでしょうか!久しぶりの学校、是非楽しんでください!!

特に高3生の皆さん、勝負の夏休みと言われるこの約2ヶ月間、いかがでしたか?

東進では一日15時間勉強をしよう!というのが毎年の目標ですが、達成できましたか?

15時間近く勉強時間を確保するのはなかなか難しいですよね、、しかし、達成した人も多くいるみたいです!

達成できなかった人は、9月以降、足りなかった分を巻き返していきましょう!

ということで、今日は「夏休み明けの一日の過ごし方(受験生編)」についてお話ししたいと思います!

 

まず、夏休み明けというのは今まで一日中フリーで自分のスケジュールで勉強を進められていた状態から、学校の授業が始まり、さらに文化祭などの行事などで、本来の計画とずれが生じてしまうことがあると思います。

そのため、一日の予定を時間ごとに細かく決めておくことは、良いことである反面、学校などで時間がおした時に、すべての予定が狂ってしまう、なんてこともあると思います。

そこで、私がおすすめしたい方法は、今日やりたいことリストのような感じで毎日のやりたいことを箇条書きみたいな感じで決めておき、できたものにチェックするという風に進めることです。

そうすることで、〇時からこれやる予定だったのに、出来なかったどうしよう!ということが無くなり不安が軽減され、今日は勉強の始まりが遅くなってしまったけど、片付けられるものからまずはやろうと落ち着いてできると思います。

 

学校が始まってからは、夏休みまでと同じように、とはいかないと思うので、学校終わりなど少し疲れているときに残っている受講を受けて、午前授業の日などの余裕があるときに過去問や苦手な科目の演習に時間を割くというような、工夫した勉強スケジュールを組むようにしましょう!

 

明日のブログは、菊池担任助手による「夏休み最後の追い込み方法(受験生編)」です!

お楽しみに!!

※明日は自習室18:00~19:30が使用不可です。

2022年 8月 27日 山田が東進新百合ヶ丘校に入った理由

皆さんこんにちは!早稲田大学創造理工学部1年山田啓介です。

共テ模試から約1週間が経ちました!皆さん復習は進んでいるでしょうか。模試の復習に関しては過去に村井担任助手岡島担任助手がブログを投稿しているので是非そちらも覗いてみてください!

愛と復習

8月模試で一番大切なのは・・?

では、今日のテーマに行きましょう!

”山田が東進新百合ヶ丘校に入った理由”

僕が東進に入った理由は主に2つあります。

(1)僕は高校と自宅が遠く、また部活動や体育祭などの学校行事が盛んな高校に通っていたため、自宅受講など自分の都合に合わせて勉強できる東進がとても魅力的であったというのが大きいです。

(2)1つ上の部活の先輩が東進に通っていて、その先輩からの勧め。

 

続いて僕が東進の”新百合ヶ丘校”に決めた理由です。

僕の学校は藤沢市にあるため東進に決めた後

藤沢校・湘南台東口校・新百合ヶ丘校

の三校(全部ハイスクール)から選択しなくてはなりませんでした。全校舎のメリット・デメリットを挙げると、藤沢校と湘南台東口校は学校から近いこともあり友達が多かったり、高校の先輩で担任助手をやられている方もいて、高校の特色に合った勉強ができる。また学校から近いため部活後や平日の勉強時間を十分に確保できること。しかし、自宅からは遠いので帰宅が遅くなるのと、夏休みなどの長期休暇や休日に校舎に行くのが大変というのもありました。新百合ヶ丘校はこれらが全て逆なんですよね。これら全てを吟味した結果、受験期は殆ど高校に行くこともないだろうと思い、新百合ヶ丘校にしました。また僕が東進への入塾を考えていた時、ちょうどコロナの感染が拡大していた頃(2020年3月)だったので電車に乗りたくないというのもありました。

いかがでしたでしょうか。自分自身このブログを書いていてすごく懐かしい気持ちになりました笑

明日のブログは原田担任助手

”夏休み明けの一日の過ごし方(受験生編)”

です。おたのしみに~!!