部活と勉強の両立 村井皇樹 | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 6月 27日 部活と勉強の両立 村井皇樹

 

こんにちは、慶應義塾大学商学部一年生の村井皇樹です。

 

7月が近づき、目を閉じて耳を澄ませば海の音が聞こえてくるようになってきました。梅雨も明けてこれから暑さも本格的になると思うので、今年はタンクトップに挑戦してみたいと思います。

 

今日のテーマは「部活と勉強の両立」です。

部活の大会があって模試が後日受験までも受けられないとか、部活で疲れて受講する集中力が続かないとかそういうことだと思います。あとは部活の引退が遅くて夏休みも多くがつぶれてしまうとかそういうこともあると思います。

この悩みの完全な解決策を提示することはできませんが、言いたいことは「今の状況を受け入れよう」ということです。部活を辞めれば勉強できる時間が増える、でも部活はやめたくない。部活がなくなれば沢山勉強できる、でも部活はやめたくない。このようなことに長い間悩んでいる方はいませんか?

このようなことにずっと悩んでいるのはとてももったいないです!!!

部活を辞めたくないのならば、辞めなくていいです!最後までやり切りましょう!!

そして、部活はやめないのだからいつまでも時間が無いという部活生としては当たり前のことに悩むのはやめて、自分が今持っている時間の中で最大限できる勉強計画をたてて必ずそれを実行しましょう!!

 

部活をやっている人は部活をやっていない人よりも時間が無い。そういうものです。そう割り切ることが早いうちからでき、その中で自分が出来うる限りの努力をしようと決意することができれば、もはや部活生というハンデは無くなり、立派な受験生となることができると僕は思っています!!

もちろん、残された時間を有意義に使えるように、体調管理は徹底して、疲れがしっかり取れるよう睡眠もきっちりとるなどしましょう!!

 

いかがだったでしょうか。部活をしっかりやっても疲れない、睡眠時間が無くても眠くない、などの秘策はありませんが、言いたいことは、「時間が無いことは早めに割り切って、自分が持っている時間を最大限使う努力をする」ということです。

僕も部活生時代は勉強ができないことを部活のせいにはせず、自分が自分の時間を上手く使えていないから、と思うようにしました。そのようにすれば部活が嫌になることもなく全力で受験に臨めると思います!!

参考になればいいなと思います。

 

部活を全力でやり切って、勉強も全力で成し遂げましょう!!!

 

次のブログは三輪海斗担任助手の「苦手分野を克服する方法」です。是非ご覧ください!!