自己採点はどうして大事なの? | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 6月 9日 自己採点はどうして大事なの?

こんにちは!!

青山学院大学社会情報学部

佐田佳純です!

 

本日は全国統一高校生テストですね!

みなさん受験おつかれさまでした。

自分の実力は十分に発揮できたでしょうか・・・!?

 

そしてみなさん必ず模試の会場で必ず”自己採点”をするようにアナウンスされると思います。

ではなぜその自己採点が大切なのかお話したいと思います!

 

?自己採点しなくても成績表が出るのにな・・・?

普段の模試の場合、受験して1週間~2週間で受験票が返却されると思います。

しかし!!!!

実際のセンター試験の場合、成績表は希望した場合のみ、4月くらいに返却が行われます。

そのため、自己採点をしていないと、受験真っ只中のとき、

自分の点数がわからない

という状況になってしまいます。。。

 

たとえば国公立を第一志望の方はセンター試験の点数を元として最終的にどこの大学を受験するかを決定します。

なので自己採点がないと志望校の最終決定ができません。。

国公立を受験しない場合も点数によってはセンター利用をする方が多いと思います。

その場合もどれくらいの点数をとれているかが目安となります。

 

なので自己採点は絶対に必要な欠かせないものです。

 

?本番だけ自己採点すればよくない?

英語など選択する際に問題用紙にもう丸をつけるから、本番でも自己採点できるし・・・

私も最初はそのように考えていました。

しかし、数学などでは意識して記入しなければ、すべての解答が問題用紙に記入されていることはまず無いと思います。

また、英語やその他の科目に置いても本番は時間がたりなくなりようで、焦ってしまい、解答を問題用紙に残し忘れることがおこる可能性があります。

そのため、本番緊張したり、焦っているときでも、普段の模試から自己採点をすることで、自然と解答を書き込むことが出来ます。

癖付けしましょうね!

 

?そのほかにいいことはあるの?

模試の自己採点をすることでいいことは他にもあります!!

模試の成績表が帰ってくる前に自分で採点をしていただくとすばやく復習することが出来ます。

記憶が新しい方が復習しやすいですし、何より時間が経てば立つほど、復習が面倒に感じてしまいますよね・・

すばやく行いましょう!

 

模試は受けることは大前提で、受けたあとが何よりも重要になりますので、きちんと復習しましょうね!

 

明日のブログは塩飽担任助手による模試の復習法(文系編)です☆

お楽しみに!