法学部生が頑張っていること | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 10月 19日 法学部生が頑張っていること

こんにちは!慶應義塾大学法学部法律学科1年田中祐大です!

最近肌寒い日が続いていますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので受験生は特に気をつけてください!

さて今日は僕が大学でがんばっていることについて話したいと思います!

 

頑張っていること① スペイン語

「法学部なら法律の勉強とかじゃないの」と思う人もいるかもしれませんね、もちろん法律の勉強も頑張っているのですがスペイン語の勉強にも力を入れています!

スペイン語の授業は1クラス30名程度の少人数制で、週に2コマあるためしっかり勉強することが出来ます!

スペイン語は文法が英語に似ていて、さらに発音も他の言語に比べて平易なため「英語以外の言語もマスターしてみたいなー」と考えてる人はオススメです!

さらにスペイン語を母語としている人の数は世界で英語、中国語、ヒンディー語についで第4位のため海外旅行の際に役立つかもしれませんね!

ただスペイン語によって名詞や動詞、形容詞の形が変わるためその点でいえば少し大変ではあります。。

 

頑張っていること② 憲・民・刑

これは憲法・民法・刑法のことで法学部内では主に憲・民・刑と略されていてそれぞれ週に1コマずつ講義があります。

その中でも僕が特に関心を寄せている法律は刑法です!

最近の講義では「正当防衛」について学びました!

誰もが一度は聞いたことのある語ですが、全ての防衛行為が法によって守られるわけではないことを実際の事件を交えて勉強することがとても楽しいです!

法学部以外でも一般教養科目として法学を履修できると思うので大学入ったら履修してみてはいかがでしょうか??

 

明日のブログは外山担任助手の「読書のすすめ」です!お楽しみに!