模試がうまくいってウキウキな君へ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 8月 27日 模試がうまくいってウキウキな君へ

こんにちは、田中です。

本日のテーマはずばり”模試“です。

昨日は受験生にとってビッグイベントである8月模試が行われたわけですが、結果はいかがでしたでしょうか??

今日のブログは模試がうまくいった人向けです。

まずはよくがんばりましたおめでとう!夏の気の遠くなるような努力がきっと実を結んだのでしょう!

さて第一目標をクリアしたキミに待っている次の目標は、、そうもちろん第一志望校に合格することです!

ということでここからは第一関門を突破したキミへ過去問を解いてみることを強くすすめます!!

過去問を解く意味とは・・・?

 

①レベルを把握できる

受験のコツはまず”敵を知る”ことです。

当たり前ですが、センターと二次・私大問題ではレベル・出題傾向ともに大きく異なります。

自分は初めて過去問を解いた時「英文がスラスラ読めないなぁ」「イディオムもっと覚えなきゃ」「日本史知らない単語ばっかり…」など思うことはたくさんありました。

その感じたことをもとに9月から過去問演習と並行して志望校対策を練ることで合格に一気に近づきます!

過去問はあくまで研究材料ですのでどんどん解いちゃってかまわないと思います!

 

②問題に慣れる

例えば英語で超長文問題が出題される場合、演習を積むことで本番では臆することなく臨むことができます。

もし問題を初見で解くとすれば、時間配分どうしたらいいだろう…など不安で仕方がないでしょう。

一度解いてみましょう!

 

 

最後に、模試がうまくいったキミへ”決してうぬぼれるな”と伝えたいです。

僕は実際に8月模試で目標点に達することができましたが、それで心の余裕が生まれたためか次の模試で大きく点を落としてしまいました。

受験はまだまだこれからです。ここで頑張れるか頑張れないかが勝負を分けるといってもいいぐらい大事な時期に入っています。

自分を変えられるのは自分しかいないのです。自分に負けないで最後まで走り続けてください!

応援しています。

 

明日のブログは山口担任助手による「模試でうまくいかなかった君へ」です。

是非見てくださいね。