日本史を得点源にしたいキミに!!【私大編】 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 9月 18日 日本史を得点源にしたいキミに!!【私大編】

皆さんこんにちは!!

慶應義塾大学2年田中祐大です。

今日は私大の日本史対策について話していきたいと思います!

意識するポイントという点においては、世界史選択者にも共通するところがあると思うので最後まで是非読んでみて下さい!

 

まず私大の日本史とセンター日本史では性質が大きく異なります。

例えば、、

①用語の記述を求められる

②「~を説明せよ」系の記述が求められる

③センターほど時系列問題が多く出されない(全部とは言えない)

④細かい知識が求められる

など違う点はたくさんあります!

 

センターに比べてハイレベルな私大日本史を攻略するための第一ステップとしては

過去問を5~10年分解いてみて各大学のクセを掴むことです!!

ex)

【発見】

慶應義塾大学→用語の穴埋め問題が多い

早稲田大学→出来事の内容を問う正誤問題が多い

 

【対策】

慶應義塾大学→一問一答でいう☆1orマニア向けの単語の出題が多い➡日本史用語集を中心に難単語までカバーできるようにした

早稲田大学→用語そのものより内容を問う問題が多い➡教科書をひたすら読む

 

僕はこのようにして大学ごとに自分だけの対策方法を考えていました!

ここでのポイントは【発見】→【対策】の流れです!!

 

第二ステップは対策の反復です!!!

ここで間違っていけないのは過去問はあくまで対策の材料にすぎず、何周もして答えを覚えたところでその問題が再度出る確率は極めて低いです!!

なので傾向を掴めたら対策を繰り返すことを強く勧めます!

この秋は限られた時間の中でどれだけのものが得ることができるかが最大のカギとなります。

残された時間を有意義に過ごしてください!

 

 

明日のブログは佐藤担任助手による「私の9月以降の勉強スケジュール(低学年編)」です!!

お楽しみに~