The last message from Takenaka | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 4月 8日 The last message from Takenaka

みなさんこんにちは! 慶應義塾大学理工学部2年生の竹中です。

すっかり暖かくなりましたね!麻生川では川に沿ってが綺麗に咲いていますね。

 

 

昨日、用事があったついでに目黒川の桜を見てきました。桜の名所ということもあり、美しい桜並木は多くの見物客でにぎわっていました。

 

 

やはり美しいものは疲れた心を癒してくれますね。絶えず勉強をすることも大切ですが、時には勉強の合間に、美に心をゆだねてみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

さて、タイトルを見て驚いた方もいるかもしれませんが、4月をもって担任助手を引退することになったので、本日のブログが私の最後のブログとなります

 

最後のブログでは、皆さんに伝えたいことを書きたいと思います。

 

私は皆さんに、「自身の価値を高め続けて欲しい」と考えています。

 

人の価値というのは簡単に定義できるものではありません。

人同士を価値で比べることは出来ません。

しかし、自分のことは、自分が一番知っていると思います。

そして、充実した人生を送れる人というのは、自身の中で、自身の価値を高めてきた人であると私は考えています。

 

 

受験の話をします。

 

受験生活を乗り越える上で、一番重要なことは勉強に対するモチベーションを保ち続けることだと思います。

そして、そのために一番効果的なのは、自分が大学に行く目的を考え、思い出すことだと考えています。

 

大学に行く目的は人それぞれだと思います。

希望する仕事に繋がる勉強をしたい。世界をもっと知りたい。あの教授の下で研究したい。多種多様な人と出会いたい。サークル活動をしたい。大学というコミュニティに所属したい。周囲に評価されたい。お世話になった人に恩返しをしたい。やりたいことを見つけに行きたい。

 

勿論、特定の大学でなくても出来ることもあると思います。

しかし、どうせ目的を達成するなら、よりレベルの高い大学、良い環境で成し遂げたほうが、必ず自身の価値を高めることができると考えています。

そして、その目的を大学で全力でやり通してこそ、自身のスキル・価値を高められるのだと思います。

一度しかない人生だからこそ、なるべく多くのスキルを身につけ、価値を高めることで、後悔しない選択を出来るのではないかと思います。

より自身を高められる大学生活を送るための準備期間こそが、受験勉強の期間であると思います。

このブログを読んで、大学に行く目的をもう一度考え、思い出して、今一度決意を新たにして、今後の受験勉強に臨んでくれると、嬉しく思います。

 

 

5月にはもう校舎には行かなくなってしまいますが、いつまでも皆さんの学生生活・受験生活を応援しています!

2,3月に皆さんの朗報を聞けることを楽しみにしています。

 

担任助手2年 竹中