8月 | 2019 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 2019年08月の記事一覧

2019年 8月 31日 前期修了式の様子!!!

皆さん こんにちは!

一橋大学 経済学部 に通う 塩飽正典です!

今日で八月も終わりですね。いや、時間がたつのはとても早い。

みなさんの夏もあっという間に終わったのではないかと思います。悔いの残らない夏だったでしょうか? 受験まであと六ヶ月! 悔いの残らない受験生活にしよう!

 

さて今日のブログのテーマは「前期修了式の様子」ということで

さて、本日は毎年恒例の前期修了式が行われました。

前期修了式とはなにか、というと

夏休み中に基礎の勉強を修了させて

明日にでも過去問演習をスタートできる

という状態になった生徒を表彰してその先の勉強へと向かわせるためのイベントです。

こういう趣旨なので参加条件なので参加条件があり

①受講を全て修了

②確認・修了判定テストすべて合格

③上級英単語まで完全修得

④センター過去問本試験八割実施

の四つです

上記の厳しい条件を突破した

十六名の生徒が本日自習室に集いました。

 

最初は表彰を行いました

次にテストを受けてもらいこれから解いていく過去問どんなものか、八月の勉強の成果の確認も含めて受けてもらいました。

最後に 佐藤尭彦担任助手から生徒への熱いメッセージを送ってもらいました

 

かなり厳しい内容にはなっていますが、参加生徒たちがこれから直前期に突入していくにあたりどのような気持ちで臨むべきかを話していました。

生徒の姿勢も非常に真剣でした

参加した生徒に話を聞いてみても

「これからもっと頑張ろうと思いました!」

といった声が多く聞かれました。

参加した生徒も参加できなかった生徒もまだまだこれからです。

「現役生は最後まで伸びる」

本当にその通りだと思います。ここから頑張るかどうかはあなた次第です。

合格に向けてさらに努力を続けていきましょう!

あしたのブログは 戸田担任助手による 高三MVP です!

おたのしみに~

 

2019年 8月 30日 私が東進に入った理由

こんにちは!東京学芸大学1年の山床 理紗です。

夏休みの頑張りを確かめる重要な模試が終わりました。

みなさん復習はしっかりとできていますか?

今日のテーマは「わたしが東進に入った理由」です。

わたしが東進に入ろうと決めた理由は、3つあります。

Ⅰ.自分のペースで学習を進められる

わたしの行っていた高校は、授業の進度がはやく、

特に数学は、1年の夏には、数学Ⅰ・Aが、2年の秋ごろには数学Ⅱ・Bが終わる早さでした。

もともと数学がすごい苦手だったわたしにとって、

授業についていけるか心配でした。

そこで授業の先取りがしやすい東進を選びました。

東進では、学校の授業を先取りして学習することができます。

また、自分のレベルにあった授業を受けることができるので、

効率よく学習を進められます。

自分のペースにあわせて学習できることに魅力を感じました。

Ⅱ.高速基礎マスター

体験に行ったとき、高速基礎マスターに出会いました。

中学生の頃、単語を覚えることに苦戦していたわたしにとって、

単語がすらすら覚えられることに、感動しました。

2週間で1200個の単語を覚えることができたのです。

また、数学の演習を繰り返し行えることも魅力的でした。

高速基礎マスターを使うことで効率よく勉強できるところに良さを感じました。

Ⅲ.学習環境が整っている

自習室などの勉強できるスペースが充実していたことはもちろん

音読スペースがあったことも入学することを決めた理由の1つです。

勉強する上で音読は非常に大切だと考えていたので

音読できるスペースがあったことはよかったと思います。

 

皆さんが東進に入ろうと思った理由は、それぞれだと思います。

勉強に行き詰ったり、何のために勉強しているのか自分を見失ったとき、

自分が東進で頑張ろうと決めたときのことを思い出してみてください。

 

 

明日のブログは、伊藤香菜子担任助手による「前期修了式」についてです。

お楽しみに!

 

 

 

 

mage-23063″ />

2019年 8月 29日 なぜ東進に入ったのか

こんにちは!

青山学院大学社会情報学部に通っている担任助手1年の久保悠斗です!

夏休みが終わって、学校が始まっている人もいれば、あと少しで夏休みが終わるという人もいると思いますが、充実した夏休みは過ごせましたか?

受験の天王山とも呼ばれる夏休みを乗り越えた皆さんなら、受験までの数ヶ月も必ず乗り越えられます!

この時期は少し気が抜けてしまう人が多いですが、ここからさらに気を引き締めて勉強に一生懸命取り組んでいきましょう!

さて、今回のテーマは「何故東進に入ったか」ということで、私が東進に入った理由を話して生きたいと思います!

私が東進に入った時期は高2の9月頃だったのでした。

その時期はまだ志望校も決まらないまま、高校の先輩に塾には早めに入っておいたほうがいいよと言われていたので、いくつかの塾に体験授業に行っていました。

正直どこの塾も大してかわらないだろうと思っていましたが、東進は他の塾とは一線を画していました。

授業の質もさることながら、授業の後のフォローなども充実していて、自分が成長できていると実感できるような体験授業でした!

体験授業が終わり、自分はこの塾で受験勉強をしていきたいと思ったので、東進に入ることを決めました。

最終的に自分の納得できるような受験結果だったので、東進で受験勉強をして良かったなと思っています!

皆さんも悔いが残らないような受験に出来るように、勉強に一生懸命取り組んでいきましょう!

 

明日のブログは、山床担任助手による「私が東進に入った理由」です!

お楽しみに!

 

 

 

2019年 8月 28日 

 

 

こんにちは!

慶應義塾大学環境情報学部1年の高瀬立樹です!

 

もう夏休みもあけて、授業が始まった人も多いかもしれません・・・

夏休みと生活スタイルが変わるので、体調を崩さないようにしましょう!

 

先日は模試もありましたが、結果はどうでしたか?

僕も去年の8月の模試を良く覚えています!

結果は良くも悪くもありましたが、

その後徹底的にダメだったところを復習することで、8月模試以降大きく学力が伸びました!

受験生も、まだまだ巻き返せるので、

しっかり復習をして、一歩ずつ成長していきましょう!

 

さて、今日のテーマは「私が東進に入った理由」です。

皆さんも今、東進で勉強しているわけですが、人それぞれ、東進で頑張ろう!と思った理由があるはずです。

今日は僕の事例を紹介したいな!と思います!

 

僕が東進に入ったのには、

自分の高校時代の環境が普通の受験生とちょっと違う、ということがありました。

 

僕の通っていた高校は法政大学第二高等学校、という高校なのですが、名前の通り、法政大学の付属校です。

生徒の9割が法政大学に内部進学する高校で、受験をする人はすごく珍しいです

 

僕は高校入学当初から受験も考えたいな、と思っていたのですが、ではなぜこの高校に進んだかというと、

 

あまり先の事を考えていなかったからです・・・笑

 

スポーツ推薦のような形で入学した僕は、全国的にも強豪の法政第二高校の陸上部で、リレーで全国優勝を目指す!という夢があって進学していました。

 

そういうわけで、付属校で部活一本!だったのですが、将来働いたりすることを考えたときに、法政にない学部で学びたい、という想いが強くなりました。

 

しかし、周りの人は内部進学のため勉強はあまりせず、授業も受験は考慮されていないので、受験は使えず・・・と、楽観的に受験と部活の両立を考えていた僕は、その難しさに気づいてしまいました。

 

でも、どうしてもこの学部で勉強したい!

という想いがあったので、受験は諦めず、両立できる環境を探そうと2年生の春に決意しました。

 

そこで、熟を探した末、東進に入ったのでした。

東進は映像授業なので部活中心でもなんとかやっていけそうであったり、周りの人が皆頑張っていて、切磋琢磨できそうだな、と思ったのが入学の決め手でした!

 

結局、部活はあまくなく、怪我も多くて3年生の最後のインターハイでのリレーメンバー入りがやっと、という感じでしたが、

選手がマイルリレー(4×400)で全国優勝を成し遂げてくれ、

三年間部活に全力をかけられたのはとてもいい経験です!

 

どうでしたか?

私が東進に入った理由、というテーマでしたが、

皆さんも原点に立ち返る、という意味でも、是非東進に入った頃のことを思い出してみてほしいです!

 

受験生は特に、これから入試が近づくにしたがって不安が出てきたり、

勉強が辛くなったりしてしまうことがあるかもしれません。

 

でもそんなときに、自分が東進に入った頃を思い出すと、

そのとき自分が描いていた将来などを思い出して、改めて一歩踏み出せると思います!

 

自分の中のオリジナルを大切にして、最後まで疾走しましょう!

 

明日のブログは、久保担任助手による「私が東進に入った理由」です!

久保さんはどういった理由で東進に入ったのでしょうか・・・

 

お楽しみに!

 

 

 

mage-23063″ />

2019年 8月 27日 復習までが模試!

こんにちは!

東京大学文科Ⅲ類の島村駿です!

 

夏も終わりに差し掛かりだんだんと涼しくなってきましたね

この時期気温の変化で体調を崩さないように気をつけてください!

よく食べてよく眠る!

 

 

さて!先日8月センター試験本番レベル模試がありました!

皆さんどうだったでしょうか?

 

 

いい結果だった人も、悔しさが残る人もそれぞれいると思いますが

これからも気を抜かず勉強していきましょう!

 

 

今日はそんなみなさんの参考になればということで

模試の復習

について話していこうとおもいます!

 

さて、みなさんはどのように模試の復習を行っているでしょうか??

恐らく人それぞれのやり方があると思います。

 

今から僕が話すのは僕場合ですので絶対にまねを!というわけではありません!

こういうやり方もあるんだなーくらいに参考にしてください!

勉強は自分のやり方を探すのが大切です!

 

まず古文については

まだ基礎が固まっていないと感じていたときは問題の文章を全部品詞分解して

分析していたときもありました。

それをやるだけで沢山の単語や助動詞を実践の中で復習できるということでお得かもしれません

 

時間はかかりますが、、、笑

 

数学については間違えた問題をとにかく解きなおしました!

文系数学は問題をパターン化してこういう問題の時はこの解法という引き出しを増やしておくといいです!

 

英語については問題に出てきた分からない単語を復習するのは勿論、

センター模試で思う点数がとれなかったら、単語帳等をもう1回やりなおすのがいいかもしれません。

英語は言語なので無限に語彙は出てきます!!

 

最後に社会ですが

特に社会科では模試をout put の練習だけに使うのはもったいないです!!

僕は冠模試(東大模試)の復習の時を中心に

そこで出てきた知らなかった事項をノートにまとめました!

模試は直前でも知識のin putに使えます!

 

どうでしたか?

最後に伝えたいのが

模試に傷つけられててもいいことは何もない!ということです。

 

 

たとえ思う結果がでなくても、それを完璧に復習して出来るようになれば

その問題に対する理解はA判定を取った人に追いつく!

 

 

これ受験生のときに僕が思っていたことでした!

みなさんもあきらめず前に進み続けてください!

 

明日は高瀬担任助手による私が東進に入った理由です!

お楽しみに!