12月模試にむけて(低学年) | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 12月 5日 12月模試にむけて(低学年)

 

 

こんにちは!慶應義塾大学環境情報学部1年の髙瀨立樹です。

 

低学年の皆さんは、いまテスト期間の真っ最中なのではないでしょうか?

毎日遅くまで試験勉強しないといけなくて大変ですね。お疲れ様です。

僕も大学でいまテストやレポートの期間で、徹夜でレポートを書いていて、このブログを書いている今、とても眠いです。

 

皆さんはしっかり寝ることを忘れずに、健康に乗り切りましょう!

 

さて、今日のブログテーマは「12月模試に向けて」ということで、特に高校1、2年生を対象にお話します!

 

低学年の皆さん、模試のイメージってどんなものでしょうか?

 

何ヶ月かに1回あって、土日が潰されて、結果が順位として出る・・・

 

もしかしたら、あまりいいイメージを持っていない人もいるかもしれません。

 

でも、模試は低学年こそ受けるべき、大事なイベントなんです!

 

①なぜ模試を受けるのか?

 

なんで模試を受けるんでしょうか?

今の勉強の進み具合を確認する、わからないところを知る、合格率を知る・・・

色々ありますね。

低学年の皆さんが特に重要なのが、「今の学習の状況を知る」ということです!

 

東進のセンター模試は、東進生だけでなく、全国の1、2年生が受験します。

だから、自分の勉強の状態だけでなくて、全国の皆と比べることができるんです。

もし、自分より点数の高い人がいるとすれば、その点数分先を行かれているということ!

自分が今、どの位置に居るのか?何の勉強が足りないのか?模試からしっかり把握しよう。

 

②模試を受けたら・・・・

 

模試を受けた後、皆さんが1番最初にすることがあります。

それは、自己採点です!

 

模試を受けて、疲れたのに、自己採点できない!と思うかもしれませんが、

自己採点をすばやくやるのが、学力アップへの最短ルートなのです。

 

アスリートは、その日の運動後にすぐにプロテインを飲みます。

これは、運動を終えてから30分以内がゴールデンタイムと呼ばれていて、摂取したプロテインが1番効果が高まるんです。すばやいリカバリーと筋力アップのためには、すばやいプロテイン補給はかかせません。

 

模試も同じ!学力アップのゴールデンタイムは、模試の後すぐ!。

模試が終わって家に帰ったらすぐ、自己採点をしましょう。

どこがわからなかったのかを確認して、すばやく復習しましょう!!

 

どうでしょうか?まだまだ受験への実感が湧かない低学年の人も、模試を通してしっかり勉強をすすめましょう!

 

明日のブログは下村担任助手の「12月模試に向けて」です! お楽しみに!!