英語に強くなりオシャレになれる理系大学とは | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 5月 28日 英語に強くなりオシャレになれる理系大学とは

皆さんこんにちは!
青山学院大学北原立都です。
本日のブログでは私が通う学部「理工学部 情報テクノロジー学科」について紹介したいと思います。
 
①1年生の授業
私の中で大学一年生の授業のイメージは、2.3年生で専門的なことを学ぶための基礎知識を蓄えるものだと入学前は思っていました。ですが、一年生の前期からロボットに積極的に触れることができたりと、学科別の専門的な授業が入学してからすぐに学ぶことができます。もちろん、2.3年生の授業で重要になる線形代数などの基本的なことも学べます。私自身、入学後すぐにロボットに触れることができたことが、大学での勉強のモチベーションを大きく向上させてくれました。
 
②英語で授業が行われる
入学してからこのことが一番の驚きでした。数学を英語で学ぶのです。先生が話す言葉も英語、資料も英語で授業についていくのが非常に大変でした。ただ自分は英語が苦手な分、その授業は自然と他の授業よりも多く予習・復習の時間をとる、わからないところがあれば積極的に図書館へ行くなどの勉強体系がこの授業のおかげで自然とできていました。他の大学でもこのような授業は行われていると思うので、ぜひ大学へ入学したら受けてみてほしいです。
 
③オシャレ
周りには本当にオシャレな人が多いです。自分も周りに負けないように焦る反面、新しい趣味とも出会うことができました。自分はまだまだですけどね、、、
オシャレな理系大学といった特徴は、青山学院大学ならではです。
 
 
 
他にもたくさんの魅力が青山学院大学にはあります。自分の中で青山学院大学は第4志望であったため、進学するのを躊躇ってしまった時期もありましたが、今思うと本当に進学してよかったと思っています。
 
みなさんも進学してよかったと思える大学に合格しましょう!!
 
明日のブログは田中担任助手による「大学学部自慢」です。
慶應義塾大学を志望している人はぜひチェックしましょう!!