私の大学受験~農学部志望のきむver~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 12月 20日 私の大学受験~農学部志望のきむver~

こんにちは!

法政大学生命科学部生命機能学科2年のきむです!

センター試験まで残り1ヶ月となりましたね。

残りわずかだと感じる方が多いかも知れませんが、ここから本番までの期間で十分にレベルアップすることができます。

頑張りましょう!

さて、本日のブログのテーマは【私の大学受験】ということで、自分の大学受験精神的な面をメインに振り返っていこうと思います。

私立・理系、特に農学部志望の方は参考になるかと思います!

まず、私が受験した大学は以下の通りです。

明治大学 農学部

早稲田大学 スポーツ科学部

法政大学生命科学部

東京農業大学 農学部

日本大学生物資源科学部           (志望順)

 

農学部志望の方は受験する予定である大学が殆どかぶっていると思います。

農学部の大きな特徴だと思うのですが、

「行きたい学部がある大学が少ない!」

「倍率が高い!」

農学部を持つ大学はそんなに多くないので受験大学が被りやすく、私が通っている法政大学生命科学部全学部入試で9倍、一般入試で7倍くらいでした。これは余談ですが、日本大学を受験した際隣に座っていた人が明治大学でも隣でした笑)

「倍率が高い」と聞くと、少し不安になったりしがちですが、当時の私は良い意味で楽観的に捉えていました。

これだけ人気のある大学なのだから、入学したらさぞかし楽しいのだろう、と。

受験勉強を通して、とにかく物事をポジティブに捉えるクセがついた気がします(もちろん良い意味でですよ!)。

冒頭にも触れたように、センター試験まで1ヶ月となり不安な方がもしかしたら多いのかもしれません。

しかし、皆さんにはポジティブに捉えて欲しいと思います。

自分は、本番でどのくらい点数が上がるか楽しみでしょうがなかった記憶があります!!

ポジティブに、残り1、2ヶ月の受験勉強を楽しみましょうね!

 

少し話が逸れますが、私が大学受験を通して得たものを皆さんの先輩として紹介したいと思います。

受験勉強を始めた高校2年生の冬、英語は3割、数学はIAもⅡBも10点に満たない所からのスタートでした。

成績はいつも中の下。勉強は自分の戦うべきステージではない、と心のどこかで決めつけてしまっていました。

それでも、人生で初めて勉強に対して真剣に向き合い、自分が大学で何を学びたいかを考え、目標に向かって正しい努力をした結果、どんなに自分に向いていないと思っていたことでも「できるようになりたい!」という気持ちさえあれば伸ばすことができることを学ぶことができたのです。

これは勉強に限らず、何かうまくいかないことにぶつかったときの大きな原動力になるはずだと私は思います。

伝えたいことがうまくまとめられず、分かりづらい文章になっていまいました(泣)

とにかく、これまで皆さんは受験勉強から逃げずに向き合ってきたのですから、必ず得るものは大きいはずです。

心から応援しています!

明日のブログはつくだめぐみ担任助手による【私の大学受験】です。

お楽しみに~~!