私が東進に入った理由~大谷ver.~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 7月 18日 私が東進に入った理由~大谷ver.~

こんにちは!立教大学社会学部現代文化学科大谷千賀です!

最近本当に暑いですね☀

みなさん熱中症にはなっていませんか??

長い受験生活を乗り越えるには何よりも健康第一です!!

体調的に無理がある勉強の計画は立てないようにしましょう☆

 

さて!本日のテーマは「私が東進に入った理由」です。

まず、私が東進に入ったのは高3の6月末でした。

これ、とても遅いですよね。

そもそも私はそんな大事な時期まで何をしていたのかというと、何もしていなかった訳ではないのです。(笑)

栄養士になるために、専門学校に進学することを決めていました。

体験授業にも何度も参加して、試験日程まで把握しているくらい本気でした。

でも6月の半ばに急に両親から、「一般受験しなくていいの?」と聞かれました!

そのとき、そういえば今まで本気で何かをやり遂げた!って言えるもの無いな~と改めて思いました。

そこから、一生に一度くらい本気で勉強したい!MARCH行きたい!という感じで、本当に受験生活はあっという間に過ぎて、今に至ります。

6月半ば、両親に声をかけられた日から予備校を探し始めました!

調べてみると、新百合ヶ丘周辺だけでもたくさんの予備校がありました。

体験にも、東進ともう一つ予備校に行きました!

 

そしてようやく本題になるのですが、、、東進に入った具体的な理由をいくつかお話しします!

まずは、なんと言っても”映像授業であること”です。

上に書いた通り、とにかくスタートが遅かった私は、通常の生の集団授業では勉強的に追いつくことが不可能だと判断しました(笑)

しかし東進の映像授業であれば、自分のペースで勉強を進めることができます

つまり、私のようにスタートが遅くても、早めのスピードで受講を進めればしっかり範囲を終わらせることができるのです!!

もう一つの東進の映像授業の魅力は、講師の先生がとにかく素晴らしいことです

映像だからこそ、質の高い授業を受けることができます!

 

次の理由としては、東進は”年中無休”です!!

私は家だとなかなか集中できないタイプだったので、この点は予備校選びの際とても重視なポイントでした。

 

最後に、東進は”スタッフがあたたかい”です!

私が無謀なくらいの受験を乗り越えられたのは、東進のスタッフのみなさんが支えてくださったからだと本気で思っています☺

 

東進に通っている方は、このたくさんの東進ならではの強みを最大限活かしましょう!!

そしてそうでない方!東進には今までお話ししていた通りたくさんの良いところがあります!ぜひ東進に少しでも興味を持っていただいて、一緒にアツい夏を過ごせたら幸いです!!

それでは長々と失礼しました!

明日のブログは、金カレブ担任助手による「オープンキャンパスのすすめ」です!

ぜひ読んでくださいね~^^

 

※明日から夏休み時間割になります。受講の時間、開館時間など気を付けてください。たくさんの朝登校お待ちしています!