私が東進に入った理由~井上~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 8月 20日 私が東進に入った理由~井上~

こんにちは!

法政大学社会学部2年の井上爽香です!

受験の天王山といわれる夏休みも終わりが近づき、8月のセンター模試まであと5日となりました!

ちなみに私は8月の模試で初めて緊張し、英語の点数が6月よりも30点ほど下がってしまったことをよく覚えています。

夏休みに頑張った分、今までの模試よりも緊張してしまうことがあるかもしれませんが、

緊張するということは本気で勉強を頑張った証拠です!むしろ自信を持って臨んでください!

応援しています\(^^)/

 

さて!本日のテーマは「私が東進に入った理由」ということでお話していきたいと思います◎

 

まず、私が大学受験を初めて意識したのが高校二年生の春でした。

単純すぎて驚く人もいるかもしれませんが、

友達と話をしている中で「青学っぽい!」と言われたことをきっかけに

大学受験を意識し、MARCHレベルの大学に行ってみたいと思うようになりました。笑

それからその勢いのまま東進に入学しました!笑

 

やはりMARCHレベルの大学へのあこがれが一番大きかったですが、

それまで勉強を頑張ってこなかったことを

コンプレックスに感じていた、というのもあったとおもいます。

 

 

始めに書いたように、

私は8月の模試で6月より30点ほど英語の点数が下がってしまいましたが、

10月の模試では6月より70点ほど点数をあげることが出来ました!

結果がいつでるかなんて誰にも分りません!

夏終わりのこの時期はとてもきついかもしれませんが、

自分が東進に入学した時の気持ちを思いだし、目標を再確認し、

最後まで全力で頑張り続けましょう!

 

それではこの辺で終わりにしたいと思います!

明日のブログは中村担任助手による「東進に入った理由」です!

お楽しみに!