私が思うかっこいい人間とは | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 6月 18日 私が思うかっこいい人間とは

こんにちは!
青山学院大学2年北原立都です。
本日のテーマは「部活と勉強の両立」です!
 
自分は高校時代、ダンス部に所属していました。
両立のやり方というよりは、どのような心構えで部活と勉強を頑張っていたのかを話そうと思います。
 
いきなりですが、
UNISON SQUARE GARDENの斎藤宏介さん」を知っているでしょうか?
私が1番尊敬している人物です。
 
まずはどのようなところを私が尊敬しているのかを話させていただきます。
彼らを知ったのは、「シュガーソングとビターステップ」という曲でした。この曲を聴くたびに私はいつも元気をもらっていました。特に「一難去ってまた一興」というフレーズが大好きです。いつの間にか彼らの虜になってしまった私は、どのように結成されたのかなどの経歴を調べていると、ボーカルの斎藤宏介さんが早稲田大学出身ということを知りました。
 
この事を知ったとき、私は
歌も上手で、頭もいい!?かっこいい!!!
と生まれて初めて人を尊敬しました。
 
と、同時に
自分も、頭のよい大学に通い、ダンスが上手な人になろう! 」
そう決意しました。
 
そしてこの思いは最後までぶれることはありませんでした。
一度、ダンスで指の骨を折ってしまったことがあり、包帯を巻きながら必死に勉強を頑張ったことをよく覚えています。
また、親や先輩から推薦を薦められたこともありましたが、勉強と部活を逃げずに最後まで頑張る憧れの自分がいたので、反対しました。
憧れの人に出会い、そして憧れの自分を見つけられたからこそ、最後までぶれなかったと私は思います。
 
 
皆さんもここで一度考えてほしいです。
どんな自分になりたいか、どんな自分になりたくないか。
 
部活の忙しさを言い訳に勉強を頑張らない人
 
部活と勉強の両方を全力で頑張る人
 
答えは、自分に聞いてみてください。
 
 
これから先、辛くてくじけそうになった時は
一難去ってまた一興
この言葉を思い出してください。
意味としては、「一つの困難を乗り越えた先には必ず幸せが待っている。」
苦痛であることと、大変であることは同じに見えて違います。
今の困難を乗り越えた先には、強くなった自分が待っていると信じて頑張りましょう。
 
私は部活と勉強の両立で悩む受験生を1人でも多く救いたいという思いで担任助手になったので、少し熱く語らせてもらいました。
何か悩みや辛いことがあったらいつでも相談に乗ります!
 
明日のブログは鈴木担任助手による「部活と勉強の両立」です!
多摩高校出身の鈴木担任助手は部活だけでなく、行事も忙しかったはずです。
どのように両立したのかぜひチェックしましょう!!!