相原よりラストメッセージ☆ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 3月 20日 相原よりラストメッセージ☆

こんにちは。成城大学社会イノベーション学部 相原です。

私は今週4年間通った成城大学を卒業します。そして、同時に東進ハイスクールも卒業します。

 

そんな私の立場から、受験を控えるみなさん、そして受験を終えたみなさんに最後のメッセージを!ということで本日ブログを書かせていただきます。

 

まず、今までの私の記事で現役時代の志望校や合否については書いているのですが、

初めてご覧頂いている方の為にとってもとっても簡単に、私の受験生生活を3行で説明します!

 

東進ハイスクールに入学して受験勉強を本格化させたのは高校3年生の7月

当時の第一志望校は青山学院大学の総合文化政策学部

結果は不合格、成城大学の社会イノベーション学部に進学

 

てな感じでございます~。

 

 

では本編へ。(*’ω’*)

 

 

これから受験を控えている、もしくは終えた高校生のみなさん。

みなさんの中には、

「志望校決めたけど、本当にこれでいいのかな、、」

「進学することにはしたけど、もう1年やったほうがよかったのかな、、」

「もう1年頑張ると決めたけど、やっぱり受かっていた大学に進んだほうがよかったのかな、、」

 

など、「自分の選択は合っていたのかな?」と、

思い悩んでいる方がたくさんいるのではないかなぁと思います。

 

私はその一人でした。

「第1志望校は落ちてしまったけど、もう1年チャレンジせずに成城大学に進学することに決めた。決めたけど、これでいいのかな?」

と思う瞬間が、少なくとも大学1年生まではたくさんありました。

 

でも、

そう思い悩んでいる瞬間、何が正解なのかは決まらない

と、4年間大学生生活を送ってきた今、私は思います。

 

進学を決めた瞬間は、悩みに悩みました。胸を張って「これが正解の選択肢だ」とは正直言えませんでした。

 

今なら言えます。

大正解でした。

進学を決めていなければ、成城大学でメディア心理学という学問に出会えませんでしたし、

東進ハイスクール新百合ヶ丘校の一担任助手として成長できませんでした。

 

この4年間が、高校3年生の私の迷いを正解にしたと、胸を張って言えます。

 

高校生の皆さん、悩んでいる今、正解がわからなくても、

正解にするのは今のあなたです。

 

早すぎることはありません。

今この瞬間、全力を出してください。

これが私からのメッセージです。

 

私の4年間は大正解です!新百合ヶ丘校の皆さんに会えたから!

ありがとうございました!!

 

あしたのブログは、村田担任助手による

「4年生になったら」です。お楽しみに☆