留学体験記~カナダ・バンクーバー編~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 9月 22日 留学体験記~カナダ・バンクーバー編~

こんにちは!東京大学理科一類1年外山結月です。

カナダは普通に寒かったので今日が日本にとって暑いのか寒いのか分からなくなっています。

 

私はこの夏、3週間カナダに留学に行ってきました!

ということで本日は留学中に感じたことについてお話していきます!

留学先:カナダ バンクーバー

期間:3週間

滞在先:ホームステイ

カナダでは平日の昼間は語学学校に通い、放課後や週末はほぼ毎日観光をしていました。

私が行ったのはバンクーバーです。カナダの左下(?)に位置していて、都会ではありますが少し歩くと広大な自然が広がっているところです。普通の町並みも自然も非常にきれいでした!

ここから私が留学を通して初めて知った・感じたことを話していきます!

 

①一番重要なのはリスニング力!!

外国人と会話をするうえで最も大切なのはリスニング力だと感じました。

相手の言っていることが聞き取れなければ反応も出来ないからです。

また、皆さんが普段使っているリスニング教材の音声は非常に発音がきれいだと思います。しかし、実際に外国人が話している英語はクセが強いことも多いです。

母国語のようにrを全て発音する人(例えばhorseをホースではなくホルスと読む)は本当にたくさんいます。

まあ外国人からしたらおそらく日本人の英語も聞き取りづらいのでお互い様ですね。

聞き取りやすい英語を話せるようにCDに合わせた音読が有効だと思っています!

そして英語が母国語でない人も喋るのが速いです。

リスニングの訓練はどこでも余裕で出来ると思うのでやっておくと入試だけでなく非常に有効です!!

 

②カナダ人の多様性

日本では日本人ばかり見ますが、カナダに行くと本当に色々な国出身の人がいます。

私はこれに衝撃を受けました。

以上です。

 

③日本でなら何でもできる!!

私は最終日、カナダで出会った友人とバンクーバーから少し離れた場所に観光するため現地のツアーに申込むことになりました。

しかしなんとその友人が申込を完了できていないことに当日気づき、一人でツアーに参加することになってしまいました。

そのうえ当日私は家に財布を忘れてしまいました。(バスが家の近くのホテルまで送迎してくれたので本当に所持金ゼロでも参加しようと思えば参加できる)

要するに留学最終日、私は一文無しで日本語が通じる人も知り合いも誰もいない状態でツアーに参加することになったということです。

その一日を乗り越えた私は、日本なら日本語が通じるのでどこにでも一人で行けるしなんでもできると思いました。

誰にでも何でも聞けるので。

 

この3週間で英語力が劇的にあがったとは思いませんが、多くの気づきがあり、非常に行ってよかったと思っています!

みなさんも是非いつか一度は海外に行ってみてください!