模試終わったら即自己採点!~なぜそこまで大事なのか~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 8月 25日 模試終わったら即自己採点!~なぜそこまで大事なのか~

みなさんこんにちは!

早稲田大学商学部3年石井宏樹です!

 

本日は『模試終わったら即自己採点!~なぜそこまで大事なのか~』

とういことで、模試後の自己採点の重要性について紹介していこうと思います!

 

 

みなさん、8月センター試験本番レベル模試の受験お疲れ様でした!

 

手応えはどうだったでしょうか・・・?

「目標点突破できた!」

「会場の空気にのまれて納得いく点数が取れなかった・・・」

など、それぞれだと思います。

 

 

特に高3生は夏休みの学習の成果が試される重要な模試でした。

その重要性は耳にタコができるほど聞かされてきたと思います。

そのこともあって、かなり緊張してしまった人も多かったのではないでしょうか・・・?

 

 

また、高1、2年生にとっても半年後のセンター同日模試へ向けて、

今後の学習計画を練るための非常に重要な模試でした。

 

 

ところでみなさん、自己採点には取り掛かっていますか?

例年校舎の様子を見ていると自己採点を受験当日に行っていない人が散見されます。

 

手応えが良い悪いにしろ

「今解いた点数が気になって仕方がない!」

くらいにはなって欲しいのが正直なところです。

 

そこでここからは即自己採点することの重要性について説明していきます!

 

①解いた感覚そのままに採点できる

 

受験した翌日以降に自己採点をしようとしたときには、既に解いた感覚を忘れてしまっています。

受験したその日のうちに自己採点を行った方が、

解いた感覚をすぐにフィードバックでき、復習の効率も向上します!

 

 

②自己採点のクセをつけられる

 

というのも、センター試験本番ではその日のうちに自己採点を行い志望大学のボーダーラインを確認することで、

その後の受験の日程の変更が必要になる場合もあるからです。

そのため、模試の段階でイメージトレーニングしておくことが非常に重要になります。

 

 

いかがだったでしょうか。

このブログを読んで少しでも

「すぐ自己採点しなきゃ!」

となってくれたら幸いです。

 

明日のブログは佐藤尭彦担任助手による

『模試の復習法』です。

お楽しみに~

 

 

 

mage-23063″ />