早稲田大学生の時間割は?? | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 10月 2日 早稲田大学生の時間割は??

 こんにちは!早稲田大学国際教養学部1年の佐藤尭彦です!

今週ついに2ヶ月にわたる夏休みが終了し大学が始まりました。。。

前期は1限の授業が無かったのですが、

後期から週に2回あるため朝弱い人間からすると辛いです 笑

ということで本日のブログのテーマは私の大学の時間割についてです!!!

まず私の後期の時間割をどうぞ!

このような感じになっています。

簡単に全体と時間割の決定方法を話した後に面白い授業をピックアップして話したいと思います!

①時間割の全体説明

まず大学の授業には大きく分けて2種類あります。

1.必修科目

2.選択科目

の2つに大きく分けることができます。

必修は学部側があらかじめ決めているためいじることができず、

必修を基礎として選択授業を空いているところに入れていきます。

しかし!!

私の所属する早稲田大学の国際教養学部は必修がほとんどなく、

自分は週に一コマ(English Academic Writing)しかなく、

他のすべては選択なので自分の興味にあったものを選ぶことができます。

(作ろうと思えば一日授業無しの全休も作ることができます、、、)

そして、私がどうしてこのような時間割を組んだのかというと、

1.来年ヨーロッパに留学したい(EUの授業)

2.人口の多い国の母語を使えるようになりたい(Chinese)

3.就職後役に立ちそうな知識が欲しい(Marketing, Statistics)

のような感じで決定しました!

簡単に言えば自分の興味あるものをやってみよう!です。。

 

②面白い授業

ここからは私が履修する授業でなにこれ??

というものがあると思うので軽く話していきます。

1.恋愛学入門

コチラの授業は名前の通り恋愛を学ぶ授業です。

??????

よくわからないですよね 笑

簡単に言うと、

恋愛にはすべて理由があり、それらを科学的な観点から分析しよう!!です。

この恋愛学の発端は政治学で、政治学が今抱えている大きな問題が少子高齢化で、

その主な原因が若者の恋愛離れと考えられます。

その政治学的に大きな問題を解決するためにも恋愛学を活用しています!!

ゲストスピーカーとして過去にはオリラジの藤森さんやメンタリストのダイゴさんなどが話をしてくださりました。

ちなみに大学で恋愛学を学べるのは日本で早稲田大学だけなので興味のある方はぜひ早稲田大学に来てください!!

 

2.大隈塾

こちらの授業の正式名称は「たくましい知性を鍛える」というものです。

毎週外部からゲストスピーカーを招いて、

様々な分野で活躍する方の話を聞き生徒でディスカッションをするといった授業です。

大学に入ってから色々な人の話を聞くことが面白いと感じ始めたので、

そういった機会を得られる授業を選択しました。

 

③まとめ

大学の授業は高校と違ってすべて自由です。

自分の興味のあるものを勉強することができるので、楽しみにしていてださい!

明日のブログもお楽しみに!!!