学校と東進の両立方法 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2021年 5月 16日 学校と東進の両立方法

こんにちは!立教大学理学部2年の森永です!

本日のブログテーマは

「学校と東進の両立方法」です!

新年度になり1ヶ月以上経ちましたけど、中々忙しいのではないでしょうか?

部活、定期テスト、体育祭、合唱コン、球技大会、、、高校生って本当に忙しいと思います

特に今は新年度最初の定期テストの時期ではないですか?

私も高校時代は追試回避、赤点回避に追われ

定期テストは高校時代一番嫌なものでした

「定期テストと東進どうやって両立しよう….」

 

定期テストは受験に包含される

「定期テストができても模試で点がとれない」

「定期テストができることには意味がない」

なんて言葉しょっちゅう聞きますよね?

まあ、半分正解です

ただ、半分間違いです

よっぽど特殊な問題でなければ、受験生であれば定期テストの問題は解けます

少なくとも理系科目はそうなっています

要は定期テストから逃避し続けると勉強を続けていく中でわからないことがたくさんでてきます。

逆に定期テストができている人は受験勉強の開始こそ遅くても、その後の成績がぐんぐん伸びていきやすいと思っています。

基本の定着が早い時期からできているという意味で定期テストは一つの指標になっています

では、定期テストは全力で取り組むべきなのか?

正解は「少ない勉強時間で高得点を取る」ということにあります

普段から受験勉強を東進でしていると思います

そこで勉強した内容は定期テストに出ます

受講を普段から進めておくと定期テストは非常に簡単に突破できます

受験勉強をすすめることが一番の解決法になります

例えば、マスター

マスターの単語は受験で必須となっている単語です

知らない高3生はいません

単語がわからないということは英語学習で明確にわかる改善点です

どうせやるものです

すぐに始めましょう!!

明日のブログは阿部担任助手による

「学校と東進の両立方法」です