夏休みを終えた君へ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 9月 3日 夏休みを終えた君へ

皆さんこんにちは、

東京工業大学下村魁人です。

8月も終わり残暑の厳しい季節になるかと思いましたが、

最近は雨の日が多く外出しにくい日が多いですね。

そして、夏休みがあけたということで学校が始まっているのに

まだいつものリズムに戻れていないという人も多いのではないでしょうか?

 

本日はそんな切り替えが出来ていない人に

どのようにして切り替えていけば良いのか話したいと思います。

 

夏休みからの切り替え方

①勉強する内容を変える

②今まで以上に質を意識して勉強を進める

 

 

①勉強する内容を変える

 

私が高校3年生の時に行っていた切り替えの方法の一つとして、

”勉強する内容を変える”ということをしていました。

夏休みの期間は多くの人はセンター試験の対策の勉強をしてきたと思います。

そして、しっかりと対策をした上で8月の模擬試験を受けたと思います。

 

私も8月はセンター試験に向けた勉強を行ってきました。

夏休み期間にセンター試験の対策をしている中で、

夏休みが終わったら2次の対策に切り替えようというのを決めていました。

最初に第一志望校の過去問を解き自分に必要なものを明確化して、

弱点に沿った演習に取り組むようにしていました。

 

皆さんの中で、第一志望校の過去問をまだ解いていないという人がいたら

なるべく早く解くようにしてください。

過去問はいい点を取るためにあるのではなく自分を分析するためにあるものです。

「今解いても点数が取れない」

というのは当たり前です。

解かない理由にするのではなく

自分のレベルをさらに上げるきっかけにしてください。

 

 

 

②今まで以上に質を意識して勉強を進める

 

夏休みの流れのまま勉強を進めようとすると

思ったように上手くいかないと思います。

なぜかというと一日の中で自分の勉強に費やせる時間が

夏休みよりも圧倒的に少ないからです。

同じように取り組んでいると伸びも少ない状態で1月に入ってしまいます。

そこで、皆さんに心がけてほしいのは”質を意識する”ということです。

一日の勉強時間が短いからこそ何を最初にやるべきかを考えて

短い時間で集中して勉強をしてみてください。

 

私は質を意識して勉強したことにより、

9月から1月までの期間の方が

夏休みよりも成績が伸びた実感がありました。

 

 

夏は受験の天王山と昔からいわれています。

この言葉はこれからの時期にも生きてくる言葉だと思います。

夏休みで上手くいったところ、

上手くいかなかったところを生かして

これからの勉強につなげていってください。

 

明日のブログは是澤担任助手による

「夏休み明け気持ちの切り替え方」です。

これからの過ごし方を知りたい方必見です。

明日もお楽しみに!