夏が終わり秋が来る | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 9月 5日 夏が終わり秋が来る

みなさんこんにちは!!早稲田大学国際教養学部1年の佐藤尭彦です!!

もう9月ということで、いよいよ本格的に受験シーズンに入り始めましたね。。季節の変わり目で体調だけは崩さないように、食事、睡眠はしっかりとっていきましょう!!

さて、今日のブログは「夏休み明け、気持ちの切り替え方」についてです。先月の模試前後のブログでも同じような内容について話ましたが、今回も少し似たものを話していきます。

目次

1.模試がうまくいった人

2.模試がうまくいかなかった人

3.受験生全員に対して

4.最後に

 

1.模試がうまくいった人

模試がうまくいったキミたち!おめでとう!夏休みまでの努力が結果としてでて本当に気持ちがいいと思います。毎日何十時間も勉強していた生活が終わり、学校が始まり体育祭や文化祭があり楽しい時間が続いていると思いますが、要注意です!!

模試はあくまでセンターレベルであってセンター模試が取れたからと言って、それが2次でも同じことが言えるとは限らないため気を抜かないようにしましょう!!

そんな君たちが今やるべきことは2次対策を始めることです。

センターの基礎レベルはすでに完成しているはずなのでここからは自分の志望校である2次レベルの過去問や参考書を解き始めましょう!!

おすすめは第一志望をとりあえず一年分を解いて自分と志望校とのギャップを確かめた上でその後の計画を立てていくことです。まだレベルが足りていないと自覚していても、志望校のレベルが分からないとその後の勉強ができないので、とりあえず解いてみましょう!!

大切なことは自分の敵を知ることです!!

 

2.模試がうまくいかなかった人

続いて模試が上手くいかなかったそこのきみ!!今までの努力が水の泡になった、勉強しても意味が無い、などなど悲観的になると思います。。

ドンマイ!!人生上手くいかないこともある!!

私はこう伝えたいです。

夏休みの間に今までじゃ考えられないぐらい勉強して、毎日毎日上手くいかないことが多くて思い悩んだと思います。その日々は決して無駄にはなりません。今回はたまたま結果が出なかっただけであって、頑張った過程は変わりはありません。悔しさはあると思いますが、悔しさこそ人を成長させます。諦めずに努力を続けていきましょう!!

君たちがまず取り組むべきことは基礎の見直しです!!

模試で思うような点数が取れないということは、まだ基礎で足りない部分があるということです。マスターや受講のテキストを復習し、なにが足りないのかをいち早く見つけましょう!!

基礎をもう一度見直して10月の全国統一でリベンジしましょう!!

 

3.受験生全員に対して

全員にやっていただきたいことが一点あります。

それは計画、スケジューリングです!!

もう受験本番まで時間が無い中で1日を無駄にすることは命取りとなります。そのため、残りの時間をすべて受験に当てられるように細かく月、週、日で計画を立てていきましょう!!

計画の立て方や、そもそもなにそれと思う方はぜひ担任助手に聞いてください!!

4.最後に

皆さんに共通して言えることは2点

①あまり模試の結果を気にしないで!!

②計画立てはしっかり!!

この2点です。

行事や学校生活が忙しくなってきているとは思いますが、自分のでき得る最大の努力をしていきましょう!!

明日のブログは塚本担任助手による私の9月以降の勉強スケジュール(受験生)です!!お楽しみに!!