前期修了式の様子 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 8月 5日 前期修了式の様子

みなさんこんにちは!

早稲田大学人間科学部外山葉月です

 

最近暑い日が続いていますね💦

何をするときも水分補給を定期的に摂るように意識して、

体調管理にも気を配っていきましょう!

 

さて、本日のテーマは前期修了式です!!

「前期修了式って何?!」という方に簡単に説明すると、

高3生を対象とし、インプットが終了していて「すぐに過去問演習に入れる」 という生徒のみが参加できる 新百合ヶ丘校伝統のイベントです。

今年度の前期修了式は、

・通期講座修了

・確認、修了判定テスト全てSS判定

・高速基礎マスター上級英単語まで完全習得

受験で数学を使う人はこれに追加して

・数学計算演習ⅡBまで完全習得

という条件を全て達成した人のみが参加できるものになっています。

これらの条件を見事達成できたのは、56名でした!

 

前期修了式はまず表彰から始まり、ここからの勉強の重要性についてのお話がありました。

その次に、実際の二次私大の過去問にチャレンジしました。

参加者は皆、とても真剣に過去問を解いていました!

今回参加者がチャレンジしたのは立教大学異文化コミュニケーション学部の過去問です。

この学部の入試問題は基礎的なものばかりであるため合格ラインが高く、特に英語は長文で9割~満点が必要となる、と言えます。

かなり解き応えのある問題なのではないでしょうか?みなさんも是非チャレンジしてみてください!

過去問チャレンジを通して、今の自分に足りないものや過去問演習の重要性を認識することができると思います!

 

その後は先輩体験談として、1年前に前期修了式に参加し、見事第一志望校の合格を果たした伊原担任助手から、今後に向けてのメッセージがありました。

そして最後に担任助手を代表して、藤原担任助手から参加者へ

「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。」

というメッセージが送られ、前期修了式は幕を閉じました。

 

例年この会に参加した生徒は目の色を変えて努力をし、その努力は周りの生徒にも影響を与えている印象があります。

今回、見事条件を達成できた生徒たちには、新百合ヶ丘校全体を突き動かしていくような圧倒的努力を今後も続けてほしいですし、第一志望校合格を果たしてほしいと思います。

逆に今回前期修了式に参加できなかった生徒に関しては、一日でも早く条件を達成した上で過去問演習に取りかかっていけば、第一志望校合格に一歩でも近づくことができると思います。

 

参加した人もそうでない人も、ここからが勝負です!!

第一志望校合格に向けて、さらなる努力をしていきましょう!!!

 

明日のブログは外山結月担任助手による、「私が東大を目指したワケ」です。

東大志望者のみならず、志望校選びに困っているみなさん必見です!!

お楽しみに(*^^*)🌼