全統へ向けて~模試前にすべきこと~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 10月 25日 全統へ向けて~模試前にすべきこと~

みなさんこんにちは!

早稲田大学商学部2年の石井宏樹です。

本日は『全統へ向けて~模試前にすべきこと~』

と題して、残り3日とせまる、全国統一テストを受けるにあたり

模試前にすべきこと3点をお伝えします!

 

高3生にとってこの全統模試は受験勉強の集大成

言えるのではないでしょうか。

なぜなら、受験の天王山である夏休みから2ヶ月が経ち

苦手分野の克服に勤しんだ成果がこの模試において試されるからです。

 

高2、高1生にとっては同日の模試の前に外部の広い会場で受験することのできる

最後の機会となります。

入試本番と同じ環境で受験するので、緊張感がよく分かると思います。

普段の努力を存分発揮できるように、

しっかりと準備しておきましょう!

 

さて、模試前にすべきことの一つ目は

英単語をはじめとした、暗記物の徹底です。

マスターや自分の単語帳で、知識の漏れを補い、

最後のつめを完成させましょう!

 

二つ目はテキストの解き直しです

例えば、文法のテキストがある場合

これを丸1日かけて解きなおしてみてください。

これは今井先生が紹介していたやり方なのですが、

僕が実際にやってみて効果てきめんだったのでおすすめです!

 

 

3つ目は音読です。

模試1週間前のどこかで丸1日かけてテキストを15回音読してみてください!

実はこれも今井先生が紹介していたのですが、本当に効果てきめんです!

僕はこの方法で英語の点数を155→194と、39点アップに成功しました!

2年前の全統模試は未だに自分のターニングポイントであり、

自信を持つことのできるきっかけとなった日です。

 

どうだったでしょうか、

少しでも参考になれば幸いです。

 

みなさんが、自分で納得のできる点数がとれるよう、

心から応援しています!

 

明日のブログは佐田佳純担任助手による

『全統に向けて』です!

お楽しみに~