全国統一高校生テストに向けて | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 6月 16日 全国統一高校生テストに向けて

皆さんこんにちは、慶應義塾大学1年の中村開成です!!

ここ2.3日寒い日が続いてますね。。暖かい格好をして寝るなど体調を崩さないようにしましょう!

さて本日は全国統一高校生に向けてということで模試を受験する際の注意点やアドバイスなどを書いていきたいと思います。

①受験前日について

持ち物をしっかり確認しましょう!例えば自分は必須の持ち物のほかに、糖分をチャージするためにキットカットを持っていってました! 後は今日の夜しっかり寝て明日に備えましょう!

②受験当日について

皆さんもご存知の通り今回の受験会場は青山学院大学淵野辺キャンパスでの受験になります。特に最近東進に入った人は始めて大学で模試を受けるということもあるかもしれません。そこで外部受験の時の普段とは違う注意点を書いていきます。

(ⅰ)時間の管理

外部会場には時計が設置されていないことが多いです。試験中に残り時間が分からないということは最悪の事態であるので、腕時計など時間が分かるものを忘れずに持っていくようにしましょう!

(ⅱ)狭さ

外部会場の机は小さかったり隣の人との距離が近かったりします。しかし本番の会場も大学の試験会場なので慣れておく必要があります、今後も色々な会場で受験して慣れていきましょう!(特に多いのは冷房が効きすぎているというケースがあるので上着を持っていくといいです!)

(ⅲ)時間

開始時間に余裕をもって行きましょう。始めて行く会場は見慣れない道であり、時間ぎりぎりにいくと焦ったりして落ち着かないまま問題に向かう恐れがあります。心の余裕を持つためにも早めに行くようにしましょう!!

③受験後について

これについても二点書きたいことがあります。

(ⅰ)復習について

今回に限った話ではありませんが模試の復習は絶対にしましょう。センター試験の問題は受験において一番大事である基礎、標準レベルの問題が揃っています。そこの部分に穴がないようにしっかりと復習しましょう!(問題用紙に何をマークしたか分かるように残しておきましょう)

(ⅱ)志望校の判定について

模試の帳票が返却されたとき自分の志望校の判定を見ると思います。しかしこの判定で志望校を下げるということはしないでほしいです。天井を下げることは成績の伸びを下げることに繋がってしまいますし、聞いたことがある人もいるかもしれませんが現役生は直前が一番伸びると言われています。(実際自分も受験を通じてこのことを感じました!)結果を気にしすぎずに模試の復習やセンターの過去問に取り掛かっていきましょう!

 

それではこれらのことなどを参考にして明日頑張りましょう!!!

明日のブログは田中担任助手による「模試を受験する意義」です、明日も読んで役立てていきましょう!

※明日は模試のため終日校舎が使えません。