4月模試にむけて | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 4月 26日 4月模試にむけて

こんにちは、

東京工業大学生命理工学系下村魁人です。

もうすぐ新しい学年が始まって1ヶ月が経ちますね。

新しい学年にはもう慣れましたか?

 

私は大学2年になり、授業もガラッと変わり実験も増えました。

その話は今度機会があったら話そうと思います!

 

さて、今日は4月模試に向けてということで

みなさんがあさって迎える模擬試験についての話をしようと思います。

とはいえ、学習面で話をしてもあと2日で出来ることは限られてしまうと思うので

今回は気持ちの面での話をしていきたいと思います。

 

目次

①4月模試に向けて:高1,2生編

②4月模試に向けて:受験生編

 

 

①4月模試に向けて:高1,2生編

高1、2生の皆さんは新しい学年になって最初のセンター形式の模擬試験だと思います。

つまり今回の模試は一つ前の年の勉強の結果がそのまま反映される模試になるということです。

今までの自分を知るためにも全力で模試を受けて、

1年後に伸びを確認できるようにしましょう。

 

 

 

②4月模試に向けて:受験生編

受験生の皆さんは受けられる模擬試験の回数が限られてきます。

今までの勉強の進捗の確認や実力の確認をするだけでなく、

本番を見据えて前日から今回が本番だという気持ちを持って取り組んでください。

また、今回から受ける科目が増えるという人もいると思います。

今回の点数を元にこれからの勉強計画を立てて夏休みに向かっていくと思うので

主要科目でないからといって、手を抜くということは決して無いようにしてください。

 

 

そして模擬試験で何より大切なのは復習することです。

復習出来るようにしっかりとメモを問題用紙につけるのを忘れないようにしましょう。

 

 

明日のブログは吉野担任助手による

「4月模試に向けて」です。

お楽しみに!