ブログ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 

2014年 10月 29日 担任助手を志した理由~大崎編~

こんにちは、大崎です! 最近の寒暖差に喉をやられてしまいました。。。

受験生の皆さんは特にこの時期、気をつけなければいけません。インフルエンザ流行前に予防接種を受ける寝る部屋には加湿器をつけるなど普段から出来る限りの健康対策は講じていくようにしていきましょう。

それでは本題の『担任助手を志した理由』に移りたいと思います。

自分が担任助手になったのは担任助手という仕事が非常に魅了的であったからです。今日はそんな担任助手の魅力を語りたいと思います。

自分は担任助手というのは生徒の人生を変えることのできる仕事だと考えています。少し大げさに言ってしまいましたね 笑

でも自分は本気でそう考えていますよ。もちろん良い方向に大きく人生を変えることはできないかもしれませんが、我々担任助手が関わることで少しでも良い方向に影響を与えることが出来ると考えています。そう考える最大の理由は担任助手が自分の生徒を持ち週に1回必ず生徒とグループ面談を行うことができるところにあると思います。

このグループ面談では学習面のサポートはもちろん行いますが、一緒に生徒の将来の夢について考えたりもしていきます。大学受験は高校生にとって一番最初にぶつかる大きな壁だと思います。その中で生徒の将来を一緒に考え、生徒の成長が目に見えた時はとてもやりがいを感じます!

 この部分が自分の考える担任助手の最大の魅力です!

高3東進生のみんなは興味があればいつでも話を聞きに来て下さい!(^^)

 

***********************

11月20日(木)19:00~21:00

新百合トウェンティワンホールにて特別公開授業が行われます!!

「受かる人の英語勉強法」『受験勉強スタート編』

英語カリスマ講師・安河内先生の生授業が受けられるチャンス☆

【詳細はこちら】  【お申込みはこちら】

2014年 10月 28日 担任助手を志した理由~上田~

 みなさんこんばんは!

担任助手3年上田彩果です:-P

いやぁ、あと少しでハロウィーンですね!

私は1年の行事の中で一番好きです♪

去年はフロリダにあるディズニーワールドで忍者に仮装していました!

とても楽しかったです^0^

 

さて、本日は「担任助手を志した理由」ということで、早速始めていきたいと思います!!

主に3つあります!

1.教育に携わりたかったから

2.担任助手に憧れていたから

3.私のような悔しい想いを後輩にしてほしくなかったから

 

1.教育に携わりたかったから

私は中2のときから教師になると決めていました。

もともと部活で後輩の成長を見ることやチームで頑張っていくことが好きだったので、

人を育てる”ということにとても興味があり、

担任助手は夢に向かって頑張る後輩を近くで支え、共に頑張れるので、

自身の夢にも直結し、とても魅力的に思いました!!

 

2.担任助手に憧れていたから

私は担当の担任助手のことが大好きでした。

いつも優しく声をかけてくださり、大丈夫!と励まし続けてくれました。

私もこんな風に、人のことを思いやって行動できる人になりたい

そして、その担任助手が当時大学4年生で私を送り出したら、担任助手卒業だったので、

私がこの想いを継がなければ、と思い、(勝手にw)

担任助手になろうと思いました。

 

3.私のような悔しい想いを後輩にしてほしくなかったから

私は大学受験に大失敗しました。

第一志望校であった早稲田大学に落ち、浪人を覚悟しました。

しかし、いろんな人から言葉をもらい、

当時行きたくなかった立教大学に進学を決めました。

 

だけど、私は大学受験を全力でがんばりました。

世界で一番努力した自信がありました。

周りから「合格おめでとう」と言われても、全くうれしくありませんでした。

言葉では言いあらわせないほど、悔しかったです

 

だから、後輩には自分と同じ想いをしてほしくない

そして、こんな自分だからこそ、後輩に伝えられることはあるのではないか

そう思い、担任助手になることを決意しました。

 

これが私の担任助手を志した理由です。

とってもまじめになりましたね^^笑

担任助手はすごくやりがいのある仕事です。

”生徒のために”全力で頑張ることが、結果的に自分の成長にもなります

もしも担任助手興味ある人いたら、ぜひ声かけてくださいね^^

 

***********************

1120日(木)19:00~21:00

新百合トウェンティワンホールにて特別公開授業が行われます!!

「受かる人の英語勉強法」『受験勉強スタート編』

英語カリスマ講師・安河内先生の生授業が受けられるチャンス☆

 

【詳細はこちら】  【お申込みはこちら】

2014年 10月 26日 模試の復習方法

こんにちは、今日20歳の誕生日を迎えました大崎です(○´∀`○)ノ笑

本日は皆さんに『模試の復習方法』についてお教えしていきたいと思います。

その前にまず皆さんはどのような目的で模試を受験されているのでしょうか。考えたことありますか。

今の実力を把握するため。本番の雰囲気に慣れるため。など様々な理由が受ける人によってあると思います。

ただ絶対に忘れていけない事は模試は本番で合格点を取るためにあるということです。

東進のセンターレベル模試は2ヶ月に1回行われているため定期的に同じ形式かつレベルの模試を受験することができます。その中で模試後に必ずやらなきゃいけないことは“自分の苦手分野を把握し、次の模試までの勉強計画を立てる”ということです。

そのために復習というのは必要なんですね。

さてさて前置きが長くなりましたね。それでは具体的な模試の復習方法について教えていきたいと思います。

①自己採点を行い、どの分野が自分の弱点なのかを把握する。

②もう一度、間違えた問題を解説を見ないで解き直す。

③解き直しで間違えたものは解説を読んで理解する。

④それでも分からなければ解説授業を受講する。

 この4つのステップが完璧に出来れば素晴らしいですね。特に①は自己分析を行う上で非常に大切になってきます。

また④については注意が必要です。全ての解説授業を受けていては時間がもったいないです。③のステップをしっかりと踏むことで、自分が解説授業を受けるべきポイントはどこなのかが見えてくると思います。

 

模試を受け終わってからが勝負です!自分が真剣に受けたこの模試をさらに有意義なものにするためにも今日から復習を開始しましょう。

2014年 10月 25日 模試の注意点!

 みなさんこんにちは!(^o^)

担任助手2年、長坂真帆です

もう葉もしはじめて肌寒い季節になりましたね(0ωo*)

受験生の皆さんはセンターまでもうすぐ90日となります。

高1,2生の皆さんは自身のセンター試験本番に1年切るまで残り90日、ということですね。

ここからの季節が全員にとって大きな鍵となります。そこで東進では明日の10月26日に全国統一高校生テストが行われます!

それに際して今日は模試の注意点を皆さんにご紹介したいと思います!(^▽^*)

この注意点は明日だけでなく、これからの模試やセンター試験本番にも活用できると思うのでぜひ最後まで読んでみてください!

1.持ち物

筆記用具と受験票があれば何でも出来る!!…というのは誰でもわかりますがもう1歩先の準備をしてみましょう!

というのも、本番を意識した筆記用具を持って頂きたいのです。

皆さん、センター試験本番はシャープペンシル禁止だということを知っていますか??

模試ではほとんどの方がシャーペンでマークしていますよね!本番では全員が鉛筆を使用すると思います。

高3生は特に模試で慣れる必要があります。

皆さん模試でも行っていると思いますが、シャーペンも1本で臨む人は滅多にいませんよね!本番なんて念には念を・・・!と何本も持っていく人が多いと思います。

そこで活用して欲しいのが・・・輪ゴム!なんです。なぜかというと、模試会場や本番の会場は大学の教室が多い故に机で鉛筆が転がる可能性が大いにあります!そしてそれを防いでくれるのが輪ゴムなんです!!意外ですよね(^0^*)

鉛筆は輪ゴムでひとまとめにして持っていく!これが大切になります!

持ち物は筆記用具(鉛筆)・受験票・自習用参考書・輪ゴム!!今後意識してみてください♪

2.服装

服装なんて制服かもしくは私服で・・・遠足でもあるまいし考える必要ある??

と、考えている人が多いと思います。服装に関しての注意点はただひとつ。

寒暖に対応できる服装を心がけること!!

カーディガンをはおったりするだけでかまいません。会場・教室によっては冷房が効きすぎたり逆に暖房が効きすぎたり。温度は会場によってまちまちです。自分に快適な環境で試験を受けられるようにするのは自分次第!

3.試験中

模試や本番でよくあるミスは、受験科目のマークミスや解きミスなんです。

本番では数学や理科・社会に関して、複数の科目が1つの冊子になっていること知っていますか??

よくあるミスでは数学ⅠA受験なのに数学Ⅰを解いていたり・・・という同じ冊子だからこそ起こるミスが本番では多発します。

模試では別紙で配られることが多いですが、模試から受験科目のマークに気を配ってみてください!

以上の3点をよく注意して模試や本番に臨んでいきましょう!!p(>□<)q

明日のブログは新百合ヶ丘の貴公子*大崎雄平*担任助手模試の復習方法について解説してくれます!

【明日の自習室使用】

明日は模試ため終日使用不可となります><

***********************

1120日(木)19:00~21:00

新百合トウェンティワンホールにて特別公開授業が行われます!!

「受かる人の英語勉強法」『受験勉強スタート編』

英語カリスマ講師・安河内先生の生授業が受けられるチャンス☆

【詳細はこちら】  【お申込みはこちら】

2014年 10月 24日 「担任助手」を志した理由~茅野~

みなさんこんにちは。 😎

 

最近めぐりめぐった結果、もとに落ち着いた茅野です。

 

↑何があったかって?

 

それは言えませんが、まあいいでしょう。そんなことは。

 

秋も深まり、冬も近くなってきたなと実感している人も多いのではないでしょうか。

風邪には十分気をつけて、室内に入ったら手洗いうがいをしましょう。

 

そういえばみなさん、秋になると読書をしたくなりますよね。読書は本当にいいものです。

自分の見識を高めるだけでなく、毎日必ず読むという習慣をつけることが勉強にも活きてきます。

読書の秋。時間を見つけて読書をしてはいかがでしょうか。 😛

 

とまあ、余談をしたわけですが、本日のテーマは「Why aspired “Tanninzyoshu”?」ということです。

これはこの前、高3生には話しましたね。

 

理由は2つあります。

 

①感謝

これは僕の受験生の時の話ですが、僕の担任助手であった田中裕太さんは言うこともろくに聞かず勉強していた僕のことを最後まで面倒をみてくださいました。正直、受験本番は孤独でしたし、いくつか不合格が続いていた中でも常に気を配ってくださいました。

そのおかげで僕は大学に合格することができました。

僕もそうやって誰かの近くで見守っていきたい。誰かの背中を押してあげたい。そう思いました。

感謝の気持ちと恩返しの気持ちがありこの仕事をしたいと思うようになりました。

 

②人生を変えたい

これはまあいうほど大それたものではありませんでしたが、僕自身は大学でのビジョンがある程度あってそれをモチベーションに受験を乗り切りました。

でも周りの友達を見ていて、なんでこいつ大学行くの?」って思うことも多々ありました。それってもったいないですよね。

なんのために大学に行くのか、なんでこの学校でこの勉強をしたいのかをすべての受験生に考えてほしい。そう思いました。

だから自分が担任助手になってそのことを一番に考えてほしいとおもったからです。

 

きっかけは意外に単純なものです。ただ大学2年の半ばでたくさんの経験をしました。それができたのも担任助手となり周りの物事に敏感にそして行動的に過ごしてきたからだと思います。

生徒のみんなが変わっていく様子に日々刺激をもらい、「自分も頑張ろう。」と思わせてくれます。

人生で大切なことの1つだなと思うことは「百聞は一見にしかず」ということわざの通り、目で見て肌で感じることです。

何もアクションを起こさず4年間過ごすことは容易いことです。

失敗するリスクのあることに飛び込んでみることは難しいことですが、それが大事だと気づかせてくれたのがこの仕事です。

そういう仕事だと思います。

 

ということで明日のブログは、女帝・長坂真帆さんです。 😈

テーマは「模試の注意事項等」です。模試は1回1回に意味がありますのでよく読んで試験に臨みましょう。

 

明日は16時30分~20時45分の間は自習室は使用不可です。

 

***********************

1120日(木)19:00~21:00

新百合トウェンティワンホールにて特別公開授業が行われます!!

「受かる人の英語勉強法」『受験勉強スタート編』

英語カリスマ講師・安河内先生の生授業が受けられるチャンス☆

【詳細はこちら】  【お申込みはこちら】