ブログ | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 2021年09月の記事一覧

2021年 9月 30日 部活と勉強の両立

みなさんこんにちは!

早稲田大学文学部1年の林 聖太です!

 

突然ですが皆さん、部活やってますか??!

高校1,2年生のみなさんはもちろん3年生でもまだやっている人はいると思います。

 

入試、もしくは同日が近づいてるけど、試合もあるし、でも勉強もしなきゃいけないし・・・

 

そんなあなたに今日のブログを捧げます。

部活生の勉強

まず、やらなきゃいけない勉強を書き出して、リストアップしましょう。

そして、部活の時間を手帳に書き込んで空いている時間を把握します。

次に、どの時間でどの勉強をするか決めましょう。

ここでポイント!

勉強の内容と1日の空いている時間帯とをしっかり考えてスケジュールを組むことが大切です。

 

例えば、18:00の部活後すぐ過去問をやるのではなく、単語帳を何ページやると決めて、少し寝て、20:00から過去問を1科目解くというように工夫すれば部活がある日にも過去問演習を継続することが出来ます。

 

学習濃度を高めるための仮眠は取った方がいいです!!

仮眠の時間を惜しんで集中力が下がった状態のまま勉強し続けるより多少時間を仮眠に割いても、集中力を高めた状態で勉強するほうがずっといいと思います!!

また、部活生は人一倍コマ切れ時間を大切に活用しましょう!!

英単語を始めとし、古文単語や、社会、理科の一問一答など暗記の反復をしなければならないものはたくさんあると思います!

辛いと思いますが、しっかり計画立てて、勉強と部活を両立し青春を充実したものにしてくださいね♪

 

明日のブログは、山下担任助手による

オススメの息抜きです!!

お楽しみに♪

 

2021年 9月 29日 

こんにちは!青山学院大学社会情報学部社会情報学科の久保悠斗です!!

サンダルが履けない季節になってきて、着る服がない恐怖におびえています(笑)

さて、本日のテーマは「第一志望校の決め方」です!

私の第一志望校は、「上智大学 理工学部 機能創造理工学科」でした!

この志望校に決めたのは高3の夏休みが終わった後です

本当は早稲田大学の創造理工学部経営システム学科に行きたかったのですが、8月の模試の化学の点数があまりにも低かったので、理科2科目を諦めました…笑

正直僕の第一志望校の決め方は、他の担任助手のように明確な理由がある訳ではなく、理科1科目の私立でレベルが一番高いところ、という決め方をしました。

理科大ではなく上智にした理由は、理科大だと行きたい学部が千葉のキャンパスであったことと、上智が文系理系が同じキャンパスで、たくさんの人と触れ合えると思ったからです

第一志望に行く理由は、必ずしも崇高な理由が有る必要はないのでは?とも僕は思うので、この決め方も一つの選択肢としてはありかなと思います!

ただ、この決め方をすると、勉強するモチベーションが他の受験生に比べて上がりづらかったのかな?と思いました

他の受験生は第一志望になんとしてでも受かってやるという熱をもって勉強するので、執念にちかい気持ちでモチベが持続しますが、僕自身は、本当に行ききたいのか?といわれると、やりたい事的には青学や中央の学部の方が興味があったので、上智に対する熱は大きく燃えてはいませんでした

こんな気持ちで挑む人が受かることが出来るかと言われれば、受からないですよね

実際、僕は補欠どまりで、第二志望の青山学院大学に進学をしました

なんとなくで第一志望校を決めることは決して間違っていることではありませんが、他の受験生は自分より強い気持ちを持って挑んでくることは事実なので、そこでいかに負けないようにモチベーションや、勉強量を上げられるかが重要です!

全員が全員第一志望に対して確固たる理由がある訳ではないのかな?と思うので、そういった人の参考になれれば幸いです

 

明日のブログは林担任助手の「部活と勉強の両立」です。お楽しみに!!

明日は新学年HRのため、自習室は19:30以降は利用できません。

 

 

2021年 9月 28日 二次私大対策・物理編

こんにちは!1年生の打田伊吹です!!

九月から開講した単元ジャンル別演習はどれくらい進んでいるでしょうか??単ジャンをやるのもよし、過去問をやるのもよし!とにかく演習を積みまくりましょう!!!

ということで本日は二次私大対策・物理編についてお話したいと思います!たいていの理系の人は数学と英語はまだなんとかなるけど、物理がやばい!!みたいな感じじゃないでしょうか。ぜひここから物理の成績が伸びる手助けをできたらと思います。

まず物理が「できる」かどうかはセンスではないと思います!!その現象が頭の中で想像できるかが重要になると思います。

じゃあ実験しないとわからなくない??」ってなると思いますが実験は必要じゃないです。その実験を扱っている問題を一問でも多く解いて欲しいです。

例えば、力学でばねを扱う問題があったとしましょう。よくあるのは片方が壁に、もう片方に球がついていて球の様子を見る問題。これはあるあるの問題なので解ける人が多いのではないのでしょうか。

しかしこれがばねの両端に球がついている場合の運動は想像できますか?重心を注目したり、二個球があるから1個のときとは運動の仕方が変わったり…。注目しないといけないところは変わってしまいます。しかし、注目するところを僕が今分かっているのは何回もこの運動を扱った問題を解いたからです。

初見なのか、それとも1回でも解いたことがあるかでは全然違います!!

だから皆さんは今は解けなくても見たことの無いような問題にどんどん挑戦していってほしいです。色々な大学の過去問を解いたり、市販の問題集の問題を解いたりしてほしいです。まだまだ本番まで時間はあります!

余談ですが僕はドップラー効果が本番出てきたら合格する自信がありました(笑)。共通テストではさらっと使われるくらいのことが多いですが、二次では大問一個として出てくることが多いです。その上、波動の分野はテストで出る問題が限られてきます。だからドップラー効果の問題はどんな問われ方をされても解けるように対策していました。

その想いが届いたのか本番では色々な大学でドップラー効果の問題が出てきました。

最後にこのような余談をしたのは好きなところが一つでもあるとどんどん楽しくなる教科が物理だと思います!

だから今は解けなくてもめげないでください!!まだまだ時間はあります。本番であっ、この問題見たことある!!」という状態になれるようにたくさんの問題に挑戦していってください!

あまり具体的過ぎると長くなってしまうため何か不安なことがあれば担任助手にすぐに声かけてください!!

明日のブログは久保担任助手の「第一志望校の決め方」です!お楽しみに!!

 

2021年 9月 27日 高速基礎マスターの進め方

 

こんにちは!

明治大学理工学部中臺です!

 

最近は涼しくなって、秋の陽気です^^

今週は台風が来るみたいなので、気をつけましょう!

 

さっそく、本日はマスターの進め方について低学年のみなさん向けにお話しします!!

 

 

低学年は

10月末までに文法完修すること

11月末までに例文完修すること    が目標です

どうしてこのような目標なのかというと、受験本番の合否を大きく左右する同日受験が控えているからです。

英語に関しては、12月で復習して1月までにある程度完成した状態で同日受験に臨めるようにしましょう!

 

 

 

ということで、本題のマスターの進め方です。

まず、例文まですでに完修しているみなさん!

復習を継続して行いましょう!

復習をしないまま放置すると、必ずと言っていいほど忘れてしまうものです。

せっかく覚えたのにもかかわらず、忘れてしまっては覚えなおす・・・・。では二度手間ですし、なによりも時間がもったいないですよね!!

継続してやるほうが時間効率がいいですし、定着率も高くなります。

テストで本当に力を発揮できるようになるためには、「継続してマスターに取り組むこと」が必須と言えます!!

 

 

 

そして、例文までまだ完修していないみなさん!

今すぐにマスターを進めて、10月末には文法まで、11月には例文まで完修させられるようにしましょう!

共通テストは1月だから、「1月まででいいや」というのはやめましょう。

11月末までに終わらせることで、復習するための期間を確保できます!

付け焼刃の力ではなく本物の英語力を身につけてください!!

 

そのためには、毎日トレーニングを続けることをオススメします!

普段生活していて登下校の時間や、ちょっとした休憩時間など、思っていたよりもスキマ時間があるのに気がつくはずです。

そして、スキマ時間だけでなくマスターをやる時間を作ってもいいと思います!

 

 

いかがだったでしょうか?

10月からは努力の天才プロジェクトがスタートします!!!

みなさん、この機会に努力の天才になってみませんか?

 

 

 

明日のブログは打田担任助手による二次私大対策・理系編です!!

お楽しみに!!

明日は自習室19時30分から使用不可です!

2021年 9月 26日 第一志望校は「就きたい職業に強い大学」

こんにちは!早稲田大学政治経済学部の宮内直です!!

寒暖差が大きくなってきましたが、体調を崩さないように気をつけましょう!

本日のテーマは「第一志望校の決め方」です!

私の第一志望校は、「東京学芸大学 教育学部 中等教育教員養成課程 社会科専攻」でした!

この志望校は高校1年生のときから決まっていました。

中学校を卒業したあたりから、学校の先生(中学校の社会科)になることが将来の夢でした。

そこで、教員養成に力を入れている大学を調べて、学芸大を第一志望校にしました。

東京学芸大学は教員養成の名門で、教員になるための進路指導が手厚いことが理由の一つです。

ちなみに、プロ野球の日本ハムファイターズ現監督・栗山英樹さんも東京学芸大学の出身で、教員免許を取得しています。

第二志望校も、横浜国立大学や千葉大学の教育学部で、教員になるために有利な進路を選んでいました。

このとおり、私の第一志望校の決め方は、「就きたい職業に強い大学」に行くことでした。

この決め方は、やはり勉強するモチベーションがあがりやすいことが一つ利点かなと思います。

では今通っている早稲田大学政治経済学部はというと、いわゆるチャレンジ校でした。

「私立は複数受けられるのだから、せっかくだし一番高いところを受けよう!」と、学芸大に比べるとやや雑な理由で受験しました。(政治学への興味もありましたが・・・)

早稲田政経の合格が決まったあとに、進路について悩んだ末、家族や先生と相談して早稲田に進学することにしました。

決め手の一つは、「一人でいるとだらけがちな性格なので、周囲のレベルが高いところで勉強したい」というものでした。

しかし、教員になるという夢を諦めたわけではありません。

政治学や経済学の授業に加えて、教員免許を取得するための勉強を早稲田でしています。

授業や課題がかなり増えるので、やや大変ではありますが、自分で選んだ道なので頑張ることができています。

みなさんも、なにか将来やりたいことや就きたい職業がある人は、その進路に強い大学・学部を調べてみてください!!

まだ将来像が思い浮かんでいない人は、やりたいことを見つけるところからスタートしてみましょう!

 

明日のブログは中臺担任助手の「高速基礎マスターの進め方」です。お楽しみに!!

新学年HR(新高3生対象)のため、自習室は19:30以降は利用できません。