ブログ | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 2021年06月の記事一覧

2021年 6月 30日 物理の勉強法・参考書紹介

こんにちは!東京理科大学工学部1年生の打田伊吹です。

今日は皆さんに僕の受験生時代の物理のおすすめ勉強法と参考書についてお伝えできたらと思います。

単刀直入に言うと物理の勉強で大事なことは短期間ですべての内容を学び、その後演習の時間を多く取ることだと思います。大体物理全体の勉強時間のうち3割インプット、7割アウトプットくらいが理想的だと思います!

高3生の皆さんは多分知識のインプットは大分進んでいると思うのでどんどん演習に入ってほしいですが、高1,2年生の皆さんはこれを意識して勉強してほしいです!

インプットをするときにおすすめの参考書は「物理が面白いほど分かる本」と「物理のエッセンス」です。使い方としてはまず物理が面白いほど分かる本である程度その単元の全体像を把握し、その後物理のエッセンスで簡単な問題の演習をします。物理のエッセンスにはかなり難しい問題もあるのでそれは後回しにしていいと思います。

ここで重要なのは1単元ずつ進めていくことです。例えば、力学を勉強しようと思ったらまず物理が面白いほど分かる本で一通り(単振動くらいまで?)軽く見てエッセンスで演習してを全5単元で繰り返して欲しいです。僕は大体これを1セットとして7周くらいしました。これをやれば共通テスト模試の点数は6,7割くらいは取れるようになると思います。

では、模試で7割以上をとるにはどうしたらいいと思いますか??

ずばり大量の演習時間が鍵となります!物理の勉強は最初も肝心ですがここからが本番だと僕は思っています。

この演習いわゆるアウトプットをするときにオススメしたい参考書・教材は「良問の風」と「過去問」です。良問の風は標準的な良問がそろっていて、また解説もとてもわかりやすいのでとてもおすすめです。ぜひやってほしいです。

しかし僕が思うに過去問が1番良い演習教材だと思います。市販の演習教材は1単元のみの知識を使えば解けてしまう問題が多いですが、過去問は例えば、力学と熱力学、力学と電磁気学など融合した問題が出てくることが多いです。そのときにどうすればできるんだろうと考える時間が物理の勉強において最も成長できる時間だと思います。色々な大学の問題を解いてみて、ぜひ実感してほしいです!

また早慶、旧帝大を目指す人は「名門の森」や「重要問題集」をやってみるのもいいと思います。

明日のブログは中田担任助手の「私が東進に入った理由」です!お楽しみに!

2021年 6月 29日 私が選ぶ努力の天才!!

皆さん、こんにちは!!お茶の水女子大学2年の小澤結衣です!!

 

早いもので6月もあと残り2日ですね。

高校3年生の皆さんは、6月末受講修了の目標を達成できそうですか?

あと2日しかないではなく、あと2日もあります!!最後まで諦めずに6月末受講修了の目標を達成できるように頑張っていきましょう!!

 

さて、今日は「私が選ぶ努力の天才」ということで、3月末に東進に入学してから、とっても努力している高3生のヤマムラクルミさんを紹介します!!

頑張れている秘訣などを聞いたので、ぜひ皆さん参考にしてください!!

 

クルミさんは、3月末に入学したにも関わらず、通期講座を終わらせて、講習講座と過去問演習に取り組んでいます!!そしてなんと4月にはマスターの熟語を1週間で終わらせています!!

どうしてそんなに頑張れているのかを聞いたところ、第一志望校に合格したいという気持ちが強いのはもちろん、家で無愛想にしてしまうことが多いので、受験で第1志望校に合格して親孝行したいと言っていました、、!!きっとご家族にも頑張りが伝わっていると思います、、!!

また、クルミさんは、毎日5時半に起きて勉強しているそうです!!今日は、なんと、昨日あまり勉強が出来なかったから4時に起きたと言っていました、、!!朝から勉強する習慣があって素晴らしいです!!

 

 

明後日からいよいよ7月です!!

受験の天王山と呼ばれている夏休みが始まります!!

きっと高校3年生にとって、人生で1番勉強する2ヶ月間になると思います。

皆さんが夏休みにもっと勉強していれば良かったと受験後に後悔しないために、夏休みに全力を出し切れるように、応援しています!!

 

 

明日は打田担任助手による「各科目の勉強法・参考書紹介」です!!

気合を入れて書いていたのでお楽しみに!!笑

 

明日は、終日自習室使用可です!!

 

2021年 6月 28日 MARCHに逆転合格する化学

こんにちは!!

明治大学理工学部に通っています。

担任助手2年の中臺です!!

 

 

本日のブログのテーマは、各科目の勉強方法+参考書ということで、

私からはMARCHレベルの大学を目指せる勉強方法、参考書を紹介いたします!

 

 

 

英語は高2の3月までに完成させよう!

マスターの早期完修が合格に近づくために重要!

というのはよく言われていますが・・・

 

 

化学は高3からが勝負です!!

私は夏休みに入る前、化学は

「学校の勉強をしっかりやる(厚木高校の定期テストで平均を以上取る)」

というのを守ってやっていました。

 

 

ちなみに受験生は定期テストより受験勉強を優先するべきです。

 

大学受験でより重要なのは、学校の勉強、テストのための短期的な記憶ではなく、

受験のために積み上げる継続的な勉強です。

私立でちゃんと点数取らないと卒業が危うい人、指定校推薦を本気で狙っている人以外は、

テスト範囲に被っていなくても、受験に向けた勉強を優先させましょう!

 

 

 

 

8月 講習講座の「難関化学 理論化学演習」!センター過去問!

    使っていた参考書は、化学の重要問題集、エクセル、鎌田の有機化学です!

 

9月以降 講習講座の「難関化学 有機・無機化学」の受講開始!10月までには修了!

      8月に使っていた参考書+鎌田の有機化学、福間の無機化学!

   

    センター直前の12月にはセンターの問題形式のセンター対策問題集を1冊やりました。

    (12月模試から本番が一番伸びました。)

    一周普通に解いて、二週目は間違えた問題のみやりました。

 

 

 

問題集一週目は一番簡単な問題から、重問でいえばA問題から、

二週目以降は間違えた問題をやりましょう

A問題が簡単だったようであればB問題に進んでOKだと思いますが、

丁度いいくらいであれば焦らずA問題を完璧にしましょう!

これは他の科目でもいえることですが

 

とにかく

 

どんなに焦っての背伸びせず、解けるレベルを完璧に固めることを最優先にしましょう!

 

明日のブログは小澤担任助手の私の選ぶ努力の天才です!

超努力家の小澤担任助手は誰を努力の天才に選ぶのでしょうか!

お見逃しなく!!!

 

    

 

2021年 6月 27日 高速基礎マスターの重要性

みなさんこんにちは!!

早稲田大学文学部1年の林 聖太です。早速ですが、皆さんに質問です、

共通テストのリーディング、時間足りますか??

 

センター試験が終わる終わると言われ続け、得体のしれない内容で高校生を脅かし続けた共通テスト…

今年の一月、ついにそのベールが取られました。

結果としてはやはり、センター試験と全く異なる内容でした。

リスニングの点数配分が増え、文法問題がなくなり長文読解中心の出題となりました。

 

長文読解が大問6つ連続で出される共通テストのリーディングは、

集中力が切れ、読解スピードも落ち、時間切れ…

なんてことが起こりがちです。

 

それでは、これに立ち向かう方法は、あるのでしょうか、、?

 

あります!!

時間内に速く読むコツは、目玉を早く動かすなどではなく、

単語・熟語・文法を身体に染み込ませることです!

 

身体に染み込ませるというのは、考えながら単語を思い出すような暗記の仕方ではなく、

単語を見た瞬間にその単語の意味が頭に浮かぶというような暗記のことです!!

 

そのために有用なツールが、高速基礎マスターです!!

高速基礎マスターは、単語帳や、熟語帳と違い1単語・1熟語につき1つの意味で答える仕様になっています。

なので、

マスターをやれば、瞬時に意味を思い出せるようになり、時間切れにもならなくなるはずです!!

 

国立二次・私大対策には、一つの単語を詳しく説明している単語・熟語帳が有用ですが、

共通テスト対策には、高速基礎マスター講座がおすすめです!!

皆さんぜひどんどんマスターを進めて、

共通テストなんかこわくないくらいの英語マスターになりましょう!!

 

明日の自習室の使用予定はありません!!

HCだけでなく自習室もどんどん活用してくださいね♪

 

明日のブログは、中臺担任助手による、各科目の勉強法・参考書紹介です!!

 

 

2021年 6月 26日 私が英語を70点伸ばした方法!

こんにちは!北里大学医療衛生学部 医療検査学科2年原田百合愛です。

最近は、雨が降る日が続いたり、晴れたりと天気が安定しないですね…!

外はじめじめしていますが、東進の校舎の中はカラッとしていて居心地がいいはずなので是非皆さん積極的に登校してみてください!!

 

さて、全国統一高校生テストも終わって、結果が返ってきて喜んだり、思うように点がとれなくで落ち込んでしまったりと、いろんな感情があったと思います。

 

模試で点数が思うように取れないのは、特に苦手科目なのではないでしょうか?

 

ということで、今日のブログのテーマは「苦手科目の克服方法」です!

 

私は受験生時代、元々英語がとても苦手でした。

高校3年生の春は、100点いくかいかないかくらいで、特に長文が苦手でした。

 

私が英語で点数を伸ばした方法は、いろいろやった中でも特に単語帳センター試験の過去問演習講座にある大問分野別でした。

 

私は、文法の勉強のために今井先生のC組や、ネクステを使っていましたが、足りていないのは長文問題を読むことだと気付きました。

 

英語を克服するためにしたことは以下の2つです!

 

①英単語帳の例文を読む

私は、英語を読むことに慣れていなかったので、まずはターゲット1900の単語の隣に書いてある例文などで、読んだらすぐに頭の中で和訳するという練習をしていました。

②大問分野別演習

夏休みに特に、センター試験の過去問演習講座の大問分野別を解いていました。センター試験の大問分野別は、センター試験で出た問題や過去の模試から出題されているので、毎日何問も解くなどして英語に慣れようとしていました。

 

以上の2つのことを欠かさずしていたら、冬の模試では170点以上取れるようになったので、皆さんに合う方法かは分かりませんが、英語を読むのが苦手で、今英語の勉強方法を探している人がいたら、是非試してみてください!!

 

苦手科目の克服は、入試を乗り越える上で避けては通れない道なので、頑張りましょう!!

 

明日ブログは、林担任助手による「苦手科目・分野を克服する方法」です。とてもためになると思うので、是非読んでください!! 

お楽しみに!!

※明日の自習室使用予定:午前11時まで使用不可