ブログ | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 2021年04月の記事一覧

2021年 4月 30日 陰山優花よりラストメッセージ

 

こんにちは!

明治大学農学部農学科3年の陰山優花です!

 

明日からGWという方も多いのではないでしょうか?

全学年共通して、夏休みの過ごす方が要です!夏休みに全力出せるようGW頑張りましょう!

 

 

 

 

私事ですが、

5月第1週をもって東進ハイスクール新百合ヶ丘校の担任助手を卒業させていただくこととなりました!

 

本日は皆様へラストメッセージとして言葉を送りたいと思います

 

 

 

「悔いのないように」

 

 

 

大事な青春である高校生活。

部活に行事、アルバイト、ボランティア

中学生よりはるかになんにでも挑戦できる時間です

 

たくさんの選択肢の中でも

 

その時間を勉強に全集中させる

 

ことを選んだ方が新百合ヶ丘校に通っているはずです。

 

 

 

人生の選択には正解はありませんが、

自分が決断したことをやりきったときとても大きな自信になります

自信がつき入学した大学ではきっととても頑張れるのではないでしょうか

 

 

 

これから受験期が近づいてくると心身共に参ってくることもあるかと思います

そんなとき

あのときにしっかりと勉強していれば…

あの日、塾に行っていたら

と将来、ここで頑張らなければ

受験が上手くいかなかったときに後悔してしまうかもしれません。

 

 

志望校に対して強いこだわりを持って

将来の自分が心残りがなく終えられる受験を目指して頑張っていただきたいです

 

 

 

ですが、

強く自分を追い込みすぎずある程度は気を抜いて

自分にあう勉強スタイルを築きあげてほしいです

 

 

 

こんなに幅広い勉強をすることはこれからほとんどありません

大学からコアで深い勉強が始まります

 

そんな時、大学受験で身に付けた

幅広い知識がとても役立ち、自分の世界を広げてくれます

 

 

どんな勉強も無駄なことありません!

 

今という状況を楽しんでいきましょう!

 

 

最後になりましたが

 

 

私と関わっていただいた東進生の皆様

本当にありがとうございました!

皆さんの受験生活に関われてとても幸せでした

 

 

皆様が全力で受験に向き合えることを応援しています!

 

 

 

そして、生徒時代2年間担任助手2年間を支えてくれた

担任助手社員さん、同期の皆

本当にお世話になりました!

 

ここにきて人生変わりました

 

 

生田の森から皆様のご活躍を応援しております

 

 

明日は開館時間が9時です!

自習室は10:30~15:30使用不可です

 

明日のグログは三嶋担任助手より長時間勉強をしよう’です。お楽しみに!

 

 

 

 

 

2021年 4月 28日 ラストメッセージ

 

こんにちは!横浜国立大学理工学部2年の近藤まりんです。

 

突然ですが、私は5月で担任助手を卒業します!!

なので、今回はラストメッセージを書きます^^

 

せっかくなので受験のことについて書きます!

 

受験ではつらいこと、悩むこと、苦しいこともたくさんありました。きっとみんなにもあると思います。

それでも1秒でも多く勉強しようと工夫したり、友達や先生に相談しながら進めてみたり、自分なりに考えてやっていく過程では本当に成長しているとと思います!

 

 

やる気に満ち溢れて頑張れた日も、苦しくて泣きそうになりながら勉強をした日も、疲れたり落ち込んだりして勉強を休んだ日も、、、

受験を通して経験したものはどれも本当に素晴らしいものだと思います。

そんな経験が自分の財産にならないはずがありません。

 

今からもうバリバリに頑張れていると思う人も、イマイチまだやる気がでない人も、ぜひみんなには最後まで頑張って、やりきってほしいと思います。

 

 

直前期にかけるような言葉になってしまいましたが、読んで、またいつか思い出してくれたら嬉しいです。

 

みんなのこと応援してます!

東進お世話になりました。ありがとうございました!

 

明日のブログは1年高瀬担任助手自己紹介です!

 

明日の自習室使用予定:13:30~15:30 16:30~

2021年 4月 27日 梶木あかりのラストメッセージ

こんにちは!青山学院大学理工学部3年梶木あかりです!

 

早速ですが、本日のブログテーマは「ラストメッセージ」です!

 

 

私事ではありますが、このたび5月の第1週で担任助手を卒業することになりました。

 

 

私が伝えたいことは「ポジティブでいよう!」ということです!!

 

きっとこれから先たくさんの壁にぶつかると思います。特にこれから皆さんが立ち向かう受験はそのような場面がたくさんあると思います。

ただ、そのときにネガティブになってもその現実は変わりません!ネガティブに考えてても自分の気分が下がってしまうだけでいいことなんて何もありません!!

絶対にポジティブに変換できる考え方があると思います!!

 

例えば、こんなちょっとしたことでもいいと思います!

「うわー今回のテスト範囲苦手な部分だ、、嫌だな、、」

→「苦手な分野を重点的に勉強できるいい機会だ!頑張ろう!」

 

ここで1つ注意したいのは、ポジティブと楽観的は違うということです。

 

ネガティブ:「受講まだたくさん残ってる、、終わる気がしない、、」

楽観的:「まだ受講たくさん残ってるけど、まあなんとかなる!!!」

ポジティブ:「受講まだたくさん残っている。今のペースだと終わらない。今からでも計画を立て直してちゃんと終わらせよう!!」

 

楽観的な考え方は、自分が置かれている現状から目を背けて希望的観測によって自分を安心させようとすることです。

一方で、ポジティブな考え方は、今の自分の現状を受け入れて、その中で出来ることを探していくことです。

模試の結果が悪かったとき、その点数と向き合うことは誰でも嫌だと思います。ただ、模試の結果は変えられないですし、過去の自分の行動を後悔しても何も変わりません。

そのようなときに、今の自分をしっかりと受け止めて、その上でじゃあこれから自分はどう行動していくべきなのか、今置かれている状況の中でどう時間を使っていくのか、ということを考えることが大切です。

 

偉そうに書いていますが、正直私は楽観的な考え方もしてしまいます笑

ただ、そんな自分を知っているので、楽観的に考えてしまいそうな自分を客観的に受け止めて、改善できるよう行動しています!!

 

皆さんの受験を最後まで見届けることはできませんが、どんな壁も前向きに立ち向かって最後まで乗り越えていってほしいです!!

 

最後にはなりますが、生徒として1年半、担任助手として2年間本当にありがとうございました!!!

生徒時代一緒に頑張った友達、新百合ヶ丘校の生徒のみんな、そしてOBOGの方も含めた担任助手の皆さん!!!

今まで本当にありがとうございました!!!

東進の新百合ヶ丘校が大好きです!!!

本当にたくさんたくさんお世話になりました!!!

 

 

 明日の自習室使用予定はありません。

 

明日のブログは近藤担任助手による「ラストメッセージ」です!明日のブログもお楽しみに!!

 

2021年 4月 25日 鉄は熱いうちに打て!!

こんにちは!慶應義塾大学4年中村です!

 

今日模試を受けた皆さんはお疲れさまでした!

 

来週受ける方々は引き続き頑張りましょう!

 

 

さて、今日のブログテーマは「4月模試を終えて」ということで、毎週GMで言われていたこの大事な模試後の行動や心構えについて書きたいと思います!!

 

高3生と、高0,1、2生に分けて書きたいと思います!!

 

◎高3生

「4月までに周りと差をつけよう!」とGMで沢山言われてきましたが緊張しましたか??

 

そして春休みの成果は出し切ることが出来ましたか??

 

どんな結果になったとしてもまず最初にやることは、

 

自己採点&復習

 

です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

共通テスト本番まで、共通テストレベル模試は残り4回しかありません。

 

本番の雰囲気で行った結果を復習することは非常に重要です!

(夏に行う過去問演習の復習も、もちろん大事ですよ!)

 

共通テストレベルにおいて、自分は何が足りないのかをじっくりと見直しましょう!

 

そして、高3生のみなさん、次の次に行われる

 

8月共通テスト本番レベル模試

 

はどういう位置づけにあるかご存知ですか…?

 

この模試は、、、

 

 

 

 

仮想本番

 

 

と呼ばれている模試です。

 

8月の時点で本番の目標点を突破することが何よりも大切なのです!!

 

この模試に向けて、得意科目・分野は応用レベルの勉強を行いつつも、基礎的な部分に漏れが無いように勉強していきましょう!!

 

 

◎高0,1,2生

本番レベル模試お疲れさまでした!!

 

今回初めて受験された方も多いのではないでしょうか??

 

そして科目によっては難しさに圧倒された方もいるかと思います。

 

ですが今回の模試を受けた皆さんは、主に以下の2点を得られたと思います。

 

①本番の雰囲気に慣れること

 

②弱点が見つかったこと(と、モチベーションがあがったこと)

 

 

①に関しては、自分の経験談からです。

 

自分は高校1年生からこの模試を受けていましたが、高3生になるまで数多くの模試を受け、本番では受け慣れたこともあり全く緊張しませんでした!(笑)

 

2ヶ月に1回のこの模試、毎回大切に受けていきましょう!!

 

 

②に関しては、全範囲の模試を受けたからこそ言えることだと思います!

 

各科目何が足りないか今一度整理し、学校の勉強と並行して穴を埋めましょう!

 

そのためには受けた当日中に自己採点&復習ですね!!

 

 

鉄は熱いうちに打て

 

ですね!!

 

次につなげる意味のある模試にしていきましょう!

 

明日のブログは濱田担任助手の「ラストメッセージ」です!

 

明日もお楽しみに!

 

※明日は18:30~20:30自習室が利用できません。申し訳ありません!!

2021年 4月 24日 一難去ってまた一興

 

こんにちは、青山学院大学4年北原立都です!

本日のブログテーマは「みなさんへのラストメッセージ」です。

3年間続けてきた担任助手も今月で引退するので、

最後に皆さんへ感謝の思いもこめて言葉を送らせてもらえればと思います。

 

「一難去ってまた一興」

この言葉をご存知でしょうか?

これは私の好きな曲のワンフレーズです。

この言葉は

「一つの困難を乗り越えた先には必ず幸せ(一興)が待っている」

という意味です。

人生はきっとこの言葉で表すことができると思っています。

 

中学は野球部に所属していましたが、

顧問の先生は後にも先にもこれ以上怖い人はいない

と思えるくらいの厳しい人でした。

練習はもちろん厳しく、挨拶や掃除など生活面でも何度も怒られました。

そんな厳しい顧問の練習や説教を共に耐え抜いた仲間は、

中学を卒業してから7年経った今でもたくさん遊ぶくらいの一生の友達になりました。

 

高校から始めたダンス、最初はなかなかうまく踊れず周りから笑われてしまう一難を

高校1年生の文化祭で経験しました。

本当に辛く悔しかったですが、言葉を信じ1年間誰よりも努力をした結果

高校2年生の文化祭では大活躍し見返すことが出来たという一興が待っていました。

 

大学受験は私にとって本当に辛かったです。

周りからのプレッシャーに追い詰められる、

どれだけ勉強しても模試の判定は常に「E」、

気合いを入れて挑んだ受験本番も焦って会場を間違える(笑)、

本当に辛いこと続きで何度も諦めたくなりました。

ですが、多くの人に支えられ辛い受験生活をなんとか乗り越えた先には

大学の友達、担任助手の仲間、そして皆さんという素晴らしい人たちに出会うという

素晴らしい一興がありました。

 

「いやいや、そんなに人生うまくいかないよ」と思うかもしれませんが、

人生はうまくいくように出来ていると私は思います。

今はあなたがそう思えないくらい辛い状況でも、

乗り越えた先には考えが変わるくらい素晴らしい一興が必ず待っています。

一難去ってまた一興

今どれだけ辛くて、どれだけしんどくても、

困難から逃げずに踏ん張ったその先にある幸せを掴み取ってください。

皆さんの大学受験、その先の人生がきっとうまくいくことを願って、

私のラストメッセージとさせていただきます。

それでは、アリーヴェ・デルチ!

 

明日のブログは中村担任助手による「4月模試を終えて」です!

4月模試後のスケジュール立てもかねて、ぜひチェックしましょう!