9月の勉強の進め方 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2015年 8月 26日 9月の勉強の進め方

こんにちは!

今日は雨で、気分がどんよりしたり、朝からすっきりできていない

なんて人もいるのではないでしょうか。

しかし模試後ですが、8月終わりまで残り5日です。

夏の天王山、やりきることはできていますか??

夏はまだ終わっていません!!

インプットとセンター過去問をさいごまで頑張りきりましょう。

 

と、夏の話をしていますが、今日の内容は

【9月の勉強の進め方】についてです。

文理や国公立・私立、勉強の進度など

いろいろなパターンの人がいますが、2つに絞って話したいと思います。

 

①インプットを怠るべからず

この時期、2次対策や応用・過去問などのレベルアップした問題に

対応できるように勉強をし始めると思います。

 

◆英語で言えば…

長文(内容一致や空所補充など)や英作文(和文英訳や自由英作文)

これらの問題を解き始めると思います。

ここでみなさんに主張したいことは

「インプットのアウトプット」である、ということです。

難しい単語・文法・構文をクリアしたら解けるか? → 答えはノーです。

もちろんレベルアップした長文や単語・熟語・構文などを

身につけることは大事です。

しかし、

・今までインプットしてたものをぴたっとやめてしまう

・インプットしたものをアウトプットする練習を積まない

どこかで今まで解けてた問題が急に解けなくなった。こんなことが起こるのは

上記の2つが原因として考えられます。単語でも文法でも、

英語→日本語はだれでもできます。しかし、日本語→英語はどうでしょうか?

センターレベルの問題を解かなくなり、難関問題のみを解き続けると、

センターレベルの基礎・標準のものがスピードと正確さをもって問題をとけるか

というとそこは微妙です。

また歴史であれば、

説明されたものから単語を答えることはできても、単語を説明しきれるでしょうか?

 

こういったことから、

インプットしきれたものでもインプットをアウトプットできるか

確認し続けることは大切です。

 

 

 

②過去問を解くべし

もちろんこれはやりますよね。

ただ第3志望まで30年分解く、第4以降も20や15年分解く、としたら

今から計画的に解いていく必要があります。

これに関しては1点だけ。

計画をいまから立てるべし!!

もちろん復習したら、それを次につなげるような復習方法を意識して

どうしたら目標点に近づけるか、これは常日頃考え続けるくせをつけましょう。

しかし計画なしには実現なし。

 

 

ここから5日間、まずは悔いの無いように。

そして9月以降新たなスタートを切れるように、

頑張っていきましょう!!(*^O^*)

 

 

さて明日のBLOGは、相原担任助手から「モチベーションのあげかた」です☆