| 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2021年 9月 29日 

こんにちは!青山学院大学社会情報学部社会情報学科の久保悠斗です!!

サンダルが履けない季節になってきて、着る服がない恐怖におびえています(笑)

さて、本日のテーマは「第一志望校の決め方」です!

私の第一志望校は、「上智大学 理工学部 機能創造理工学科」でした!

この志望校に決めたのは高3の夏休みが終わった後です

本当は早稲田大学の創造理工学部経営システム学科に行きたかったのですが、8月の模試の化学の点数があまりにも低かったので、理科2科目を諦めました…笑

正直僕の第一志望校の決め方は、他の担任助手のように明確な理由がある訳ではなく、理科1科目の私立でレベルが一番高いところ、という決め方をしました。

理科大ではなく上智にした理由は、理科大だと行きたい学部が千葉のキャンパスであったことと、上智が文系理系が同じキャンパスで、たくさんの人と触れ合えると思ったからです

第一志望に行く理由は、必ずしも崇高な理由が有る必要はないのでは?とも僕は思うので、この決め方も一つの選択肢としてはありかなと思います!

ただ、この決め方をすると、勉強するモチベーションが他の受験生に比べて上がりづらかったのかな?と思いました

他の受験生は第一志望になんとしてでも受かってやるという熱をもって勉強するので、執念にちかい気持ちでモチベが持続しますが、僕自身は、本当に行ききたいのか?といわれると、やりたい事的には青学や中央の学部の方が興味があったので、上智に対する熱は大きく燃えてはいませんでした

こんな気持ちで挑む人が受かることが出来るかと言われれば、受からないですよね

実際、僕は補欠どまりで、第二志望の青山学院大学に進学をしました

なんとなくで第一志望校を決めることは決して間違っていることではありませんが、他の受験生は自分より強い気持ちを持って挑んでくることは事実なので、そこでいかに負けないようにモチベーションや、勉強量を上げられるかが重要です!

全員が全員第一志望に対して確固たる理由がある訳ではないのかな?と思うので、そういった人の参考になれれば幸いです

 

明日のブログは林担任助手の「部活と勉強の両立」です。お楽しみに!!

明日は新学年HRのため、自習室は19:30以降は利用できません。