模試ってなんのために受けるの??? | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 8月 23日 模試ってなんのために受けるの???

みなさんこんにちは!!早稲田大学国際教養学部1年佐藤尭彦です!!

大学に入ってからラーメンにはまってしまい、その上運動を全くしなくなったため太ってしまいました。。。

なにかいいダイエット方法を知っている方がいたらぜひ教えてください!!!

さて、今日のブログのテーマは模試を受ける意義についてです。気づけばもう8月の下旬。8月25日に行われる模試は、高1,2生にとっては夏の成果を発揮する、受験生にとってはいままでの勉強の成果を出し、今後の進路を決めるための材料として3年間を通して一番重要な模試になってきます。

なぜ東進ハイスクールは2ヶ月間隔で模試を行うのか、模試を何故受けるのかについて私なりの考えを2点話します!!

①試験慣れのため

私の経験なのですが、大学受験はおそらく今までの人生の中で最も緊張する場面だと思います。

準備する期間が長かったからこそ、

「失敗したらどうしよう」と必要以上にナーバスになったり、

「緊張しすぎて力が発揮できなかった…」ということが起こる可能性がとても高いです。

そんなことで今までの血のにじむような努力が無駄になるのももったいないし、後悔しても仕切れません。

では、本番でいつも通りに近い力を出すためには何が必要だと思いますか??

答えは本番の練習をたくさんするです

部活をしているかたなら分かると思いますが、公式戦の前には時間をとって練習試合を行い、練習で実につけたことを実践で使えるかどうかを試します。練習試合を重ねる中で、本番のイメージを頭の中で作っていくと思います。

受験もこれと同じです。勉強をしてそれが出来ているのかどうかを模試や過去問で確認し、出来ていなければ修正。模試の回数を重ねるごとに形式や雰囲気に慣れていき、最後の入試で100%の力を出す。

本番で100%に近い実力を出すためにも模試をたくさん受けて、入試の形式に慣れていきましょう!!

 

②自分の現状把握のため

ブログの冒頭でも少し触れましたが、模試は自分がいままで頑張った成果を発揮する場です。普段勉強していても自分の学力が本当に伸びているのか、今の勉強法は本当に正しいのかどうか分からないと思います。

そのような時に役に立つのが模試です!!

隔月に行われるセンターレベル模試は全ての科目が大学受験で必要な範囲を網羅しています。そのため、模試を受けるだけで自分の勉強でどこが足りないかを確認することができます。

自分の現状を模試で確認することによって、その先になにを勉強していけばいいのかが分かりやすくなっていきます。

なので順番としては、

1.自分で模試に向けて勉強する

2.模試を受けて模試の結果をもとにして今後の学習計画を立てる

3.計画をもとに次の模試に向けて勉強する

この3つの繰り返しとなります。この流れをたくさん踏むことが出来れば、より自分の弱点を見つけることができ、より成績を上げることが可能になるので模試は毎回受けるようにしましょう!!

最後にもう一度整理すると、模試を受ける意義は

①試験慣れのため

②自分の現状を把握するため

の二つに大きく大別されると思います!!

しかし、模試を受ける意義は人それぞれ異なると思うのでぜひこの機会にこれら以外にもみなさんの自分自身の意義を見つけてみてください!!!

明日のブログは吉田担任助手による8月もしに向けてです。模試をよりよい機会とするためにもチェックしましょう!!

 

mage-23063″ />