~東進の魅力~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

2020年 12月 10日 ~東進の魅力~

 

こんにちは!青山学院大学社会情報学部2年の久保悠斗です!

気温も下がってすっかり冬ですね!

新百合ヶ丘駅もイルミネーションが明るく灯っていて、とても綺麗です!

ただ、1人でイルミネーションを見るのは少しさびしいな、という気もします…笑

 

さて、今回のテーマは、「東進の良いところ」ということで自分が通っていて、働いていて良かったなと思うところを話していきたいと思います!

 

①担任助手

正直通っていたときに一番助けられたのは、担任助手の存在でした。

文系、理系はもちろんのこと、さまざまな大学の大学生がここまで揃っているのはとても貴重なことだと思います!

自分が通っていた時には気づかなかったのですが、大学に入ってからすごい環境で勉強していたんだなあと実感しました笑

分からないところを聞けるのはもちろんのこと、受験に関する相談なども親身になって聞いてくれてありがたかったです。

自分がこれから目指そうとしている大学生という先輩からアドバイスをもらえるということはとてもありがたいことなので、どんどん相談して担任助手と仲良くなりましょう笑

 

②授業の質

東進の最大の魅力は、自分が言うまでもないですが、授業の内容であると思います!

僕は受験生のとき、今井先生という英語の講師のテキストと、単語帳以外英語の勉強はしていませんでした。分かりやすく、時に面白い今井先生のテキストを完璧にすることで、高2の秋に入学してからセンター英語の点数を120点伸ばすことができ、190点を取ることが出来ました。理系だったのですが、英語を得意教科にすることができました。

その他にも山口先生という物理の先生の授業で、苦手な物理が解けるようになったりと、東進の講師の方々の生徒を教える腕はピカイチだと思います!

 

③HCの静かさ

コレは生徒の皆さんのご協力あってこその良いところなのですが、勉強するスペースが静かということはとても大切だと思います!

咳をした人に気付いてしまうほど静かだったので、ほぼ受験本番のような環境で勉強することができ、集中を持続できたので、ありがたかったです。

 

 

いかがだったでしょうか?

明日のブログは陰山優花担任助手による『私が東進に入った理由』です!!

お楽しみに!