髙瀨立樹のラストメッセージ  | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2021年 4月 23日 髙瀨立樹のラストメッセージ 

こんにちは!慶應義塾大学環境情報学部3年の髙瀨立樹です。

 

ぽかぽかした陽気が続いていますね

コロナウイルスの状況は大変ではありますが、最近の天気のように、明るくいきましょう!

 

さて、私は5月第1週をもって、東進新百合ヶ丘校の担任助手を卒業することとなりました。

 

本日最後のメッセージを!ということで、僕が大事にしている言葉を皆さんに贈りたいと思います。

 

ことごとく 未踏なりけり 冬の星 

高柳克弘

 

これは、私がとても好きな言葉(詩)の一つです。

 

冬の空を見上げると、満天の星空が広がっています。

その星たちの中で、私たち人類が降り立つことができた場所はほとんどありません。

でも 「未踏」という言葉から感じられる様に、遠くの星々にもいつかは到達できるかもしれない。

 

目の前に、無限の可能性が広がっている。そんな詩です。

 

私たちにはまだ「正解の分からないこと」が沢山あります。

 

高校生活も、人間関係が上手くいく秘訣とか、部活で強くなる方法とか、分からないことだらけです。

 

大学受験の正解だって、受験を終えて、2年間も生徒の皆さんと一緒に大学受験に向き合った私でも、まだ分かりません。

 

自分のやっていることが正しいのか分からなくて、不安な気持ちになってしまうこともありますよね。

 

そんな時に、僕が大事にして、思い出しているのがこの詩です。

 

確かに、人生分からないことだらけで、上手くいかない事だってあると思います。

でもそれは、言い換えたら、「あなたの新たな可能性」かもしれません。

 

よく知らなかった子に話しかけてみたら、すごく仲良くなれた、とか

 

てきとうに部活を選んだのに、気づいたら熱中していた、とか。

 

僕であれば、高校生活が嫌で、「なんとなく楽しそう」で、付属で上がることができた大学とは別の大学に進学しました。

そうしたら、高校は文系だったのに、理系の空間デザインの勉強に夢中になってます。

 

今皆さんは、大学受験や、高校生活に一生懸命になっていると思います。

色々なことで挫けてしまったり、目標や夢を見失ってしまうことがあるかもしれません。

 

でも、大丈夫です。失敗してもいいのです。夢や目標が変わったって、いい のです。

 

目の前には未だ到達していない、無限の可能性が待っているのですから。

 

一緒に「正解のわからないこと」に挑戦してみましょう!

僕も東進は卒業しますが、皆さんと一緒に頑張ります!

 

明日のブログは北原担任助手のラストメッセージです。

 

最後になってしまいましたが、僕が生徒の頃からも含めて、新百合ヶ丘校の生徒の皆さん、担任助手の皆さん、もう卒業してしまった人たちにも!

本当にありがとうございました!!

皆さんと一緒の時間を過ごすことができたことが、本当に幸せでした。

たくさんの出会いをありがとうございました!