高速基礎マスターの進め方 | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

東進ハイスクール 新百合ケ丘校 » ブログ » 高速基礎マスターの進め方

ブログ

2024年 6月 23日 高速基礎マスターの進め方

みなさんこんにちは!担任助手1年の菅沼克輝です!

最近は寒暖差が激しいですね…

体調を崩してしまうと思い通りに勉強できなくなってしまい、勉強計画の乱れにも繋がります!

風邪を引かないように念入りに体調管理をしてください!

 

それでは本日のブログのテーマ、高速基礎マスターの進め方について話していこうと思います。

ですが、やる意味もわからない状態ではやる気にもならないと思うので、まずはマスターをやる意義について話していこうと思います!

そもそもどうしてマスターをやるの?

マスターをやる理由、それは”勉強の土台を完成させるため”だと考えています。

マスターにある英単語や熟語、文法などは全て基本事項だらけです。つまり、ここでわからないところがあるという人はまだ基礎でわからないところがあるということ!

土台が雑なのにその上に立派な建物を建てることなんてできませんよね!?

勉強も積み重ねていくものであり、土台に穴があったらいつかその影響で積み重ねていたものが崩れてしまう、そんな恐ろしいことは起きてほしくなんてありません!

なのでしっかりと安定した土台を作り上げるためにもマスターはやるべき、というわけです。

マスターの進め方

さて、前置きが終わったところでいよいよ本題、マスターをどう進めていけばいいかということについて話していきます。

・できる限り早く終わらせる

・完全修得まで持っていく

・毎日やる

この3つです!

まず1つ目に関して。英単語などは一度覚えた!と思っても時間が立つとどんどん忘れていってしまうことなんていうのはよくあることです。そのため、早く終わらせて最後のテストをやらないと、序盤の単語で「この単語見覚えあるのに意味なんだっけ?」というものが出てきてしまうかもしれません。

このような単語を再び覚えるのに時間がかかったら今度は別の単語の意味がわからない、といった悪循環にハマってしまいます!!そのためにも早く終わらせることが必要なのです!

2つ目に関して、完全修得になっていないということは、まだ完璧ではない単語が残っているということでもあります!そんな単語をなくすためにも完全修得までやりきりましょう!

3つ目の毎日やる。このことが重要であることは皆さんすでにご存知だと思うのですが、マスターをやる時間がない、という人もいると思います。

ですがなにも1日に3時間マスターをやれ、と言っているわけではありません。

朝起きた時、電車での通学の時間、東進に来た最初に2ステージやるなどスキマ時間に少しやるだけでもいいのです。

少しづつを毎日やることで習慣化させていくことがとても大事です!!

上に上げた以外にもちょっとした空いている時間はあると思います。そんな時間を見つけて、毎日少しづつマスターに取り組んでいってください!!

 

明日のブログは平岡担任助手の「わたしが東進に入った理由」です!!

とても興味深い内容が聞けると思いますよ!お楽しみに!!