第1志望校&併願校の決め方(私立志望必見!) | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2020年 11月 3日 第1志望校&併願校の決め方(私立志望必見!)

こんにちは!!

明治大学理工学部1年の中だいです!!

 

 

 

紅葉がきれいな季節になり、いよいよになってきた・・・という感じですね~

寒いと食べ物が一層おいしく感じてきますね!

 

私は圧倒的派です。

 

 

 

 

 

本日のブログのテーマは、第一志望校の決め方および、併願校の決め方です!

私自身の決め方を紹介するので参考にしていただければと思います!

私は私立理系だったため、私立理系向けのお話になってしまうかも知れませんが・・・

もし志望校で悩んでいるようでしたら、目を通していただけると嬉しいです。

 

 

私立は国公立と違い、日程さえかぶらなければいくつでも受験することが出来ます。

基本的には自分が一番行きたいところを第一志望校としてしまってOKです!

 

理系であれば、問題は早慶を受けるか受けないか、になるかなと思います。

早慶は、慶應のSFCや早稲田の人科、教育学部などの入試以外では英語、数学、理科科目を必要とします。早慶を受けないのであれば、理科は科目です。

 

私は夏までは慶應大学の理工学部を志望していました。

しかし、8月の模試を終えた後、今までの模試の結果と伸び方から、このまま入試本番まで勉強しても現実的に考えて理科2科目を完成させた上で、全ての科目を早慶レベルまで仕上げることが出来ない考えました。

また、理科2科目(私は物理と化学でした)どちらも中途半端で終わってしまい、併願校も届かなくなってしまうことを危惧しました。

そんなこんなで、私は受験科目を英語、数学、化学に絞り、この3科目で出来るだけ上を目指そうと考えました

最終的に、明治大学の理工学部の合格をいただけたので、この選択は結果としてよかったと思っています。

 

 

 

自分の実力を一度見直してから決めるのもあり・・・という選択肢を紹介させて頂きましたが、

もちろん、諦めずに第1志望を目指して、結果、合格を勝ち取っている人もいますので、自分の心とよく相談してくださいね!

 

 

明日のブログは近藤担任助手による第一志望校の決め方です!

自習室は全日使用可です