毎日やっていたこと | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 7月 21日 毎日やっていたこと

こんにちは!東京理科大学一年の濱田です!本日のブログのテーマは毎日やっていたことです。

 

東進では夏休み時間割が始まりましたが皆さんは夏休みは始まったでしょうか。夏休みは受験の天王山とも言われ、非常に大事な時期です。この夏休みに猛勉強し、ライバルと差をつけられた人が受験に合格すると言っても過言ではありません!そんな夏休みに私が毎日やっていたことについて書きたいと思います。大きく分けて2つあります。

 

1.英単語を覚える

英単語は毎日していました。どの時間帯にしていたかというと東進の開館前と閉館直前にやっていました。まず、朝は八時に開館するにもかかわらず、ホームクラスの一日中受講できる席に座るために七時過ぎには東進の前で並んで座っていました。(人が多すぎて受講できるスペースに座れなかったので)ですので、朝は30分から45分ほど英単語をしていました。また、閉館直前は15分前から30分ほどしていました。一日に一時間弱英単語をすることで共通テストの英単語では苦労しませんでした。

 

2.数学に触れる

理系ならではあるんですけど数学には毎日触れていました。やっぱりりけいの受験において最も重要な科目は数学であることは事実で数学をおろそかにするほど良くない行為はないと思います。少し触れないだけで数学は勘が鈍ります。正直この時期は理科二科目は毎日触れていなかったと思います。ですので、時間の都合とかを考えると毎日数学に触れることは可能だと思います。

 

他にもいろいろ考えて毎日行動してほしいなと思います。大変ですけど勝負の夏東進ハイスクールでともに乗り越えましょう!

 

明日のブログは中田担任助手による夏休みの重要性についてです!お楽しみに!