残り2ヶ月どう過ごす?? | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2021年 2月 25日 残り2ヶ月どう過ごす??

こんにちは。

 

立教大学3年の大谷です。

 

 

最近花粉が飛んでいますね、、、

 

毎日大変ですが自然のことなので仕方ないですね。

 

 

さて、今日は、昨日の小澤担任助手に引き続き4月模試について書いていきたいと思います。

 

 

なんと、高校3年生にとっては、もう共通テスト型の東進模試もあと5回です!

 

気分的には受験までここから1年あるのかあ、、、という方もいるかもしれませんが、残りたった5回の模試で着実に点数を伸ばしていかなければいけないと思うと、どうでしょうか。

 

意外と毎日の時間を有効活用しなきゃという気持ちになりませんか??

 

そこで私から1つアドバイスをさせていただきたいと思います。

 

 

まずは目の前の時間を一生懸命勉強する時間にしてみてください。

 

 

模試というのは、もちろん高得点を取れたら嬉しいですが、それ以前に今の自分の実力を把握して今後の学習の計画を立てるためのものです。

 

だからこそ、しっかり毎日勉強した上で受験しないと、今の本当の自分の実力は見えてきません。

 

すると、結局模試を受けたはいいものの、これから何に力を入れて勉強したら合格に近づくことができるのか、分からない状態になってしまいます。

 

それに対して、しっかり毎日勉強した状態で模試に臨めば、高得点が取れたら勉強の成果を感じることができてさらなるモチベーションに繋がりますし、できなかった問題に関しても、毎日勉強した上での結果なので真摯に受け止め、今後の勉強法を考え直すきっかけになるのではないでしょうか。

 

これは私の考えですが、大学受験では、いかに自分で適切な勉強の計画を立てられるかが合否を分ける最大の要素だと思っています。

 

そのための大事なツールが模試です。

 

 

そして模試を最大限に活用するためには、目の前の時間を一生懸命勉強することが不可欠になります。

 

東進に通っている方は、4月模試の重要性については散々聞いているとは思いますが、ぜひ自分でも4月模試がどう重要であるのか考えてみると良いかもしれません。

 

 

どうせ勉強するなら、自分で意味を見つけてやりがいを持ってできるといいですね!

 

応援しています!!

 

 

明日のブログは山下担任助手による「4月模試で点数を取るための勉強法(国語)」です!

ぜひご覧ください!^^