森永は○○の問題を解いた | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2020年 9月 28日 森永は○○の問題を解いた

こんにちは!

立教大学理学部数学科1年の森永悠生です!

 

気づいたら、もう9月が終わりそうですね。

今回のテーマは

「単元ジャンル別演習の活用方法」です!

タイムリーな話題ですね!

しかし、今月6回目のテーマでした。

何か新しいことを書けたらと思います!

 

過去記事が読みたい方はこちらから↓

・三嶋担任助手  

・田邊担任助手

・山下担任助手

江良担任助手

千葉担任助手

 

ということで、僕が意識していたことを書きます!

 

数学は国立の問題を解く

これは記述式の解答が求められる受験生向けです

 

私は私立の理系大学の受験者でしたが、

国立の問題が演習セットに入っていれば

積極的に解くようにしてました

 

というのも、国立の問題は添削がされます

 

これは単元ジャンル別演習でしか、

できないであろう機能です

 

答案練習講座×単元ジャンル

記述力を養いましょう!

 

また、国立の問題は良問が多い

と一般的に言われています

 

その大学でしか出題されないような

問題を解くのは時間の無駄になりかねません

 

解きっぱなしにしない

単元ジャンル別演習は無数の問題があり、

受験日までに全ての問題を解くのは

ほぼ無理でしょう

 

また、自動採点でないものには

返却や採点までに

数日の時間がかかることがあります

 

そうなると、

解きっぱなしの問題が

溜まってしまうことがあります

 

これは非常に良くないですね

 

みなさんの目的は

単元ジャンル別演習を完全修得すること

ではありますが、

 

ゴール

夏に過去問で取れなかった分野で

合格点を取ることです

 

例え、苦手な分野が完全修得になったからといって

苦手が完全に潰れたとは限りません

 

 

低学年の生徒が

このブログを読んでいるか

わかりませんが、

マスターも完全習得ではなく

さらに高い段階まで暗記できて

初めて問題で使えるものになりますよね

 

ここからの10,11,12,1月で

どこまで点数を伸ばせるかの勝負です

 

ここから、急激に点数が上がる人もいます

 

実際に高校の同期にも、

東進の担任助手にもそういった人はいます

 

受験生の学力のグラフがよく

指数関数のグラフで表されますよね

 

このような感じに

残念なことに受験日はあっけなくやってきます

 

今はx=6,7,8のときではないでしょうか?

今、頑張らなければxが9や10になることはないでしょう、、、

 

 

このグラフがy=logx/log2のように

ならないように頑張ってください

 

、、、、、、

 

 

今、ピント来なかった理系の人は

単元ジャンル別演習で

逆関数を復習したほうがいいかもしれませんね

 

少しイラっときたのであれば、ごめんなさい

 

こんなところで今日のブログを終わります

明日のブログは梶木担任助手による

「2次私大対策、理科編」です!

理系の方は必見ですね

お楽しみに~