梶木あかりのラストメッセージ | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2021年 4月 27日 梶木あかりのラストメッセージ

こんにちは!青山学院大学理工学部3年梶木あかりです!

 

早速ですが、本日のブログテーマは「ラストメッセージ」です!

 

 

私事ではありますが、このたび5月の第1週で担任助手を卒業することになりました。

 

 

私が伝えたいことは「ポジティブでいよう!」ということです!!

 

きっとこれから先たくさんの壁にぶつかると思います。特にこれから皆さんが立ち向かう受験はそのような場面がたくさんあると思います。

ただ、そのときにネガティブになってもその現実は変わりません!ネガティブに考えてても自分の気分が下がってしまうだけでいいことなんて何もありません!!

絶対にポジティブに変換できる考え方があると思います!!

 

例えば、こんなちょっとしたことでもいいと思います!

「うわー今回のテスト範囲苦手な部分だ、、嫌だな、、」

→「苦手な分野を重点的に勉強できるいい機会だ!頑張ろう!」

 

ここで1つ注意したいのは、ポジティブと楽観的は違うということです。

 

ネガティブ:「受講まだたくさん残ってる、、終わる気がしない、、」

楽観的:「まだ受講たくさん残ってるけど、まあなんとかなる!!!」

ポジティブ:「受講まだたくさん残っている。今のペースだと終わらない。今からでも計画を立て直してちゃんと終わらせよう!!」

 

楽観的な考え方は、自分が置かれている現状から目を背けて希望的観測によって自分を安心させようとすることです。

一方で、ポジティブな考え方は、今の自分の現状を受け入れて、その中で出来ることを探していくことです。

模試の結果が悪かったとき、その点数と向き合うことは誰でも嫌だと思います。ただ、模試の結果は変えられないですし、過去の自分の行動を後悔しても何も変わりません。

そのようなときに、今の自分をしっかりと受け止めて、その上でじゃあこれから自分はどう行動していくべきなのか、今置かれている状況の中でどう時間を使っていくのか、ということを考えることが大切です。

 

偉そうに書いていますが、正直私は楽観的な考え方もしてしまいます笑

ただ、そんな自分を知っているので、楽観的に考えてしまいそうな自分を客観的に受け止めて、改善できるよう行動しています!!

 

皆さんの受験を最後まで見届けることはできませんが、どんな壁も前向きに立ち向かって最後まで乗り越えていってほしいです!!

 

最後にはなりますが、生徒として1年半、担任助手として2年間本当にありがとうございました!!!

生徒時代一緒に頑張った友達、新百合ヶ丘校の生徒のみんな、そしてOBOGの方も含めた担任助手の皆さん!!!

今まで本当にありがとうございました!!!

東進の新百合ヶ丘校が大好きです!!!

本当にたくさんたくさんお世話になりました!!!

 

 

 明日の自習室使用予定はありません。

 

明日のブログは近藤担任助手による「ラストメッセージ」です!明日のブログもお楽しみに!!