村田渚沙 ラストメッセージ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2020年 3月 19日 村田渚沙 ラストメッセージ

 

こんにちは!

法政大学スポーツ健康学部4年村田渚沙です。

ところどころ桜が咲き始め、いよいよ春がやってきましたね!!

 

私は春が大好きなのですが待ちに待った野球がコロナの影響で見れなくなってしまいとても残念です。

 

 

 

ということで久しぶりのブログになりますがタイトルにもあるように私は3月19日をもちまして東進ハイスクール新百合ヶ丘の担任助手を卒業します

最後にみなさんに伝えたいことがたくさんあるので長くなりますが読んで頂けると幸いです。

 

 

 

今から7年前、中学3年生の冬、部活もなく受験もなく暇な時に東進のチラシをもらい私は初めて東進に来ました。

それから何回か招待講習を受け、「早稲田大学のスポーツ科学部に合格したい」という思いで高2の春に東進に入学しました。

 

私は6歳から男の子に混ざって野球をしてきました。負けず嫌いな性格だったので男の子に負けたくないという思いで、野球漬けの毎日を過ごしていました。そして中高でもソフトボール部に所属し部長を務めるなどスポーツが大好きでした。

なのでスポーツ系の最難関である早稲田大学に行きたいと思うようになりました。

 

ですが学校でも勉強が得意ではなかったので早稲田に行くためには周りの人より努力しなければいけないと思いどんなに部活で疲れていても必ず東進に行き、勉強していました。

私は英語が苦手で結局第1志望校には合格出来ませんでしたがもうこれ以上できないくらい努力したと胸を張って言えるので後悔はしていません。

 

あの時頑張れたからこそ法政大学に行けて楽しい4年間が過ごせたのでほんとによかったなと思っています。

今こう思えているのは生徒時代毎日声をかけてくれてた担任助手がいたから、本気で応援してくれてた担当の齋藤真美さんがいたからだと思います。

先輩達にはほんとに感謝しています。

ありがとうございました。

 

 

私はこの新百合ヶ丘校が大好きでした。

来るだけで元気になる場所でした。

 

だからこそ担任助手になってそんな 「明るい楽しく勉強できる新百合ヶ丘校を作りたい」  「多くの人にプラスの影響を与えられる人になりたい」と思い4年間担任助手をしてきました。

 

実際できたかは分かりませんがこの担任助手という仕事ができて本当に幸せだと感じています。

 

生徒に会えた時、頑張っている姿を見た時、マスターに完修した時、合格報告をしてくれた時、ほんとにほんとに嬉しく、最高に楽しい4年間でした。

 

 

私はこれから「日本を健康大国にする」という夢を叶えるために頑張ります。

 

そして私にはたくさんの夢があります。

生徒達が10年後、立派でかっこいい、学校の先生、グランドスタッフ、パイロット、薬剤師、お医者さん、整備士、建築家、警察官になった姿を見ることです!!

 

 

みなさんのステキな夢を本気で応援しています。

 

夢を叶えるために、今、このかけがえのない時間を大切に、後悔しない受験生活を送ってください。

 

 

そして毎日楽しく充実した人生を送れることを願っています。

 

今までほんとうにありがとうございました。

この新百合ヶ丘校が大好きです!!

 

 

明日は九十田担任助手の「合格報告会に出よう」です。

お楽しみに!!

 

招待講習の2講座締め切りまであと2日です。