最後の追い込み~物理・化学編~ | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2020年 12月 27日 最後の追い込み~物理・化学編~

皆さんこんにちは!!

早稲田大学創造理工学部経営システム工学科1年の阿部悠吾です!!

早いもので2020年もあと少しで終わりますね。感染予防、体調管理をしっかりして風邪などひかないようにしましょう!!

さて今回のブログテーマは最後の追い込みでやったこと(理科)ということで、実際に自分が行った物理と化学の最後の追い込みで行ったことを書いていきたいと思います。

 

①物理

物理の最後の追い込みで行ったことは、とにかく演習量を増やして、分からないところを参考書で復習していました。演習で行っていたことは良問の風と過去問を用いて、復習では物理のエッセンスの青と赤を用いました。

演習で分からないところがあったらそのつど物理のエッセンスを用いて復習を行っていました。演習で行う良問の風は1日最低でも1時間程度は行うようにしていました。

良問の風は12月から初めて合計2周し、物理のエッセンスは青・赤どちらも3周は行いました。自分は演習も大事ですが物理はわりと出来るほうだったので過去問を中心に演習を行っていました。

 

②化学

化学の最後の追い込みで行ったことは、物理と同じく演習量を増やして、分からないところはテキストで復習していました。演習で行っていたことは、重要問題集と過去問を用いて、復習では鎌田先生のハイレベル化学のテキストを用いてました。

演習で分からないところがあったら、その単元のハイレベル化学のテキストを読み直していました。また重要問題集は1日最低3時間程度行うようにしていました。また共通のテストの前には大問分野別を用いて演習を行っていました。

重要問題集は1周目はA問題だけを解き、2周目からはA,B問題どちらも解きました。自分は化学の演習量が少なかったので、合計4周しました。また、ハイレベル化学のテキストは昼食中や電車に乗ってる時などの隙間時間では見るようにしていました。

 

物理と化学どちらもにいえることなのですが、最後の追い込みでいろいろな問題をやりたい気持ちがあると思い、いろいろな参考書をやりたいと思いますがひとつの参考書を何周も行うことをオススメします!!

以上が自分が行った理科の最後の追い込みでした。

受験生の皆さん、つらい時期だと思いますが、ここが踏ん張り時だと思うのであきらめずに頑張ってください!!!

明日は自習室は終日使用可です。

明日のブログは九十田担任助手による冬休みの過ごし方(低学年編)です。

お楽しみに!!