最後にできること~国語編~ | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2021年 12月 20日 最後にできること~国語編~

皆さんこんにちは! 担任助手二年の江良です!

ここ最近はより一層冷え込んでいますが、体調管理は万全ですか?

体調を崩して1週間近く勉強できないなんてことにならないようにしましょう。

 

さて、共通テスト本番まで1か月を切りましたが、各教科の追い込みはできているでしょうか?

先日共通テスト本番レベル模試が行われましたが、結果が良かった人、悪かった人どちらもいると思います。

しかし、残された時間はどちらの人でも同じで有限です。後悔しても時間がもったいないので、気持ちを切りかえて勉強していきましょう!

 

そんなこと言っても今更何したらいいんだよ!という人多いのではないかと思います。

あと少ない時間でできることは限られています。今から自分で考えるのはちょっと、、と考えている人のために、今日は私が国語の追い込みでやっていたことを紹介しようと思います!

1.古文

2.漢文

3.現代文

この順番で説明していきます。

 

1.古文

この時期はセンター試験まで1か月なかったというのもあり、自分は大問別演習をひたすらやっていました。

古文は文系のなかでは得点源と言われているので、40点が安定するまでは毎日続けていました。

演習数を稼ぐことと解く速さを上げることが目的でした。

おかげで今まで20分かかっていた古文が15分で終わり、点数も安定するようになりました!

また、数をこなすことで自分がまだ完璧ではなかった単語もあぶりだせるのでおすすめです。

単語帳は何でも大丈夫だと思うので、分からなかった単語はすぐに調べるようにしましょう!

 

2.漢文

続いて漢文ですが、これも古文と同様に大問別演習をこなしていました。

基本的には古文と同じ理由ですが、漢文を出題する志望校が少なかったこともあります。

漢文も得点源と言われる科目なので、40点を安定させたいと思っていました。

数をこなすことで、各問の意図や選択肢の形式が読めてくるので読むスピードを上げることができました!

他にやっていたことは「漢文ヤマのヤマ」という参考書の「頻出単語」と「文法」を暗記するように隙間時間に繰り返し音読していました。

大体1か月あれば完璧にできるので今からでも全力で取り組めば間に合います!

 

3.現代文

現代文は運ゲーじゃない?と思う方ももかしたらいるかもしれません。

私もぎりぎりまではそう思ってました笑

しかし、逆説表現や接続詞を意識して丁寧に読んで、過去問を解くようにしたら点数を伸ばすことができました!

選択肢によっては運がからむこともありますが、正答する確率を高める最大限の努力をしましょう!

 

以上で紹介を終わるのですが、いかがだったでしょうか?

少しでも皆さんの参考になればありがたいです。

明日のブログは三嶋担任助手による最後の追い込みでやったこと(世界史)です!お楽しみに!!